『里山資本主義』というスタンダード★

今日はテーマは『里山資本主義というスタンダード』です★

今日は今からセミナー講師をするので、

ちょっとだけになります(^_^)

最近、知り合いの方に教えて頂いた本で、

『里山資本主義』という本があります。

Amazonでポンポンと買い物カートに放り込んでたら、

見つけたのでさっそく読んでみました。

すると、驚くべきことが!

『里山資本主義』の舞台の主な1つ。

岡山県真庭市。

僕のおかんの実家です!

このblogに何度も登場してくる祖父母の家がそれです。

僕は、この本に書かれてることは経験的に知ってます(笑)

なので、自分の中では『普通のこと』。

書かれている主なことは、

・地域内で経済をまわすこと。

・今、自分達が持ってるものを使うこと。

・お金を介在させない経済も築くこと。

・エネルギーも自給を考えること。

などです。

最近でも、『勘』の良い人達の中で、気付いてきた人も増えてます。

今後そう遠くない未来に、

『里山資本主義』は1つのスタンダードになりそうです。

『マネー資本主義』をまったく無視するのではありません。

とても勉強になる本なので、また読んでみてください(^_^)

64

13 件のコメント