自国通貨建の債券発行は、【錬金術】となり得るのか??

今日のテーマは、『自国通貨建の債券発行は、【錬金術】となり得るのか??』です。

 

 

先日から『投資の時代』を予感させる記事を書いています。

 

 

大前提として、『資産形成(投資)』の世界において、

『絶対(100%)』というものは、存在し得ません。

 

 

世の中には、

 

 

『私は、絶対に市場を出し抜ける!』と豪語する方もいますが、

私自身、彼ら・彼女らのことを『ペテン師』として見ています。

 

 

さらに、

 

 

そういった方々に対する、奇妙な共通点2ポイントは、

1つが、キャピタル思考で短期トレードを選択する事。

 

 

そして、

 

 

短期的に、市場に存在している『歪』を抜くにも関わらず、

その方法を、ご丁寧にも、他人に教えると言っていること。

 

 

この両方が成立するならば、まさに『矛盾』。

 

 

この言葉が生まれた、原作ストーリーそのままの話が、

韓非子から2000年超の時代を経て、展開されます。

 

 

逸れてしまったので、話を戻します。

 

 

資産形成(投資)の世界に『絶対』は存在しませんが、

中長期の経済成長では、比較的『堅く』予測は出来る。

 

 

実際、

 

 

私自身、2008年、世界の金融市場がメルトダウンした際、

市場で投げ売りされていた有価証券を、必死に仕込みました。

 

 

その後、

 

 

想像以上の『異次元金融緩和』により、世界経済は復活しますが、

その際、投げ売りされていた『投資対象』は一貫して『爆上げ』。

 

 

繰り返しますが、

 

 

資産形成(投資)に『絶対』は、決して存在しませんが、

『100%』に近い可能性が存在する事も『真実』です。

 

 

ご理解されている方々も、いらっしゃると思います。

 

 

『2008年』と、まったく同じ状況・投資環境が、

既に、昨年(2020年)からスタートしています。

 

 

『絶対』ではないです。

 

 

ただ、可能性は『限りなく高い』と考えます。

 

 

多くの著名投資家も、オフィシャルに指摘されていますが、

世界各国が連携した『異次元金融緩和』の賜物と言えます。

 

 

しかし、

 

 

短期的視点で見れば、『投資家』にも有利に働くこの状況が、

中長期視点では、手放しで喜べない事態に突入してきました。

 

 

先日、報道をキャッチされた方もいますよね??

 

 

『世界の累計債務残高:約3京円』

 

 

もう、『兆』という単位すら、超越したんですね(笑)

 

 

IIF(国際金融協会)公表によると、2020年末時点、

世界債務残高は、過去最高『281兆5000億ドル』。

 

 

現行レートとして、日本円換算『3京円』に肉薄します。

 

 

一昨年(2019年)末と比較して、実に、2020年だけで、

『約10%』もの公的債務積み上げを経験したことになります。

 

 

これを受けて、

 

 

世界全体として、GDP(国内総生産)総和と比較した時、

その債務比率は『355%』まで急激に上昇しています。

 

 

世界全体としても、『返済可能』の基準値を超えています。

 

 

因みに、

 

 

上記累積債務のうち、先進諸国が『200兆ドル』超を占め、

経済規模の小さな途上国諸国は、全体で『77兆ドル』ほど。

 

 

更に、

 

 

IIF(国際金融協会)は、『2021年』の債務増加ペースは、

2020年を上回ると予想しており、事態はより悪化します。

 

 

『(暫くの間)債務水準が安定化する兆しはほとんどない。』

 

 

こIIFのコメントに、事態の『深刻さ』が滲み出ていますね。

 

 

直近、

 

 

大々的にメディアも取り上げる『ワクチン』動向如何では、

経済循環鈍化が響き、更なる債務膨張も視野に入って来る。

 

 

私自身、まったく解決策が予想できずにいます。

 

 

にも関わらず、

 

 

『新型ウイルス』出現以前から、世界では、

まことしやかに囁かれる『説』があります。

 

 

それが、タイトルに採用したフレーズです。

 

 

『自国通貨建:債権』は、デフォルト(債務不履行)リスクが存在しない。

 

 

本当に、そんなことが成立するのでしょうか??

 

 

遡ること約20年、

 

 

2002年5月23日には、日本国・財務省、御自ら、

米国・某格付け機関に対し『意見書』提出しています。

 

 

その内容(意訳)は、

 

 

『先進諸国の自国通貨建て国債のデフォルトなど、考えられない。

 果たして、デフォルトとは、如何なる事態を想定するのか??』

 

 

もしも、

 

 

この主張が正しければ、どれだけ『債務』を積み上げようとも、

国家財政は『健全化』を維持したまま、未来永劫、継続します。

 

 

前半で、

 

 

世界的な『累積債務急騰』の話を展開しましたが、その大部分、

先進諸国が抱える『200兆ドル』は、問題がないことになる。

 

 

一応、

 

 

政府発行の債権(国債)を、中央銀行が、直接買い取りする、

『財政ファイナンス』は、財政法が指摘する『禁じ手』です。

 

 

しかし、

 

 

それさえ順守すれば、この理論は、現実世界に成立するのでしょうか??

 

 

私見では、

 

 

それが成立しないことは、既に、歴史が証明していると考えており、

ことある毎『通貨交換スキーム』で乗り切った江戸時代が象徴です。

 

 

そもそも、

 

 

『自国通貨建:債権』の錬金術が成立する時の『前提条件』は、

自国通貨『日本円』と『日本国債』の信用力の維持と言えます。

 

 

この辺り、

 

 

流動的な『信用リスク』の変化が、一瞬で起こることも事実で、

過去にも、同様の事例を挙げれば、枚挙にいとまがありません。

 

 

仮に、

 

 

もしも、その理論が、現実世界でも通用するのであれば、

即刻、国民への『税金徴収』も廃止して頂きたいですね。

 

 

何せ、前述の『錬金術:無限ファイナンス』では、

国家運営費は、幾らでも融通できるはずですから。

 

 

『幻想』のようなファイナンス理論に期待するのではなく、

『現実』を直視してリスクを見極るのは、とても重要です。

 

 

そして、『リスク』を見極めたら、『行動』を起こすことも忘れないでください。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile