【ニューノーマル時代】を生き抜く鍵は、【自助努力】以外に無いということ。

今日のテーマは、『【ニューノーマル時代】を生き抜く鍵は、【自助努力】以外に無いということ』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『【世界経済】回復の見極めポイントは、【金利】が握る』と題して、

今後、潮流変化局面の『見極めポイント』について、ご紹介しました。

 

 

最近は、『顕在化』しているイベントに対して、

『株式市場』のレスポンスも芳しくありません。

 

 

『米国大統領選挙』然り。

 

 

『新型コロナ・ウイルス』ワクチン開発を巡る報道然り。

 

 

勿論、

 

 

『株式市場』においては、日々、その値は変動しているものの、

目ぼしいイベントと強く相関せず、ランダム・ウォークします。

 

 

この辺り、

 

 

『金融アナリスト』なる肩書の方々は、後出しジャンケンで、

『最もらしい理由』を付け加えますが、何とでも言えますね。

 

 

実際、

 

 

直近でも再上昇に転じ、『過去最高値圏』を推移する市場を、

『合理的に説明できる理由』は、存在しないと感じています。

 

 

ただ、

 

 

『実体経済』と乖離して膨張し続ける『現代版資本主義』の世界では、

これまでの『常識』で、通用するものなどは無いのかも知れませんが。

 

 

【ニューノーマル】

 

 

世界経済の『低成長・低物価・低金利』を表す新語ですが、

コロナ禍以前から、先進諸国を中心に、不穏な空気は蔓延していました。

 

 

そして、

 

 

2020年に迎えた『コロナ危機』により、更に加速しますが、

この騒動が収束した後も、簡単には反転しないと考えられます。

 

 

基本的に、

 

 

意図的に『金利』を上げるのは、『金融引き締め』の局面ですが、

世界経済がそれに耐え得る時期は、かなり先との見方が主流です。

 

 

先日は、

 

 

米国・旅行業界の中長期的展望が公表されていて、その中で、

同業界の『完全回復』は2024年と予測されていましたね。

 

 

直近では、

 

 

外資系製薬の『ワクチン開発進展』を伝える報道も多いですが、

単純に『ワクチン開発成功=経済回復』とはいかない模様です。

 

 

約10年前、

 

 

サブプライム・ショックが欧州市場に飛び火する形で、

世界経済も『混沌』を極める状況が続いていましたが、

それでも、先進諸国の国債利回りは『約3%』ありました。

 

 

これでも、

 

 

『年率5〜6%』で推移する時代から比べると低率ですが、

今から考えると『夢』のような高金利に感じてしまいます。

 

 

それが、

 

 

前述の『コロナ危機』の直撃を受けて、異次元金融緩和が始まる事で、

覇権国(米国)債権ですら、史上初の『1%切り』を記録する有り様。

 

 

当然、

 

 

我らが『日本国債』は、それよりも低率で運用されており、

本日付の長期利回りは『年率0.020%』で取引されます。

 

 

もう、終わっていますね(笑)

 

 

この時点で、既に『0%運用』とほぼほぼ同義なのですが、

厳密には『源泉徴収(税金)』も受けるのでたまりません。

 

 

それでも、『プロ投資家』の世界においては、

『債権』が注目される場面があることも事実。

 

 

しかし、

 

 

『オプション取引』を主な舞台としない個人投資家の世界では、

現状、『債権』は『投資選択肢』に含めるには不適と考えます。

 

 

単純取引では、

 

 

『リスク』vs『ベネフィット』のバランスが崩れており、

受け入れる『不確実性』に対して『利点』がありません。

 

 

以前、

 

 

公式ブログでも、少しだけ触れたことがありますが、

第一生命保険は、『企業型給付年金』の予定利率を、

従来の『1.25%』から、一気に『0.25%』に引き下げます。

 

 

これには、

 

 

業界全体として、『追従』する流れが加速する予想されており、

国内の『年金運用環境』は、厳しさを増すことになりそうです。

 

 

近年、

 

 

『確定拠出システム』に制度移行している企業型年金ですが、

それでも『確定拠出システム』は約1万2000存続します。

 

 

このうち、

 

 

『約8500』が生保各社に運用委託されているようですが、

すべて共通して、『目標利回り』とは、ほど遠い運用成績に。

 

 

かと言って、

 

 

残り『約4000』の信託銀行委託分も似たような成績で、

制度設計当時の『年率3〜4%』利回りは、今となっては『幻想』です。

 

 

この難局に対して、

 

 

生保サイドは『デリバティブ(派生商品)』組込案を提示しますが、

お分かりの方もいる通り、これは年金を賭けた『ギャンブル』です。

 

 

当事者としては、『お願いだから、辞めてくれ』ですよね(笑)

 

 

極論、『他人のお金』ということが起因するか分かりませんが、

遂に、運用者サイドも『やけくそ』になってきた感が伺えます。

 

 

ただ、この状況においても、『希望』はあります。

 

 

立場上、

 

 

『ディフェンシブ戦略』のスタンスしか取れない金融機関ですが、

その運用の大部分は、前半ご紹介の『債権』により構成されます。

 

 

対して、

 

 

こちらも前述しましたが、『株式市場』は堅調に推移する訳で、

『個人』がリスクコントロールして、市場に臨ことは可能です。

 

 

割りを食うのは、自らの人生を『受け身』で生きている方々ですね。

 

 

私自身、

 

 

独立系ファイナンシャル・プランナーの活動を通して、

クライアントさんに一貫してお伝えするメッセージは、

『自らの人生、主導権を持って生きよう!』という事。

 

 

『受け身』で生きることを、早めに放棄することで、

『悲観シナリオ』に見える世界にも『希望』が見出せると考えます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile