無尽蔵に【保有資産】を増やすことは、果たして【幸福】に繋がるか??

今日のテーマは、『無尽蔵に保有資産を増やすことは、果たして幸福に繋がるか??』です。

 

 

一般の方々、

 

 

特に、これから『資産形成』に取り組む方々の大半が、

共通して『勘違い』してしまっているワナがあります。

 

 

それは、

 

 

『保有資産』を殖やすことが出来れば、出来るほどに、

自分自身の『幸福度』も、比例して増大するという事。

 

 

読者の皆さんも、そう考えてしまっていませんか??

 

 

確かに、

 

 

経済的観点で『豊かである事』と『そうでない事』と、

両者を比較した時、私も前者であることを奨励します。

 

 

単純に、

 

 

『お金』を持つことで、回避できる苦痛は数多くあり、

保有資産を増やすことで、緩和されるストレスもある。

 

 

しかし、

 

 

『人生』とは、それだけで単純に解決するものでなく、

『お金』がある事で、新たに浮上する問題もあります。

 

 

例えば、

 

 

周りの人たちに『お金持ち』と認識されている方々は、

『お金を貸してくれ』と言われる経験が100%です。

 

 

これが、

 

 

縁も縁もない、関係性の希薄な人間なら良いのですが、

親族や、親しい友人等、関係性の近い人なら困ります。

 

 

私自身、

 

 

本業を『お金の専門家』とする為、絶対貸しませんが、

頭で理解していても、精神ストレスは相当なものです。

 

 

『お金』を持たなければ、味わう必要のないストレス。

 

 

1つの事例だけ見ても、ご納得いただけると思います。

 

 

先日、

 

 

富裕層向け(?)資産形成の募集を募っている広告で、

次の『キャッチコピー』を目にする機会がありました。

 

 

『保有資産1億円の方々を、30億円に増やします!』

 

 

そもそも、

 

 

『富裕層向け』資産形成が公募の時点で怪しいですが、

話が展開しなくなるので、一旦、スルーして進めます。

 

 

確かに、

 

 

純資産『1億円超』を持つ方々は世間的にも少数派で、

経済的に、困窮しているレベルとは言わないでしょう。

 

 

2022年現在、

 

 

4年制大学を卒業して、上場大企業に就職できた場合、

勤め上げできた際の生涯年収は『3億円』程ですよね。

 

 

実際には、

 

 

税金・社会保険料が徴収される為、可処分所得は減り、

『2.5億円』ほどが受け取れれば、御の字でしょうか。

 

 

その中で、

 

 

融資を受けた不動産購入等を除き、純粋な資産として、

金融資産『1億円』を突破することは、至難の技です。

 

 

恐らく、

 

 

前述した広告のメイン・ターゲットは、会社員でなく、

経営者・事業家、医師等の職業の方々だと推測します。

 

 

そして、

 

 

一歩踏み込んで考えるなら、上記広告に反応するのは、

保有資産が『1億円』ギリギリか、若干、未達の方々。

 

 

つまり、

 

 

『保有資産が増えること』に対する苦労・ストレスを、

未だ、理解できていない方々が大半と想像するのです。

 

 

演習問題としては最適で、少しだけ考えてみましょう。

 

 

先ほど、目標資産を『30億円』とご紹介しましたが、

4年制大卒・大企業勤務の生涯年収『10人分』です。

 

 

実際には、

 

 

基準となる会社員の生涯年収は、少ない金額になる為、

14、15人分といったところに落ち着くでしょうか。

 

 

この時点で、地に足がついた感覚を持っている方々は、

言葉にはできない『違和感』を持たれると想像します。

 

 

冒頭、

 

 

『小金を持つ』レベルの方々の苦労を紹介しましたが、

保有資産『30億円』クラスでは、比較になりません。

 

 

以前、

 

 

『お金=エネルギー』という話も、ご紹介しましたが、

自らに扱う器がなければ、翻弄されてしまうでしょう。

 

 

想像してみてください。

 

 

もし仮に、本当に純資産として『30億円』を持てば、

どのような人物も、少なからず『脇が』甘くなります。

 

 

その結果、

 

 

周囲の人間(もちろん関係性の低い人間も含めて)に、

自らが『十分過ぎるお金』を保有するとバレてしまう。

 

 

そうなれば、

 

 

人間性の善し悪しに関係なく、様々な人間が寄り付き、

あなたの『お金』をターゲットにする人間が出て来る。

 

 

古今東西、人類の有史以来、例外の存在なき真理です。

 

 

幼少期、

 

 

父親から、様々な『教え』を受けたフレーズの1つに、

『成功してから近付く人間を信用しない』があります。

 

 

もちろん、

 

 

当時(子供のころ)は、真意を理解しませんでしたが、

40歳が射程圏に入れる今、本当に重要だと感じます。

 

 

もう一つ別の事例では、

 

 

日本一の実業家・斎藤一人さんは、お金を持つ人物は、

同時に、社会的に賢くなる必要性を解かれていますね。

 

 

要は、

 

 

『人間』を見抜く能力について言及されているのです。

 

 

それだけ、ストレス(面倒くさいこと)も増えるから。

 

 

様々な、

 

 

著名経済学者が示すとおり、経済的基盤・保有資産は、

閾値を超えれば、幸福度は『頭打ち状態』に入ります。

 

 

前述した『30億円』の保有資産は、一般の感覚では、

正直、一生涯かかっても使い切ることなど出来ません。

 

 

そうなると、

 

 

その目標値(30億円)を目指すことの理由に加えて、

待ち受ける『ストレス』に耐え得る覚悟も必要になる。

 

 

をのことを、きちんと理解しているのでしょうか??

 

 

決して、『お金』は無尽蔵にあれば良いものではない。

 

 

自らの器と、節度を理解して付き合う事は不可欠です。

 

 

自らは勿論、クライアントさんのそれと日々向き合い、

真理を痛感しながら、『お金』という対象を扱います。

 

 

読者の皆さんも、『目標地点』を確認してみて下さい。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile