見解の分かれる【暗号資産】の未来は、どこへと向かうのか??

今日のテーマは、『見解の分かれる【暗号資産】の未来は、どこへと向かうのか??』です。

 

 

久しぶりに、『暗号資産(仮想通貨)』をテーマに書きます。

 

 

『新型コロナ・ウイルス感染再拡大』『米国・大統領選の結末』等、

メディアを騒がせる報道の影で『暗号資産』が値上がりしています。

 

 

代表通貨、

 

 

『ビット・コイン』の取引価格は、本日(11/18)も続伸して、

瞬間最大風速として『1万8300ドル台』を記録しています。

 

 

この数字は、

 

 

『加増通貨バブル』に沸いた2017年につけた最高値、

『1万9000ドル台』に、若干ながら届いていません。

 

 

しかし、

 

 

当時から『3年』の時間が経過したことで『発行枚数』が増加し、

地球上に(?)存在する『時価総額』として最高値更新しました。

 

 

その金額、米ドル換算として『3274億ドル』。

 

 

現行レートで、日本円換算『約34兆円』と巨額の数字ですから、

それだけ多くの方々が『価値』を見出していると言われています。

 

 

これまで、

 

 

『暗号資産(仮想通貨)』取引価格躍進の場面は複数回あり、

その場面毎に『上昇要因』は異なっていたと認識しています。

 

 

前述の通り、

 

 

3年前の『2017年』の価格上昇は、

明らかに『投機マネー』の大量流入で、

全く『実体』の伴わないものでした。

 

 

この辺り、

 

 

決して『暗号資産』ばかりが投資対象ではありませんが、

『一攫千金』の代名詞・レバレッジ取引の対象となって、

年初来取引価格から『約20倍』まで急騰を見せます。

 

 

しかし、

 

 

このような『バブル相場』では、その後の崩壊も急激に進み、

2017年末から、翌2018年初の僅かな期間において、

最高値から比較して『▲80%』近くの大暴落を経験します。

 

 

有名人・著名人の中にも、被害(?)に遭われた方も多く、

その当時は、暫くの間、メディアで騒がれていましたよね。

 

 

ただ、今回の『価格上昇要因』は、3年前のそれとは異なると見られています。

 

 

2020年、『価格上昇要因』として考えられているのは、

大きく分けて、次に挙げる2つの理由があると見られます。

 

—————————————————————-

①『デジタル・ゴールド』としての資産保全する要因。

 

②将来的な『決済手段』としてのポテンシャル期待値。

—————————————————————-

 

 

ご存知の方もいらっしゃる通り、

 

 

代表通貨『ビットコイン』は、発行枚数に上限が設定されており、

『金(gold)』同様に『希少性』が見込めると考えられています。

 

 

2020年現在、

 

 

世界各国の既存通貨(法定通貨)は、金本位制を廃止しており、

1つの例外もなく、『時間』と共に『価値』が下落し続けます。

 

 

そこで、

 

 

相対的に弱くなった際、『金(gold)価格上昇』が起こる訳ですが、

『暗号資産(仮想通貨)』も代替資産となると見られているのです。

 

 

後者については、この『3年間』で状況が変わりつつありますね。

 

 

以前、

 

 

2017年に『仮想通貨バブル』が起こった際は、通貨と言われながら、

各暗号資産は『決済手段』としては、ほとんど機能していませんでした。

 

 

確かに、

 

 

この状況は、2020年11月時点で大きく変化しませんが、

今後の展望については、以前とは、雲泥の差となっています。

 

 

象徴的なのが、

 

 

米国・決済大手ペイパルの動向で、2021年初導入を目標に、

同社では、世界に『2600万』ある加盟店の決済手段として、

『仮想通貨』を使えるようにするとオフィシャルに発表します。

 

 

また、

 

 

米国・著名投資銀行も『仮想通貨』運用の基盤を整えつつあり、

欧州でも、金融機関で『仮想通貨』取引をスタートする動きが加速します。

 

 

順当に、『決済手段(通貨)』としてのポテンシャルが整いつつありますね。

 

 

しかし、

 

 

『暗号資産(仮想通貨)』を巡る議論は、ポジティブなものだけでなく、

これらの動きに対して、懐疑的見方をする方々が存在するのも事実です。

 

 

某・海外富裕層の中には、

 

 

今回の『仮想通貨:取引価格上昇』の加速に困惑する事例も見られ、

『何が起こっているか、分からない』とSNS投稿する人物もいます。

 

 

彼は、

 

 

『仮想通貨』は『デジタル・ゴールド』としては価格変動が大きく、

保有資産の『適切な保管場所』には該当しないとの見解を述べます。

 

 

また、

 

 

『伝統的資産(投資対象)』の価格変動との相関性に乏しく、

その点においても、取引に『デメリット』がつきまとうとも。

 

 

更に、

 

 

このまま『決済手段』としての地位が拡大すると、皮肉なことに、

『法定通貨』と競合して、各国政府の規制を受けることになると。

 

 

確かに、そう言われれば、それも一理有りますね。

 

 

『取引価格高騰』を続ける『暗号資産(仮想通貨)』ですが、

将来的な見解は、まだまだ『二分』されているのが現実です。

 

 

個人的には、

 

 

『通貨』として、その『地位』がしっかりと確立してから、

保有資産の『一部』を振分ける程度で良いと考えています。

 

 

私たちは、『人生』を懸けて『ギャンブル』している訳ではありませんから。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■11/21(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■11/21(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■11/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile