内閣府公表の『景況感:改善』は、果たして、ポジティブか??

今日のテーマは、『内閣府公表の景況感:改善は、果たして、ポジティブか??』です。

 

 

一昨日から、バカンスで沖縄・宮古島に来ています。

 

 

『コロナ』が無ければ、

 

 

普段から、仕事で海外に行くことも多いのですが、

意外にも、沖縄県は『上陸』としては初めてです。

 

 

11月中旬、

 

 

こちらは、活動拠点・大阪と比べると気温も高く、

ここ数日、とても、快適な毎日を過ごしています。

 

 

毎日2時間、

 

 

きちんと『仕事』の時間も確保しようとしていますが、

沖縄(宮古島?)の空気が、まったくそうさせません(笑)

 

 

私自身、

 

 

旅行では『予定』を詰め込む方ではありませんが、

想像を超える『海』の綺麗さに心を奪われていて、

何するでもなく贅沢に『時間』を過ごしています。

 

 

日々、『仕事』に対して本気で取り組んでいるので、

たまには、『リフレッシュ・タイム』も必要ですね。

 

 

この期間は、しっかりと『宮古島』を五感で味わいたいと思います。

 

 

少しだけ、仕事に取り掛かります(笑)

 

 

先日、

 

 

内閣府より公表された『景況感・現状把握指数』は、

前月比で5.2ポイント上昇して『54.5』を記録。

 

 

この調査は、

 

 

『景気』の影響を直接的に受けるとされる業種(*)に、

『景気の方向感』を尋ねて調査するもので、

『50』を基準値として、『好況・不況』を判断します。

(*タクシードライバー、事業主等。)

 

 

実は、

 

 

今回、節目となる『50』を超えるのは2年9ヶ月ぶりで、

『新型ウイルス』に関連する騒動を超えて、

『消費増税』が行われてから、初めてという事になります。

 

 

この辺り、

 

 

私自身も、絶賛活用中の【GoToキャンペーン】が奏功したとの見方が強く、

基調判断を2ヶ月連続で引上げ『着実に持ち直している』に修正しました。

 

 

確かに、

 

 

現在、宿泊するホテルには、私たちのほか多くの観光客が訪れ、

宮古島市内の飲食店も同様に、観光客の姿が散見されています。

 

 

また、

 

 

『商売』をされるサイドの方々からも『持ち直した』との声は多く、

沖縄ながら、なかなか、手強く『観光客商売』をされています(笑)

 

 

もちろん、

 

 

期間限定で入る『政府助成』も大きな要因と考えますが、

観光業界は、直近数ヶ月間は、完全に『バブル』ですね。

 

 

これから、

 

 

気温が下がり、感染症リスクが高まる季節を迎えて、

『新型ウイルス』を巡る動向に注目が集まりますが、

刹那的観点で、確かに『改善傾向』にあるようです。

 

 

しかし、

 

 

果たして、この情報を鵜呑みにして、安心して良いのでしょうか??

 

 

この質問に対する回答のヒントとして、先ほどご紹介した、

『現状把握指数』と併せて、気になる報道が出ていました。

 

 

それは、

 

 

今年『10月』単月の国内自殺者数が『2000人超』に上り、

前年同月比としては『約40%』アップを記録したというもの。

 

 

2020年、

 

 

『国内自殺者数』が、前年同月比で増加となるのは4ヶ月連続で、

10月までの累計値としては『1万7000人』を超えています。

 

 

一時期、

 

 

『年間3万人』ペースの自殺者を出していた暗黒期もあり、

その時期と比較して、近年は確かに改善傾向がありました。

 

 

しかし、

 

 

ここに来て『単月2000人超』の数字を記録するようになり、

これは年間換算『2万5000人』を超えるペースの水準です。

 

 

明らかに『新型ウイルス』が関係していると考えるのが自然です。

 

 

一般的に、

 

 

古今東西、『自殺』の原因、第一位は『健康問題』と言われており、

それに続いて第二位を占める要因が『経済問題』と言われています。

 

 

確かに、

 

 

新たに出現した『新型ウイルス』は、健康関連の項目ですが、

『自殺』を決断させるほど、辛い闘病生活が続く訳ではない。

 

 

そうなると、

 

 

直近4ヶ月、前年同月比で『自殺者』が激増している理由は、

悲しい哉、『経済問題』に起因しているものが主と考えます。

 

 

きっと、多くの方々が納得してくださると思います。

 

 

例えば、

 

 

『ANA(全日本空輸)』では、『年収3割カット』報道が出ており、

『完全副業解禁』として、企業が従業員の収入確保を放棄しました。

 

 

これについては、

 

 

ライバル会社『JAL(日本航空)』も冬季賞与8割カットを公表し、

ANA(全日本空輸)同様、企業存続の岐路にあることを表します。

 

 

また、

 

 

日本を代表する財閥系企業『三菱重工業』も、

国産ジェット事業の『事実上凍結』を公表し、

関連社員の大幅配置転換と、早期退職募集を公表しました。

 

 

更に、

 

 

旅客大手の『JR』も、国内各社共通して、前年比として、

『8割〜9割』の旅客量減少と壊滅加減を極めています。

 

 

今まで、

 

 

『(超)大企業』として、名を馳せた企業ばかりですが、

そのような会社でさえ、現在は苦境に立たされています。

 

 

更に、

 

 

直近では、衣料品大手の『青山商事』も早期退職募集を公表し、

募集数は、全従業員の『約10%』相当の400人に上ります。

 

 

因みに、同社での早期退職募集は『初めて』です。

 

 

恐らく、衣料品業界は、その他企業も同様の台所事情でしょう。

 

 

奇しくも、

 

 

世界全体として、累計感染者数『5000万人』を突破した時期、

日本国ににおいても、『第3波』の到来が危惧されはじめました。

 

 

11月12日、

 

 

全国の『新規感染者数』も過去最高値を更新することが判明し、

日本各地でも『感染者再燃』が、報道されるようになりました。

 

 

また、

 

 

これまでの『ボディー・ブロー』で溜め込んだダメージもあり、

今後の動向如何で、より多くの企業の苦境が予想されています。

 

 

『景況感:改善』は、そのまま鵜呑みにしてはいけない。

 

 

2020年、無事に越年できる方々が多いことを切に祈ります。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■11/21(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■11/21(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile