起業家は、『走りながら回収』する★

今日のテーマは、『起業家は、走りながら回収する』です(^_^)★

 

 

*今日のテーマは、2015年12月に掲載したものを、

 2017年5月に加筆・修正、再掲載したものです。

 

 

私は、会社員として社会人生活をスタートしてすぐ、

『将来は、自分でビジネスする!』と決断しました。

 

 

大学卒業した新卒入社してすぐなので、

23歳、24歳くらいの頃です。

 

 

もう、ちょうど10年前になりますね(^_^)

 

 

私に限らず、20代の若かりし頃は、

世間一般的にも威勢の良い方々が多いですよね(^_^)

 

 

私の周りにも、結構な『野心家』が集まって来ていました。

 

 

それが、

 

 

30歳を過ぎた頃には、ほぼ絶滅です(笑)

彼らは、どこかに消え去ってしまいました。

 

 

もう、存在した形跡すらなくなるほどに、

きれいさっぱり居なくなります。

 

 

確かに、結婚、転勤、子供が生まれる等の、

ライフイベントの変化もあるかも知れません。

 

 

もしかしたら、

チャレンジした上での『挫折』の経験もあるのかも。

 

 

しかし、

 

 

世間一般に、圧倒的に多いと感じているのは、

延々と『準備運動』を繰り返し続ける人達です。

 

 

『準備運動』イコール、『試合に出ないこと』。

 

 

これ、自身にとって『安全』なんですよね(^_^)

 

 

何故なら、『試合に出る』のを放棄することによって、

絶対に『失敗』することは無いから、、、、。

 

 

自分が、傷つくこともありません。

 

 

『チャレンジ』していないから、『失敗すること』すら出来ない(笑)

 

 

先日、ニュースフィード見ていて驚いたのですが、

最近の若い子達は、『2番目以降に好きな異性』をデートに誘うらしいですね。

 

 

もしも、仮にフラれたとしても、

『いや、実はそんなに好きちゃうし。』みたいに言い訳するためらしいです(笑)

 

 

いよいよ、恋愛に対しても『保険』をかけ始めました。

 

 

『保険大好き国民』の日本人、どうかしてるぜっ!!(笑)

 

 

30歳過ぎてから、

更に『チャレンジングスピリット』全開になってきた私には、

まったく理解が出来ない精神状態・異常行動です(笑)

 

 

でも、

 

 

延々と『準備運動』してる人達も、

この例の若い子達とやってる事同じなので、笑われへんで。

 

 

傷つくのが恐いから、

本気で、本当に好きな分野で試合に出ようとは思わない。

 

 

『準備運動』には、具体的に次のような事例があります。

 

 

・『永遠に学び続ける』けど、インプットのみ!!

 

 

・とりあえず、本をどんどん読んでいこう!

 

 

・セミナーは常に、『参加する側』。

 

 

・とりあえず『資格』取っとこう!

*具体的な行動は、それから考えよう、、、、。

 

 

・自己投資のスクール、通っとこうかな。

 

 

・●●●●(自身の目標)達成したら、行動始めよう!

*残念ながら、世の中のニーズと合致していないことも。

 

 

などなど。

 

 

これらは、一見すると『夢』に近付いてるように見えます。

 

 

実際、多くのセミナーマニアの方々が、

『自分は成長している!』と妄信して行動していますよね(^_^)

 

 

でも、本当は、実力は全く変わっていません。

 

 

そもそも、『走っているコース』自体が違うので、

その延長戦上に、『求めるゴール』が存在しないからです。

 

 

セミナーは、『受ける側』より『やる側』に回ることです。

 

 

本は『読む』けど、自分でも書きます。

 

 

『アウトプット』も半ばフライング気味でやりますし、

最近は、『起業塾』まで開いてしまいました。

 

 

*2017年5月現在、お陰様で開設から2年を経過しています(^_^)

 

 

これが、本当に自分で『ビジネス』出来る人間の行動です。

 

 

本当の『商人:あきんど』は、『走りながら、回収』を考えています。

 

 

もちろん、私たちも常に学び続けますよ。

『教える側』なので、誰よりも早く、多くです。

 

 

でも、それと並行してすぐに、

『どうやったら回収出来るか?』を考えてる。

 

 

20代後半の放浪していた時代、

訪れたカンボジアで出会った、若い画家からも教わりました。

 

 

とても綺麗な絵を書いていたので、

『どこか、学校に通ったのか??』と聞くと、彼は『嘘だろ!?』みたいな顔をします。

 

 

『学校に通ったらお金がかかるだろ??』

 

 

『だから、最初から見様見真似で描いて、それを売り物にする。

 そうやって描き続けているうちに、だんだんと上手くなるんだよ。』

 

 

正に、この感覚こそ大切です★

 

 

彼からしたら、『途中過程』も含めて全てが作品です。

 

 

ここまで根性ある人間に、

私は、日本で出会ったことがありません。

 

 

皆さん、『とりあえず、学校行こうかな??』みたいな感じです。

 

 

例え、『学校』に行っても、『資格』を取っても、

そんな気持ちじゃ、人生は何も変わることがありません。

 

 

ただの、『現実逃避』を繰り返すだけです。

 

 

『海外に行ってきます!』と言っていて、

何も成長することなく帰ってくる人の、多いこと、多いこと(笑)

 

 

それと、全く同じです。

 

 

今日させて頂いた『カンボジアの若き画家』の話から、

何か感じ取ってくださる方がいたら、幸いです(^_^)★

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

9 件のコメント