【他人の失敗】に学ぶことが出来る人間を、【賢者】と言います。

今日のテーマは、『他人の失敗に学ぶことが出来る人間を、賢者と言います』です。

 

 

先日、某・毎日新聞社から、次のタイトルの記事が発信されました。

 

 

『大阪・黒門の反省から学ぶ、コロナ後の訪日客政策』

 

 

要約すると、

 

 

日本政府が推し進めてきた『観光立国』に乗るかたちで、

『黒門市場』もイバンウンド傾倒の商売を展開して来た。

 

 

コロナ禍、

 

 

世界的に『大変な状況』が続いており、収束していませんが、

2023年の『観光客:6000万人』は進行中と言います。

 

 

それでも、

 

 

2020年、突如『新型ウイルス』が出現して世界を変える前、

2019年には『年間3000万人』の訪日観光客が居ました。

 

 

これにより、

 

 

東京・大阪を始めとする大都市圏は勿論、日本各地の観光地も、

想定していた以上の『インバウンド需要』に沸き立ちましたね。

 

 

私自身、

 

 

活動拠点としている『大阪』も、キタ・ミナミに関わらず、

『訪日観光客』で溢れ返る時代が、10年近く続きました。

 

 

本業とする、

 

 

経済・金融の世界で、『バブル』が形成されることは有名ですが、

実体経済の世界でも、『バブル』があると目の当たりにしました。

 

 

話を戻すと、

 

 

『インバウンド』全盛の時代、栄華を極めた『黒門市場』ですが、

恩恵ゼロとなった今、シャッター商店街になりつつあるのだとか。

 

 

関西(大阪)の方々は分かりますが、

 

 

舞台となる『黒門市場』は、『天下の台所』と呼ばれた大阪でも、

その『中枢』を担って来た、大阪の『食』の中心地と言える場所。

 

 

以前は、

 

 

本当に、言葉に違わぬ役割を果たして、訪日観光客などいなくとも、

主に大阪の『国内消費者』だけでも、十分に活況を呈していました。

 

 

しかし、

 

 

昨年から、国家を跨ぐ『人の移動』が制限されるようになってから、

現在は、本当に『人(日本人)』すら歩いていない状況なのだとか。

 

 

これに対して、

 

 

記事中では、『訪日観光客』をターゲットにしていた商売スタイルが、

いつの間にか、『日本人』を遠避けてしまっていたと説明しています。

 

 

例えば、

 

 

『黒門市場に行っても、外国人ばっかりや。』

 

 

『人が多すぎて、ゆっくり品定めも出来ひん。』

 

 

全盛期は、お客さんからこのような言葉も聞かれており、

このような『状況』が、日本人顧客を遠避けていったと。

 

 

確かに、

 

 

大阪キタ・ミナミの繁華街も、『訪日観光客』全盛の時代には、

『人が多いし、避けて通ろか』という場面も、多々有りました。

 

 

しかし、

 

 

大阪はじめ、関西にお住まいで、近年の『黒門市場』を知る人は、

この街が『衰退』した主な原因が、他にあることを知っています。

 

 

そう言えば、

 

 

まだまだ『インバウンド消費』が栄華を極めていた2017年頃、

この公式ブログでも、情報発信して注意喚起した記憶があります。

 

 

まさか、

 

 

その3年後、『新型ウイルス』が自然発生的に(?)現れて、

世界を一変させてしまうとは、想像すらしてませんでしたが。

 

 

『実態』は、どうだったのか??

 

 

2011年頃から顕著になり始めた、『訪日観光客』激増の時代、

『黒門市場』は、とんでもない『殿様商売』を展開していました。

 

 

私自身、

 

 

高校を卒業して、関西にやって来たのが『20年』近く前、

黒門と言えば『安くて、美味い』の代名詞という街でした。

 

 

その頃は、

 

 

全国情報誌の関西版『関西◉ォーカー』『関西一◉間』等にも、

頻繁に特集が組まれ、ワンコインランチが紹介されていました。

 

 

当時は、

 

 

こんなに美味くて、新鮮で、見た目も映える海鮮丼が、

ワンコイン(500円)なんて!と驚愕したものです。

 

 

それが、

 

 

10年ほどの時を経て、3〜4年ほど前に訪れた際には、

その『様変わり姿』に、改めて、驚愕させられたのです。

 

 

確かに、

 

 

『訪日観光客』で溢れ返ってはいましたが、それだけでは、

単純に、地元・大阪民が離れていくことはないと思います。

 

 

約4年前、

 

 

私が見た光景は、商売スタイルが『訪日観光客』向けになり、

各商店競い合って『ぼったくり商売』を展開するという醜態。

 

 

具体的には、

 

 

訳の分からない海鮮串が、1串『4000円』で売られていたり、

黒門に関係のない神戸牛が、超インフレ価格で展開されていたり。

 

 

その時は、

 

 

久しぶりに『安くて、美味いもん』を食べたくて足を運びましたが、

結局、馬鹿馬鹿しくなり、市場外れの美味しい拉麺屋に行きました。

 

 

そして、『二度と、ここには来るまい』と誓ったのです(笑)

 

 

それ以来、本当に、足を運ぶことはありません。

 

 

新聞報道の続きでは、

 

 

現在の黒門市場・振興組合は、『日本人客』向けに動画作成したり、

原点回帰して、お買い得な『ワンコイン市』を展開すると言います。

 

 

しかし、

 

 

これらイベント展開により、日本人客が回帰することは、

残念ながら、有り得ないのではないか、と感じています。

 

 

と言うのも、

 

 

私たち『日本人客』が離れてしまった原因は、インバウンドではなく、

全盛期に調子に乗るという『人間としての本性』を見てしまったから。

 

 

正直、完全に『引いて』います。

 

 

その人が持つ『本性』というものは、簡単に変わりませんから、

今更『ワンコイン市』を展開しても、誰が行こう思うねん(笑)

 

 

『信用・信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生』

 

 

『商人(あきんど)・商いは牛の涎(よだれ)』

 

 

『黒門市場』を舞台にした栄枯盛衰は、これらの格言を、

私たちに、身を以って、再確認させてくれたと感じます。

 

 

【他人の失敗】に学ぶことが出来る人間を、【賢者】と言う。

 

 

私自身も、

 

 

きちんと『当事者意識』を持ち、『明日は我が身』と戒めて、

これからも、地に足つけた事業展開をしていこうと思います。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■4/20(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile