『10%』はあります★

『オフショア金融センター』をご存知ですか??

世界に約40の国と地域があります。

・世界の金融商品が集まり、

・税制面で有利な運用ができ、

・情報の気密性が極めて高い。

事実、そんな地域が存在します。

世界で1番有名なのは『スイス』。

世界の『お金持ち』は、

みんなここの金融機関に口座を持ちたがります。

アジアでは、シンガポール、香港など。

その他にも、まだまだ聞いたことある地名が出てきます。

ドバイ、バーレーン、キプロス、バヌアツ、マン島。

子供の頃憧れた『ベリーズ』もオフショアでした。

で、ピケティ著の『21世紀の資本』によると、

これらの地域に集まる富裕層資産は、

最低でも全世界の総資産の10%はある、と。

これ、かなりの額ですよね(^_^)

でも、『少なくとも』です。

少し考えればわかることですが、

『オフショア金融センター』の金融機関に、

情報の開示義務はありません。

『誰が』『いくら』持ってるかも、

他の人からはわからない。

それこそ、その人が罪人でない限り、

顧客情報はしっかりと守られます。

善良な市民からしたら、

これは当然守られるべき権利ですよね。

金融機関からしたら、開示するメリットも無い。

むしろ、開示することで被るデメリットは、

情報の秘匿性が守られない期間・地域からは『お金』が逃げる、ということ。

日本には、ミリオネアが約150万人いると言われています。

もしかしたら、アベノミクスによって、

数字上の『ミリオネア』はもっと増えてるかも。

で、これらの人達の多くは、

この地域のメリットを享受しています。

あなたは、どうですか??

『投資』についても、

間口はどんどん開けていると感じます。

年配の方なら納得でしょうが、

昔なら『株式投資』も『FX』も一苦労。

それが今ではPC1つで出来る時代です。

投資対象についてもアクセスの幅は広がり、

『プライベートバンク』でさえ、

もう少ししたら持つ意味さえ無くなるかも知れない。

そういった時代では、『情報』こそが全て。

もしあなたが、

今日話したら情報について知らないなら、

知ってる人に聞くのも手かも知れません。

有利なものは、上手に活用しましょう(^_^)★

308

11 件のコメント