雨中の戦い、コールド敗戦した【東海大菅生高校】に思うこと。

今日のテーマは、『雨中の戦い、コールド敗戦した東海大菅生高校に思うこと』です。

 

 

『資産形成』には、全く関係のない話題で書きます。

 

 

と言っても、『本質的な部分』は繋がっていますが。

 

 

昨日、『商業化批判』にネガティブ意見を述べる為、

1つの事例として扱った『高校野球』における悲劇。

 

 

正直に言うと、

 

 

私自身、8月17日の試合は全試合順延と予想して、

予定通りに開催された『第一試合』を見逃しました。

 

 

そして、

 

 

『まさか、やってないよな??』と確認した画面で、

表題の『東海大菅生:コールド敗戦』を知りました。

 

 

高校野球ファンは誰もが知る、全国的な強豪校です。

 

 

特に、

 

 

現チームの戦力充実ぶりは相当で、ネット観戦した、

西東京大会決勝戦は、盤石の横綱相撲を展開します。

 

 

また、

 

 

本甲子園大会でも『優勝候補』の一角に挙げられて、

大阪桐蔭との1回戦は、大会屈指の好カードでした。

 

 

それが、

 

 

追い上げムードも高まる『8回表』まで進められて、

無念の『4対7』降雨コールドゲームで決着します。

 

 

恐らく、

 

 

『全国制覇』を目標に野球留学した選手もいる中で、

『不完全燃焼』としか言えない終焉を強いられます。

 

 

もしも、自分自身の高校野球の結末がこれだったら。

 

 

選手の無念さは計り知れず、想像でも心が痛みます。

 

 

まさに、『理不尽』を表す典型的事例と言えますね。

 

 

確かに、

 

 

降雨コールドによる『試合成立』規定は事前存在し、

対戦環境として、相手も同等である事は認識します。

 

 

また、

 

 

対戦相手となる『大阪桐蔭高校』も同条件にて戦い、

『勝利』したことには、非難されようがありません。

 

 

ただ、

 

 

『理不尽』と感じるのは、多くの方々が指摘の通り、

『何故、今日、試合を開催したのか??』という点。

 

 

ご存知の通り、

 

 

テクノロジーが発達した現代は、無料サービスでも、

詳細な『分単位レベル』の雨雲レーダーは利用可能。

 

 

それどころか、

 

 

『8月17日』の終日雨予報は、周知の事実であり、

何故、試合を『強行開催』したか理解に苦しみます。

 

 

謎を深めるのは、

 

 

その後の試合の『順延決定』で、当初主張していた、

『27日:決勝戦説』を、最も簡単に撤回したこと。

 

 

つまり、

 

 

明日以降『1日』ずつ試合が順延される事が決まり、

第1試合『強行開催』の意味は、皆無だったのです。

 

 

巷には、

 

 

審判団を批判する声もあるようですが、それは違い、

大本の『試合開催』の決定権は、彼らに在りません。

 

 

先日、

 

 

終戦記念日に『戦争』テーマに記事を書きましたが、

現代でも、大本営は現場と乖離した決定を下します。

 

 

繰り返しますが、選手の気持ちを想像すると、辛い。

 

 

ただし、

 

 

既に、社会に出ている読者の皆さんは理解する通り、

世の中には、『理不尽なこと』が溢れ返っています。

 

 

確かに、

 

 

全国的な強豪校の『東海大菅生』で野球部に所属し、

甲子園出場する選手は、高校球界ではトップ級です。

 

 

しかし、

 

 

ここ(高校野球)まで『エリート』を歩んだ選手も、

この先、野球を続けられる人間は、僅か一握りです。

 

 

むしろ、

 

 

『野球エリート』の彼らでも、99%は道を絶たれて、

近い将来、『一般社会』に出て行く可能性の方が高い。

 

 

そうなった時、

 

 

『一般社会』において、彼らを待ち受けているものは、

今回の事例と同等レベルの『理不尽』に他なりません。

 

 

これ自身は『世の常』なので、解決・解消はし得ない。

 

 

理解される通り、

 

 

世の中、凡ゆる物事において『理不尽』は潜んでおり、

完全に『フェアな条件』で戦えることなどありません。

 

 

視点を変えれば、

 

 

凡ゆる場面で『正当な評価』を受けられることはなく、

勤勉、真面目な日本人の多くが恵まれないことが証明。

 

 

しかし、

 

 

だからと言って、否定的に、世の中を嘆くのではなく、

その『真理』を理解した上で、決して不貞ず、腐らず。

 

 

高校野球の『3年間』が、終わったのではないです。

 

 

小学生から続く『10年間』の野球人生が終わった。

 

 

今日一日は、人生が終わるほど、落ち込んでも良い。

 

 

ただ、明日は前を向いて、胸を張って生きて欲しい。

 

 

これからの人生も、『理不尽』は尽きないから(笑)

 

 

彼らには、真の意味で、『強く』生きて欲しいです。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/24(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■8/24(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile