【人】の流動性が減速すれば、【経済循環】は必ず落ちる。

今日のテーマは、『【人】の流動性が減速すれば、【経済循環】は必ず落ちる』です。

 

 

昨日も書かせて頂いた通り、昨日、3日間の東京出張から帰阪しました。

 

 

政府肝煎りの【Go To】関連事業が一時中断に追い込まれるほど、

『新型ウイルス』感染拡大が続く為、今後は、一旦移動自粛です。

 

 

実際、

 

 

今回の東京出張3日間では、『新型ウイルス』報道の影響を実感し、

主に、都心部を中心に活動だったにも関わらず、街行く人もまばら。

 

 

私自身、

 

 

種類を提供する飲食店への訪問は避けて、面談は対面開催したものの、

クライアントの皆さんとの『会食』は、今回は『完全自粛』しました。

 

 

恐らく、

 

 

同様な対応をしている方々も、世間一般多くいらっしゃると考えられ、

都心部宿泊の為、周辺には飲食店が多かったものの、お客さんは閑散。

 

 

それどころか、

 

 

いつもはごった返す為、乗るのが嫌な公共交通機関でも、

よく考えたら、3日間すべての移動で座席確保が可能に。

 

 

また、

 

 

面談する際のラウンジや、内勤作業をする為立ち寄ったカフェも、

尽く(悉く)良い感じに空いていて、快適空間を確保できました。

 

 

要は、

 

 

夜間、日中問わず、確実に【人】の流動性が激減しているということ。

 

 

業種によっては、

 

 

大手企業を中心に、再び『リモートワーク』が開始された模様で、

普段は『出勤』して都心部集中していた会社員が、消えています。

 

 

例年であれば、

 

 

『クリスマス』『年末年越し』『お正月』と超パワフル・イベントが連続し、

1年間を通して、最も【人】と【お金】の流動性が高まるのがこのシーズン。

 

 

しかし、

 

 

2020年度においては、例年の『半分以下』のインパクトしか残らない年となるでしょう。

 

 

流石に、誰も、動けないですよね。

 

 

【Go To】関連イベントの中断決定云々ではなく、

社会的な情勢を鑑みた上での、能動的な自粛です。

 

 

今冬を、如何に『感染拡大』を抑えるかに係りますが、

本当に、全く『先行き』見えない局面に突入しました。

 

 

昨日、

 

 

無事に帰阪して、今日から仕事をスタートしていますが、

東京同様に、大阪の【人】の流動性も抑制されてますね。

 

 

それでも、

 

 

緊急事態宣言下の4月、5月ほどには匹敵しませんが、

人が集まるイベント等も自粛傾向なことも影響してか、

通常の『12月』よりも、断然、【人】は少ないです。

 

 

様々な業種・業界において、今後、益々影響が『顕在化』すると思います。

 

 

私が事務所を構える大阪・西天満は、隠れた名店が立ち並び、

事務所ビル周辺も『ミシュラン通り』なるものが存在します。

 

 

要は、

 

 

権威ある料理評価ガイドブック・掲載店が多いエリアですが、

今回の『自粛要請』だけは、『致命傷』になるかも知れない。

 

 

『感染リスク』を最大限抑制する為、ランチ営業中止する店も目立ちますが、

事業者の方々はお分かりの通り、その時間、売上げ『ゼロ』は死活問題です。

 

 

当然、

 

 

行政から支給される(予定)時短要請支援金もありますが、

実際の必要経費との乖離は、相当存在していると考えます。

 

 

影響をモロに受ける『飲食業界』の方々は、本当に窮地です。

 

 

もしかすると、

 

 

この後に及んで、『会社員』という立場の方々においては、

自らに迫る『リスク』を実感しない方がいるかも知れない。

 

 

例えば、

 

 

会社全体の業績(売上・利益率)は減少しているものの、

『給与』『賞与』が変わらず支給されている方々等です。

 

 

メディアは『コロナ、コロナ』と叫んでいるけど、

自分たちには、関係のないことだろうと高を括る。

 

 

その『リスク感覚』の無さが、劇的にヤバイです。

 

 

タイトルにも採用しましたが、

 

 

古今東西、【人】の流動性は【経済循環】と密接に連動しており、

コロナ禍、この状況において、影響を受けない人は存在しません。

 

 

確かに、

 

 

ネット環境の進化により、『リアル』の寄与度は減少しますが、

それでも、【人】の移動がある所で【お金】も動くことが原則。

 

 

仮に、

 

 

『会社員』という立場の方々で、【今】という時点において、

収入・雇用等に影響がなくとも、今後、急速に顕在化します。

 

 

実際、

 

 

昨日(12月15日)、厚生労働省が発表したデータによると、

コロナ関連解雇・雇い止めは『7万6543人』にのぼります。

 

 

また、

 

 

『正規:非正規=6:4』の比率とも紹介されていますから、

全体4割は『正社員』の立場の人間が切られている事になる。

 

 

そして、

 

 

皆さんもご存知の通り、上記数字は『氷山の一角中の一角』ですから、

日本全体では10倍とも、20倍とも言われる方々が失職しています。

 

 

先月末まで、

 

 

例年になく、『暖かい冬』を迎えて、年末感も有りませんでしたが、

今週に入り、全国的に一気に冷え込みが進み、冬到来を実感します。

 

 

ここから、

 

 

暫くの間、季節的にも『厳しい』時期を迎えることになりますが、

それは、『経済的観点』においても、まったく同様だと考えます。

 

 

『無事に、年越しが出来るのだろうか??』と、

不安に感じている方々が、全国にゴマンといる。

 

 

普段から、

 

 

『資産形成』というテーマを通して、継続して発信し続けていますが、

自らが『平時』と感じる時から、『有事』を見据える準備が大切です。

 

 

実際、『窮地』に陥ってから、救出することは不可能でしょう。

 

 

上記フレーズが、今ほど合致する時代は、今後も無いと考えます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile