『好きを仕事に!』は、出来ます★

今日のテーマは、『好きを仕事に!は、出来ます』(^_^)★

 

 

これは、私の一貫した『信念』です。

 

 

お金のセッション、書籍、公式サイトブログ、

全ての場面で、常々このことをお伝えしてきました。

 

 

でも、

 

 

少し前から、

『もしかしたら、勘違いさせてしまってるかも?』と、感じる事がありました。

 

 

それは、

 

 

『好きを仕事に!』という言葉の『真意』が、

『好きなこと』で『楽して稼げる』と違って伝わってしまってるんじゃないかと、、、。

 

 

昨日も、

 

 

実績ある事業家さんとお話ししていて、

『最近、巷に嘘の情報が溢れているよね。』という会話をしました。

 

 

『楽して儲ける!』とか『簡単に集客できる!』とか、

『高単価商品作ったら、あなたもお金持ちに!』とか。

 

 

実際に『ビジネス』をやっている人間なら、

こんな『アホ情報』誰も引っ掛からないんです(笑)

 

 

でも、

 

 

大した努力もせずに『一発逆転』を狙う方々や、

サラリーマンで『副業しよう』とか思ってる方々は簡単に引っ掛かっちゃう。

 

 

これらの商売、

こういう人達を『カモ』にして成立してるんですね(^_^)

 

 

それで、『楽して儲ける』という概念。

 

 

これ、全く違います。

 

 

というか、『真実』は全く『逆』です。

 

 

真実は、

 

 

『好きなこと』だから『楽して稼げる』じゃなくて、

『好きなこと』だから『死ぬ程やる!』です。

 

 

『好きなこと』『自分で決めたこと』だから、

言い訳はまったく出来ません。

 

 

正直、最初の方なんて特に、

『稼げる』かどうかはそんなに集中してません。

 

 

*この言い方も少し語弊はありますね(笑)

 『ビジネス』は『プラス』を出してナンボです。

 実際にやっている人には、この意味がわかる(^_^)

 

 

むしろ、向き合ってるのは自分の『才能』です。

 

 

子供の頃、何かに本気で向き合ったら人なら、

この感覚がわかると思います。

 

 

例えば、

 

 

私で例を挙げるなら『野球』。

 

 

『将来、ナンボ稼げるかなぁ』なんて、

考えながらやってる人間はいませんよ(笑)

 

 

そんな小さなことより、野球少年たちは、

『上手くなりたい!』『誰にも負けない!』と思いながらやってます。

 

 

懸けるのは、自分の『プライド』と『存在意義』★

 

 

人生において、子供のうちにこのことを学ぶ必要があります。

 

 

『お受験』とかさせてしまっている親がいますが、

子供の頃に『机上で』『お勉強』だけさせてしまうことは大きなリスクが伴います。

 

 

人生において、

『本当に大切なこと』を学ぶチャンスを逸してしまっているから。

 

 

以前、『1万円起業』という本を読んだことあります。

 

 

ちょっとの『費用』と『労力』でスタートは切れる、と。

 

 

確かに、

 

 

スタートを切らせるきっかけの本としては、良い本だと思いました。

 

 

でも、

 

 

これを『鵜呑み』にした人は危険!

 

 

実際は上手くいかないことを体験して、

『アカンわ。』とすぐ諦めることになる。

 

 

本当の現実社会では、

『死ぬ程』やるからこそ上手くいくんです。

 

 

今、ちょうど春の選抜高校野球大会を開催してますよね。

 

 

その『甲子園大会』も、

 

 

高校球児が『死ぬ程』やってきたことを発揮するから、

みんな感動して毎年人が集まるでしょう??

 

 

あれ、『楽して、上手くやろう!』なんて考えてたら、

全国的にみんな無視ですよ(笑)

 

 

観客なんて、1人も集まりません(^_^)

 

 

あなたは、『死ぬ程』やってることがありますか??

 

 

それは、自分の『ライフワーク』でしょうか??

 

 

本気でやったら、大概のこと成功しますよ(^_^)★

 

 

だから、『死ぬ程』やろう。

 

 

大丈夫です。誰しも、いつか必ず死ぬんだから(^_^)★

 

 

『ライフワーク』を生き、理想の人生を引き寄せたい方は、

『井上耕太:起業塾』にご入塾ください(^_^)

 

 

井上耕太起業塾:ご案内ページ

http://michiamokota0421.com/cram-school/

 

 

下記まで事前面談希望メールをお送り頂けたら幸いです。

井上耕太:michiamokota0421@gmail.com

17 件のコメント