ターニングポイントは日々転がってる★

『資産形成スペシャリスト』、井上耕太です★

今、英国ではEU:欧州連合からの離脱論が囁かれてます。

『残留』『離脱』を問う国民投票では、

最新の調査で次のようになりました。

・離脱支持:45%

・残留支持:36%

両者のポイント差『9』は、

国民投票での採決を決定した9月以降最大のようです。

そもそも、英国が上手いなと思うのは、

EUというブロック経済に参加しながらも、

自国通貨『ポンド』を残している点です。

彼等からしたら、

『まやかし』で存在する『EU』というものに、

無理に加盟し続ける理由は無いと考えます。

『まやかし』というのはちゃんと理由があって、

EU加盟国内での共通通貨『ユーロ』導入には財政基準があります。

次の2つです。

・単年度会計の新規国債発行額が、GDPの3%以内。

・累計の債務残高GDP比で60%越えてはならない。

なかなか厳しい基準です。

昨年デフォルトしかけた『ギリシャ』なんて、

今となってはどちらも基準を満たしていません。

ちなみに、日本もこの基準は満たせません(笑)

日本の単年会計における新規国債発行額は、

毎年40兆円程度。GDP約500兆円の8%もあります。

債務残高も、余裕で100%越えてる現状。

そもそも『ギリシャ』に関して有名な話は、

ゴールドマンサックスがCDSを売り込んで、

粉飾決算で堂々と正面から入ってきた経緯もあります。

あと、イタリアも加盟時期から満たしてなかった。

ソブリン危機の際に大きく騒がれた、

『PIIGS』と財政健全国ドイツ、イギリス、フランスを、

1つのバスケットに入れた時点で歪みは必ず生まれます。

ポルトガル、アイルランド、イタリア、

ギリシャ、スペイン。

これらの問題児を抱えることで、

これからも火種は燻り続けています。

さらに、

EUの、特にユーロ導入国での最大の問題点は、

通貨における政策と、各国の経済政策がバラバラということ。

経済政策は各国それぞれ議論するのに、

通貨政策は『ユーロ』導入国統一の政策になる。

日本で言うたら、

政府はアベノミクスで『財政出動!』言うてるのに、

日銀がまったく金融緩和しなくて市中にお金が流れないみたいな。

考えてみたら最初から無理がありむちゃくちゃですが、

向こうでは普通にそんなことが起こってます。

自国がピンチの時に、

自国だけの判断で金融政策が取れない。

これは、致命傷です。

先日、TPP加盟国間での署名がなされましたが、

世界では今、どこのブロック経済に属するかというのが1つのポイントです。

確かに、1つの国で独立して活動するより、

ブロック経済の共同体として活動することで、

得られるメリットも大きくなると思う。

でも、必要以上の馴れ合いは要らないし、

どこに属するか?というのも大きなポイント。

『ユーロ』が導入されたのは、

確か僕が中学の時なので約20年ほど前のことです。

これ、僕の一生涯の間で持つかな??

もし、英国がEU脱退とかになると、

少しずつ崩壊に向けての歩みが始まりそうです。

先日の日銀『マイナス金利』導入なんかもそう。

僕たちが教科書で習ったような、

歴史のターニングポイントは、今の時代も常に転がってます。

そんな変化の足音を、

日々聞き耳たてて探っていくことで次が読めるようになります(^_^)★

561

21 件のコメント

  • … [Trackback]

    […] There you will find 48793 more Information on that Topic: michiamokota0421.com/turning-point-3/ […]