本当に起業出来るかどうかは『10年』が勝負★

今日のテーマは、『本当に起業出来るかどうかは、10年が勝負』です(^_^)★

 

 

*この記事は2015年10月に掲載した記事を、

 2017年4月に加筆・修正、再掲載したものです。

 

 

昨日、『井上耕太塾:起業編』第2日程開催しました★

 

 

いつも感じていることですが、

私の周りに集まって来てくれる人は本当に良い人。

 

 

本当に、感謝しています(^_^)

 

 

起業塾開催前、師匠にも忠告されたことですが、

私はこの塾を『セミナービジネス』にするつもりは全くありません。

 

 

巷には、『セミナービジネス』が溢れていますよね。

 

 

講師は、『本業』では決して食べていけてなくて、

『セミナー自体』で儲けてしまっている、、、、。

 

 

『楽して儲かる』『簡単に集客できる』系のセミナーなんて、

まさにその典型的な例ですよね(^_^)

 

 

まあ、それを見抜けずに、

簡単に引っ掛かってしまう方々もどうかと思いますが、、、、。

 

 

話を元に戻すと、

 

 

私の起業塾は、

実際に私がしているビジネスの『現場』をお教えます。

 

 

実際に私が実行して、結果が出ている事ばかりなので、

きちんと実行すれば、皆さんでも結果を出すことが可能。

 

 

塾メンバーには、本当に『ビジネス』をして頂き、稼いでもらう。

年間スパンで、頂く月謝以上の収益は上げて欲しいですね(^_^)

 

 

*2017年現在、起業塾スタートから2年ほどが経過し、

 実際、ビジネススタートして卒業するメンバーも3名出てきました。

 

 

私としては、同年代で対等に話せる『仲間』を、

1人でも多く作りたいという想いも、開塾した1つの理由です(^_^)

 

 

10名の起業家集団が出来たら、

そこから発する『エネルギー』で何でも出来る★

 

 

私自身は、その良い『きっかけ』になればと考えます。

でも同時に、私には出来ないことがあるのも事実です。

 

 

それは、『覚悟を決める』ことです。

これだけは、自分自身でやってもらわないと。

 

 

『外部』からの力では、『人は変わらない』と考えます。

 

 

25歳から準備をスタートして、

やっぱり『将来、起業しようぜ!』みたいな方々は周りに多く寄ってきました。

 

 

それでも、

今、その時寄って来たほぼ100%の方々が、その後消えていきました。

 

 

それくらいの確率。

 

 

『善い』『悪い』の話ではなく、

1つの事実として、そんなもんだと思っています(^_^)

 

 

『本当にやる人』『やらない人』を分ける要因で、

1つ、時間的な観点から言うと、次のことが挙げられます。

 

 

『10年間』という時間が、勝負★

 

 

いや、本当のこと言えば、

 

 

『10年間』という時間は『タイムリミット』ですね。

 

 

どういうことか、わかりますか(^_^)??

 

 

日本人の90%以上は、

社会人を『会社員』からスタートすると思います。

 

 

それで、『10年間』勤めていたら、もう出られない。

 

 

決して、『100%』の話ではないです。

何の分野でも、生起率『100%』のイベントなんて、無い。

 

 

ただ、確率は恐ろしく低くなる。

 

 

理由は、大きく次の2つです。

 

 

①『思考能力』が、ストップする。

 

 

起業家になるということは、

自分でどんどん『価値を生む』ということです。

 

 

対して、

 

 

会社員というのは、

いかに『システム』にハマるか、ということ。

 

 

両者は、『人種』が違います。

 

 

よく言う例えですが、

 

 

テーブルに対して、『座っているサイドが違う』とも言えます。

 

 

経営者・事業家は、『面接する側』、

従業員は、『面接される側』です。

 

 

必然、両者は見ている世界が違えば、

物事に関して、見方も当然『真反対』になってきます。

 

 

『10年間』、反対サイドから見ていて、

柔軟に『思考のポジション』を変更出来ると思いますか??

 

 

決して、『0%』では無いです。

 

 

でも、確率は格段に低くなります。

 

 

②『システム』に組み込まれて、脱出不可能になる。

 

 

個人的には、こちらもかなり大きな要因と考えます。

 

 

私自身、20代後半の頃は、

実はかなり焦っていた時期があります。

 

 

『会社』という組織に属している以上、

『人生の主導権』の多くは、会社サイドに渡してしまってます。

 

 

『時間』『行動』『生活』『場所』『人間関係』etc. 

 

 

上記の項目で、

あなたが自由に決定できるものは、果たしてあるのでしょうか??

 

 

もちろん、得るものもあると思いますが、

ほぼ100%は『会社から与えられた環境』という檻の中です。

 

 

どの『会社』でもそうだと思いますが、

30代に向けての社員に対する期待は大きい。

 

 

『仕事』『エネルギー』『思考』『向上心』etc. 

 

 

すべてにおいて、この年代の会社員が、

大きな『利益』を企業にもたらしてくれる可能性があります。

 

 

『起業しよう!』と考えるような人材は、

『会社員』としても並以上のレベルであることは確か。

 

 

そんな人材に対して、

『会社』はノコノコ遊ばせておくことはないでしょう。

 

 

じゃあ、どうするか??

 

 

めちゃめちゃ忙しいポジションを与え、

『システム』に組み込んでしまいます。

 

 

私にとって20代後半は、実際に多くの優秀な先輩が、

そのようになるのを見ていた時期です。

 

 

そうなってしまったら、とてもじゃないけど、

起業する為に『思考』する時間なんて、ありません。

 

 

ただ、ひたすら目の前に出てくる仕事を、

ものすごい情報処理スピードで捌くだけです。

 

 

だから、

 

 

『30歳までには絶対決着つけないと!』と、

常に考えて焦っていました。

 

 

『起業できる人』『出来ない人』、

分ける要因の最大の分岐点は『時間感覚』です。

 

 

入社したばかりの22歳、23歳くらいの時は、

『まだまだ時間があるぜ!』と、誰もが勘違いしてしまいがち。

 

 

でも、本当は『数年勝負』。

 

 

理由は、上に挙げた2つです。

 

 

どうでしょう??

 

 

ご理解頂けたでしょうか??

 

 

20代で『起業』を目指してる方々、

もっと本気になって『スピード』上げないと、達成できないよ。

 

 

30代の方々、『死に物狂い』でやる必要があります。

 

 

脳機能科学者の苫米地英人さんは、

『3年』という基準を提唱してます。

 

 

『3年間、会社員をすると、思考能力はストップする』、と。

 

 

私より、断然厳しい基準ですね(笑)

 

 

ただ、本気で信じて行動した人だけが、

『人生』が面白く展開することも、日々実感しています(^_^)★

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)★

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

19 件のコメント