【安定感】のないパートナーは、【結婚】には適さないという事。

今日のテーマは、『【安定感】のないパートナーは、【結婚】には適さないという事』です。

 

 

先ず、

 

 

冒頭にて断らさせて頂くと、本日の公式ブログで、

『恋愛論』を語るつもりは、さらさら有りません(笑)

 

 

記事の分類カテゴリーは、『投資』を選択しました。

 

 

取り上げる話題は、『暗号資産(仮想通貨)』です。

 

 

年始の記事でも、動向をご紹介させて頂きましたね。

 

 

実際、

 

 

それ(仮想通貨)を取引されている方々はご存知ですが、

それ以外、大多数の方の為、少しだけ振り返りましょう。

 

 

代表通貨『ビットコイン』の事例が、分かり易いですね。

 

 

2017年、

 

 

『第一波』と表現できる『バブル相場』が到来した際、

同通貨の取引価格は、年初からの比較で1000%超、

実に『10倍』以上の爆発的上昇を記録していました。

 

 

突如、日本中に『仮想通貨:成金』が誕生したのも、この時です。

 

 

それを象徴するように、『億り人』という言葉も誕生しましたね。

 

 

当然、

 

 

暗号資産(仮想通貨)の取得、保有、運用に資格は有りませんから、

性別、年齢、立場に関わらず、多種多様な『億り人』が誕生します。

 

 

当時、

 

 

クライアントさんとの面談で利用するホテル・ラウンジでは、

暗号資産(仮想通貨)絡みの話題ばかり展開されていました。

 

 

大袈裟な話ではなく、私たち(私とクライアントさん)以外は、

フロアの全員が、『仮想通貨』の話をしていたと思うほどです。

 

 

その後、

 

 

当時の『過去最高値』を更新して、2017年を追えますが、

越年した2018年初、8割超の価値を吹き飛ばして大暴落。

 

 

前年までの『お祭りムード』も一転、暗号資産投資家も、

静かになると言うより、一気に『消滅』してしまいます。

 

 

実際、

 

 

『第一波:バブル期』に、様々な手法で投資斡旋していた方々を、

その時(2017年末)以来、一度も見なくなってしまいました。

 

 

特に、

 

 

私自身、『暗号資産(仮想通貨)』を否定する訳ではないですが、

『目先の利益』に拘る人間は、短期間で消えると知る経験の1つ。

 

 

それから、

 

 

『2年間』ほどは、下落した水準で安定的に価格推移しますが、

昨年(2020年)第4四半期、突如『第二波』が到来します。

 

 

その取引価格は、

 

 

『第一波』の際、超え切れなかった大台『2万ドル』を突破し、

数ヶ月間のうち、『3倍超』もの値上がりを見せるまでに急騰。

 

 

勢いは留まらず、

 

 

2021年始早々には、史上初『3万ドル』の大台も突破し、

その後も続伸、遂には『4万ドル』を超える事態に陥ります。

 

 

公式ブログでは、

 

 

取引価格『3万5000ドル』位まで追っていましたが、

その後は、3週間ほど『放置』してしまっていましたね。

 

 

前述の通り、その後も『続伸』していたようです。

 

 

しかし、

 

 

『1月8日』に過去最高値を記録した後、トレンドが急遽反転、

現在は、ピーク値比較で『約2割』の下落に見舞われています。

 

 

数値的には『3万2000ドル』付近ですね。

 

 

そして、

 

 

『暗号資産(暗号資産)』に肯定的な立場にある方々からも、

今後の動向については、『悲観的な見方』が拡がっています。

 

 

英国では、

 

 

FCA(金融行為監督機構)が、『仮想通貨』を対象する投資に、

『全損する覚悟を』と強調し、衝撃的なリスク喚起する事態に。

 

 

同機構は、

 

 

一般投資家に対して、投資家保護制度の対象外をアナウンスし、

誇大なリターンを謳う『投資詐欺』の警戒も呼びかけています。

 

 

更に、

 

 

同資産対象の『デリバティブ商品』『ETN(上場投資証券)』は、

英国内における『個人向け販売』が、全面的に禁止されることに。

 

 

加えて、

 

 

『仮想通貨』を取り扱う事業者については、

同機構への登録も『必須』とされています。

 

 

『第一波』到来時、

 

 

流入資金は『アジア(日本含む)』が中心と言われていましたが、

急速に価格上昇する『第二波』は、舞台が世界拡大したようです。

 

 

また、

 

 

昨年、『肯定派』の象徴とされた米国・某有名投資銀行も、

短期的スタンスとして、同資産の見方は『ネガティブ』に。

 

 

一時期、

 

 

投資市場が『下落』を迎える局面で、『防御能力』も見込まれましたが、

むしろ、凡ゆる資産より『ボラティリティ(変動幅)』が大きいと想定。

 

 

現在では、

 

 

『市場に急激な負荷がかかる局面で、最も信頼性の低いヘッジ』と翻意。

 

 

勿論、

 

 

長期的には、同資産の『ポテンシャル』を肯定的に見ながらも、

その実現は、『近い将来ということは無い』と見解を示します。

 

 

更に、

 

 

暗号資産(仮想通貨)対象の最大手ファンド『GBTC』に注目し、

投資家からの資金流入鈍化から、トレンド回復は困難であると予測。

 

 

今後、

 

 

機関投資家らの『先物ポジション』解消の動きも予測されており、

暗号資産(仮想通貨)市場は、厳しい立場に追い込まれています。

 

 

そして、ようやく、冒頭のタイトルの話題に戻ります(笑)

 

 

私たちのような『長期視点』の投資家にとって、

資金投入するという事は、『結婚』と同義です。

 

 

『明日から10年間、市場が閉鎖されたとしても、

 保有したいと思える銘柄にのみ投資すると良い』

 

 

投資の神様:ウォーレン・バフェットの有名な格言ですが、

『投資対象』との関係性を端的に表す、賢明な表現ですね。

 

 

古今東西、

 

 

『恋愛市場』でも語られる通り、恋人と結婚相手では、

『パートナー』として求める人間的『資質』が異なる。

 

 

確かに、

 

 

『アップ・ダウン』が激しい恋人との恋愛は、刺激的な反面、

『生涯の伴侶』として相応しいかは、大いに疑問に感じます。

 

 

やはり、

 

 

『結婚(長期的にお付き合いする)』は、精神的に安定した、

短期的ボラティリティ(変動幅)の小さな相手が最適ですね。

 

 

私自身、

 

 

現時点、『暗号資産』と付き合わない理由も、そこに有ります。

 

 

今日の記事も、何かのご参考にして頂けたら幸いです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■1/27(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■1/27(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■1/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile