『世界のトップ62人』★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

先日のセミナーで、冒頭こんな話をしました。

『あなたは何故、投資するんですか??』

そもそも論ですが、

とても本質的な質問だと思ってます。

全ての『行動』には、ちゃんと理由がある。

目的もなくただひたすら太陽に向けて走る!

そんな人生送ってて、

『今』『この瞬間』を楽しめなかったら意味ないですもんね(^_^)

あなたは、『投資』をしてますか??

何故、それをしてるか明確に言えますか??

1月中旬頃に、面白い記事が出てました。

『世界の富裕層トップ62人と、

下位36億人が保有する資産額が同額』

世界経済フォーラム年時総会・ダボス会議に向けて、

NGOオックスファム・インターナショナルという所がまとめたそうです。

単位、よく見てくださいね(笑)

トップ『62人』と、下位『36億人』ですからね。

世界人口が約70億人とかやったと思うので、

地球上の半分の人と、トップ62人の資産額が同等です。

ちなみに、我々日本人はどちらも入ってない(笑)

上位62人でもないやろうし、

下位36億人にも入ってません。

ざっくりと、『上半分のどっか』です。

上位グループの資産はここ5年で、

約5000億US$(約60兆円)増えたのに対して、

下位グループの資産は1兆US$(120兆円)減少したそう。

この現実が『良い』『悪い』の話するつもり無いです。

『これが事実だ』、というだけの話。

『集まる所に、集まる』

これは物理空間でも支配される原則です。

この力が働かなければ、

宇宙に均一に粒子が並び、地球含めた全ての星が存在し得ません。

まぁ集まってたとしても、

エントロピー増大で最終的には拡散されるけど。

まぁ、いいや(^_^)

ここで物理の話するわけじゃないです(笑)

『21世紀の資本』

ピケティさんが昨年?一昨年?に出した本です。

その中でも明記されてることがあります。

追跡可能な約300年を遡ったときに、

歴史的に見たら『g<r』が成立していたと。

つまり、先進国の経済成長率を、

資本収益率が上回っていたということ。

極論言ってしまえば、

労働賃金の伸びは、常に投資収益に負ける。

確かに、『労働』は尊いものです。

これを通してのみ、人との繋がりも出来るし、

社会における自分のポジションも見えてくる。

様々な経験を通して、

人間的にも成長することが出来ます。

でも、『資産形成』ということを考えると、

この『労働収入』一本では心許ない。

だから、皆さん『投資』するんです(^_^)

今、日本は経済大国ではなくなりつつあります。

その証拠は、様々な所に出てきています。

あまり適切な事例では無いので、

あえてここでは書きません。

20代、30代、40代の方々、

『親の世代』と同じような行動してて、

彼らと同じ生活は送れません。

これは、断言できます。

ぜひ、早めのスタートを切り、

自分自身で『資産形成』をしてみてください★

『お金のセッション』、お待ちしております(^_^)

557

10 件のコメント