激動の【2021年】が終了、果たして【2022年】の展望は??

今日のテーマは、『激動の2021年が終了、果たして2022年の展望は??』です。

 

 

いよいよ、2021年も最終盤に差し掛かります。

 

 

皆さん、きっと、慌ただしくしている時間ですね。

 

 

パンデミック2年目、東京五輪も開催に漕ぎ着け、

何とか乗り切った感がある1年だったと思います。

 

 

国内では、

 

 

ようやく、直近2ヶ月ほど経済活動が活発化して、

2年ぶりに、年末の慌ただしさが戻って来ました。

 

 

願わくば、このまま事態も収束して欲しいですが、

足元、大都市圏を中心に新規感染者数も増加傾向。

 

 

果たして、

 

 

医療現場の逼迫具合等、実情は把握し兼ねますが、

数値的には、『不穏な空気』を感じ始めています。

 

 

昨日、

 

 

日本国内は『大納会』を迎えますが、終値として、

28年ぶりとなる高値水準で1年を終了しました。

 

 

ただ、

 

 

最終週、日経平均はランダム・ウォークを続けて、

最終日に至っては、微妙な下落を記録しての終了。

 

 

先ほど、

 

 

終値を28年ぶりの高値水準とお伝えしましたが、

決して、手放しで喜ぶ雰囲気となりませんでした。

 

 

来年以降、

 

 

短期的な市場動向を決定する、最も大きな要因は、

各国中央政府が展開する、政策の微妙なズレです。

 

 

例えば、

 

 

米国・FRBは、早い段階から緩和終了を明言して、

現時点、その方針を変更する事なく実行する予定。

 

 

その対局は、

 

 

私たちが居住する日本ですが、中央銀行・日銀は、

暫くの期間『金融緩和の継続』を明言しています。

 

 

実際、

 

 

年末にかけて、対米ドルの円安傾向は続いており、

現在『1ドル=115円超』の水準で推移します。

 

 

外貨資産を保有する方は、評価額が上昇するので、

精神衛生上は、健全な状態で新年を迎えられます。

 

 

ただ、

 

 

生活コストの海外依存度が高めな国家においては、

急激な円安進行は、メリットだけでは無いですが。

 

 

話を戻すと、

 

 

当初、FRBに同調していたECB(欧州中央銀行)も、

直近の新型コロナ感染者急増を受けて、方針を転換。

 

 

この辺り、

 

 

明確に『緩和継続』を打ち出すわけでは無いですが、

反対に『緩和終了』の語気も少し弱りつつあります。

 

 

先日、

 

 

公式ブログ中で紹介した通り、感染者急増の欧州は、

今後の動向如何で、最も影響受ける候補の1つです。

 

 

それは、EUを脱退した『英国』においても同様です。

 

 

このように、

 

 

世界共通で、オミクロンの不確定要素を残したまま、

2021年という年の終了が、数時間後に迫ります。

 

 

未だ、

 

 

各国政府・中央銀行も方針を決め兼ねるのが本音で、

主要国間で『歪』がある間、市場も不安定化します。

 

 

日本市場も一旦終了し、数日間の休みを挟みますが、

年始(1月)早い段階で、大きな変動も想定します。

 

 

来年も、市場は投資家を楽しませてくれそうですね。

 

 

期待と共に、皆さん、良い年をお迎えくださいませ。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile