市場拡散された【SPAC】は、【ドットコム・バブル】の再来か??

今日のテーマは、『市場拡散されたSPACは、ドットコム・バブルの再来か??』です。

 

 

記憶が正しければ、『SPAC』を扱うのは3度目です。

 

 

1度目は、コロナ禍その『熱狂』がスタートした当初。

 

 

その際、

 

 

実際に手掛けている人間や、監修的なポジションの人物に、

金融界の大御所・著名人が名を連ねて、人気を博しました。

 

 

しかし、

 

 

投資リターンに対するロジックに納得いかなかった私は、

市場の潮流と逆行する形で『否定派』であることを明言。

 

 

その後、

 

 

2度目に扱ったのは、今年に入ってから最近の話で、

その『リスク』が、意外に早く顕在化し始めた時期。

 

 

そして、

 

 

3度目を迎える今回は、『バブル』が弾ける前ながらも、

限りなく『怪しい投資対象』に陥落したタイミングです。

 

 

手前味噌ですが、私自身、最初から見抜いていました。

 

 

それ(SPAC)は、初めから怪しい投資対象でしたね。

 

 

基本的に、

 

 

PE(プライベート・エクイティ)を手掛けるという名目で、

投資家から、広く資金を集めることを目的とした投資です。

 

 

*PE(プライベート・エクイティ)については、簡単なので、

『自学自習』にて理解を進めて頂くよう、お願いいたします。

 

 

その際、

 

 

SPAC(特別買収目的会社)というハコモノを利用する為、

一般的に『SPAC投資』という呼称が浸透していきました。

 

 

私自身、『怪しい』と感じていた理由は、大きく2つです。

 

 

①(前述した通り)手掛ける人物・監修者的ポジションに、

 金融界の大御所・著名人、錚々たる面子が名を連ねた事。

 

 

また、

 

 

本来は、私募等、機関投資家・適格投資家対象で集めるものが、

『一般投資家向け』キャッチーなものに成り下がっていたこと。

 

 

昨年と言えば、

 

 

コロナ禍、世界的に『不安』な気持ちが蔓延していた頃、

そういう時期こそ『新たな投資詐欺』は生まれ易いです。

 

 

追い込まれた状況では、冷静な判断が出来ませんからね。

 

 

1番目の理由は、特に、日本人には意外かも知れません。

 

 

何故なら、

 

 

『和を以って、尊しと為す』大和民族・日本人において、

世間の『認知度』が高いことは、最重要評価項目だから。

 

 

しかし、

 

 

その結果、某日本生命や、某野村証券、某UFJ銀行から、

『ドル箱商品』を売付けられているのは、皮肉な話です。

 

 

『周りの皆も知っている』からもたらされる安心感は、

実際に得られる『リターン』と、決して相関しません。

 

 

今回も、例に漏れず、その『真理』は成立しています。

 

 

歴史的出来事として、面白い話を知りたい方は、

『LTCM』というワードについて調べて下さい。

 

 

それでは、次の理由に移ります。

 

 

②自らの基準値を超える『運用リターン』を謳っていた為。

 

 

『自らの基準値』の部分については、過去にも書いており、

本日取り上げる『本題』と逸れる為、割愛させて頂きます。

 

 

勿論、

 

 

本来の意味での『PE事業』が、万事順調に展開すれば、

成功報酬として、相応の』対価』は受け取れるでしょう。

 

 

しかし、

 

 

実際に、自ら『事業』を手掛ける方なら理解できますが、

『ビジネス』と『ギャンブル』は、紙一重の関係にある。

 

 

間違っても、

 

 

10戦10勝といった、勝率『10割』は不可能ですから、

それは、『PE』という対象においても、同義だと考えます。

 

 

ただし、勝率が『10割』でないことは、折込み済みです。

 

 

それでは、何故、早くも『綻び』が見えはじめたのか??

 

 

それは、

 

 

調達資金を『現金運用』する際に見通した金利が馬鹿高く、

既に、投資家に対して、予定配当できない事態に陥るから。

 

 

前述の通り、

 

 

SPAC投資の本丸は『PE事業』の成功報酬によりますが、

実際に活用されるまで『遊び』の期間が存在しています。

 

 

その期間、

 

 

本当に『現金保有』を継続しても、全く増えませんから、

主に1年未満に償還を迎える『短期債権』で運用される。

 

 

SPACの中には、

 

 

この部分を『年率1%超』と見通す会社も存在しており、

実際の市場基準と比較した時に『10倍』も乖離します。

 

 

当然、

 

 

実在の『現実世界』では、そんなもの存在しませんから、

その『乖離部分』は、そのまま運用成績に影響を及ぼす。

 

 

結果、

 

 

出資者が急増する『バブル』の起点から、『翌年』という、

非常に早い段階から『化けの皮』が剥がれはじめています。

 

 

今回、

 

 

話題になるのは、『現金運用』部分での算段の甘さですが、

前提条件が覆されれば、本丸『PE事業』も怪しいですよね。

 

 

この辺り、

 

 

皆さんもご納得頂けると思いますが、雑用が出来ない人間が、

『重要性の高い仕事』で能力発揮することなど有り得ません。

 

 

有名な言葉に、『一事が万事』というものもあります。

 

 

早い段階で判明したことが、『不幸中の幸い』でしょうか。

 

 

しかし、

 

 

残念ながら、既に、市場に拡散されていることも事実です。

 

 

名だたる金融機関の担当者達も、コメントを控えています。

 

 

近年、

 

 

次世代エネルギーとして注目集めるEV(電気自動車)業界ですが、

実は、SPAC投資の対象マーケットとしても大きな割合を占めます。

 

 

先日、

 

 

受注台数水増し疑惑発覚の米国・ローズタウン・モーターズ社は、

創業者はじめ、経営中に携わってきた人物の退任を発表しました。

 

 

この報道も、当然『SPAC投資』の市場全体に水を指します。

 

 

市場拡散の【SPAC】は、【ドットコム・バブル】の再来か??

 

 

誕生したばかりの『新市場』が、一気に慌しくなってきました。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降についても、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】については、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望頂いた方への【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より【濃い情報】をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • MKsOrb.Com

    […]although web-sites we backlink to beneath are considerably not related to ours, we really feel they’re really really worth a go as a result of, so possess a look[…]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile