『月の初めの金曜日』★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

昨夜、2016年1月度の、

米雇用者統計が発表されました(^_^)

確か、先月のblogでも書きました。

毎月最初の金曜日、日本時間22時30分頃発表です。

『米雇用者統計』の概論詳細については、

ちょうど1ヵ月前のblogをお読みください。

今回の発表では、

非農業部門雇用者数は『15万1000人』増加。

2015年12月度の実績『26万2000人』から考えると、

かなり急減したように見える数字でもあります。

直前の市場予想『19万人』も、

さらに下回る結果となりました。

じゃあ、これを受けての市場の反応はどうか??

実は、けっこう好意的に受け止められてます。

間違って解釈してはいけないのは、

雇用者統計は前月に対する雇用者の伸びを現します。

『プラス』の値が出ている限り、

社会全体の雇用者数は『プラス』です。

個別に見れば消えた『雇用』もあるでしょうが、

新たに生み出された『雇用』と差し引きしたときに、

全体としては増加しているということ。

なので、前月の数字を下回っても、

それが単純に『経済の減速』とは解釈されません。

実際、市場の読みでは、

12月のような雇用者数の伸びは、長期には現実的でない、

というのが大方の見方です。

今回の雇用者統計が、

好意的な見方をされたのは次の2点です。

・平均時給前月比0.5%増加。

*前年比では2.5%の伸びと良好。

・失業率が4.9%に低下。

*2008年以来、約8年ぶりの低水準です。

平均時給に関しては、

先月は新規雇用が増えたにも関わらず低調でした。

それが、今回の発表では持ち直した。

『米国経済好調』をアピールするには十分です。

また、これらを受けて反応が伺われるのが、

年内にFRBが再利上げに踏み切るか?ということ。

前年末に実行した際には、

2016年には細分化して4回やると考えられてましたよね。

でも、それも年初来の世界経済低調で、

あまり現実味は無くなってきました。

このblogでも常々、

『経済とは、お金の回るスピード』と言ってます。

経済が低調な時期に利上げをすると、

融資受ける人が減って、一気にスピード落ちるからね。

今、世界の皆さんの関心事は、

『利上げは年内に2回あるかどうか』です。

これはもちろん、様々な経済指標から判断される。

でも、やっぱり1番大きいのは『雇用統計』です。

株式市場、為替市場なんて、

それこそすぐに反応して日本にも波及します。

特に、日本経済はアメリカの影響もモロに受ける。

太平洋を隔てた遠い国?の話ですが、

ちょこちょこ気にするようにしておきましょう(^_^)★

560

9 件のコメント