平成ジャンプして迎える【株高】は、本当に【バブル】なのか??

今日のテーマは、『平成ジャンプして迎える【株高】は、本当に【バブル】なのか??』です。

 

 

『平成ジャンプ』なる言葉があるそうですね。

 

 

アイドルグループは『Hey!Say!JUMP』なので、

そのことを表現している訳では、決して有りません。

 

 

何でも、

 

 

『昭和』という時代に生まれて、『平成』を超えて、

『令和』において未婚の男女を指す言葉なのだとか。

 

 

年齢としては、『31歳』以上の方々が該当します。

 

 

該当する方々には、なかなか耳の痛い言葉ですね(笑)

 

 

普段、

 

 

様々な年齢・立場の方々と面談させて頂く経験を通して、

既に、『結婚』が共通概念ではない事も理解しています。

 

 

世間では、

 

 

『ダイバーシティ』なる言葉も、完全に『市民権』を得ており、

その言葉が示す通り、価値観もどんどん『多様化』しています。

 

 

この言葉も、

 

 

出典が分かれば、『平成ジャンプ』も大炎上するのでしょうが、

ネット社会の『匿名性』の波に飲まれて、出処は分かりません。

 

 

恐らく、

 

 

創出者と予想される『平成生まれ』の方々の多くも、まさか、

自分自身が『同じ道』を辿るとは、想像していないでしょう。

 

 

『天に唾すれば、我が身に返る』の言葉が示す通りなので、

私自身、戒めの気持ちを持ち、日々を生きたいと思います。

 

 

完全に話が逸れたので、『本題』に入ります。

 

 

『平成ジャンプ』の言葉が表す通り、平成の30年間を超えて、

日経平均が、『2万9000円』を突破する時代が訪れました。

 

 

本日(2月10日)も、

 

 

『前日比:57円高』にて取引を終了しているので、

『3万円』突破も、完全に射程圏に捉えていますね。

 

 

日本政府は、

 

 

来週半ばから、優先者に対するワクチン摂取開始を公表しており、

この事により、『経済活動』が回復することの期待が高まります。

 

 

ここまで、

 

 

『緊急事態宣言』を続けてきた大都市圏も、感染者数は減少しており、

明らかに、物ごとは『ポジティブ』な方向に進んでいると実感します。

 

 

それでも、

 

 

視聴率を求めるメディアは、『変異株』報道で不安心を煽り、

話を蒸し返そうと躍起になって、醜態を晒し続けていますが。

 

 

ただ、

 

 

事態は、明らかに『ポジティブ』に進んでいることは確かですが、

『今』この瞬間の日本経済が、回復とはほど遠いことも事実です。

 

 

その証拠に、

 

 

先日、内閣府が公表した『街角景気』は、前月比3.1Pt低く、

『31.2ポイント』を記録し、3ヶ月連続で下落しています。

 

 

この数値は、

 

 

景気循環に直接影響を受ける、小売店主らを対象としますから、

『3ヶ月連続悪化』という事が、実態を表していると思います。

 

 

にも関わらず、

 

 

『日本市場』は堅調は維持するどころか、

前述の通り、上昇し続けているんですね。

 

 

当然、

 

 

『金融緩和』による『金余り』の状況があることが主因ですが、

『製造業』偏重の日本産業が、ここではプラスに働いています。

 

 

もしも仮に、

 

 

これから、世界経済全体が、順調に回復するとするならば、

日本の製造業を支える各社の株価も、更なる続伸を見せる。

 

 

そう期待した『海外投資家』の流入超過も、

直近の『株高』を支えていると言われます。

 

 

私自身、

 

 

これまでであれば、本日のテーマ『株高』に対して、

『バブル』であるという考え方を発信して来ました。

 

 

『明らかに、実体経済とかけ離れ過ぎている。』

 

 

『市場参加者の恐怖指数に、少し陰りが見える。』

 

 

『単純に、日本政府(日銀)が買い支えているだけだ。』

 

 

『熱狂につられて素人が入ったら、パーティーは終焉。』

 

 

などなど。

 

 

しかし、

 

 

ここ数日、『今後の展開』に対する読みに少し変化があり、

『バブルではないのでは??』と考えるようになりました。

 

 

もしかしたら、そのものを映し出しているかも知れません。

 

 

どういうことか??

 

 

約1年前に発生した、世界的な『コロナ危機』に対して、

世界の主要国間で連携して行なった『金融緩和』により、

危機回避したことは、これまで繰り返し述べて来ました。

 

 

2008年、

 

 

『リーマンブラザーズ破綻』に象徴される危機が訪れた際、

『金融メルトダウン』が回避された方法と、全く同じです。

 

 

恐らく、

 

 

今後も、世界経済が『危機』を迎える場面はあると思いますが、

可能な限り、この手法(金融緩和)は常套策として使われます。

 

 

勿論、

 

 

世界規模の『ツケ』も、どこかで解消する必要ありますが、

他に解決策も存在しない為、行ける所まで引っ張るのです。

 

 

それで、

 

 

コロナ危機も、天文学的な『金融緩和』により対応しましたが、

このことは、私たち保有の『貨幣価値減少』を意味しています。

 

 

少しだけ考えてみれば、当たり前です。

 

 

『経済循環』がストップして、『価値創出』がないにも関わらず、

供給される『貨幣』が増加すれば、単位当たりの価値は減少する。

 

 

その結果、

 

 

全ての経済指標が『薄められる』ことになり、絶対値ではない為、

コロナ危機前よりも、必然的に『数字的評価』が高く出てしまう。

 

 

ただ、

 

 

一見、『実体経済』との乖離が著しく見えている投資市場も、

貨幣価値減少を既に反映して、正常化しているかも知れない。

 

 

事実、

 

 

メディア等では、視聴率に繋がらないので、注目されませんが、

『債権利回り』『原油価格』等も正常域内に回復して来ました。

 

 

そうなると、

 

 

『今』の市場は、決して『割高』だということではなく、

貨幣価値減少分を加味して、今後、経済回復するにつれ、

さらに一段、『飛躍』の可能性を秘めるのでは、、、、。

 

 

『東京五輪』開催の有無は、私個人には分かり兼ねますが、

1年後は、経済動向については『結果』がある程度出ます。

 

 

『希望的観測』に転換して、『仕込み』に入りたいと思います。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile