新約聖書【マタイの福音書】を体現する時代に突入しました。

今日のテーマは、『新約聖書:マタイの福音書を体現する時代に突入しました』です。

 

 

冒頭、1つの質問から入ります。

 

 

タイトルにある『マタイの福音書』をご存知ですか??

 

 

予めお断りしておくと、私自身は『無宗教』です(笑)

 

 

しかし、それぞれの『信仰』は否定していません。

 

 

また、

 

 

現代自然科学の発達から、『不確定性原理』が証明されて、

『神(完全なるもの)』が存在しないことは知っています。

 

 

ただ、

 

 

それを理解している前提においても、『無神論者』ではなく、

『神様』が存在する方がロマンチックだと考えています(笑)

 

 

かと言って、がっつり、何かの流派に心酔している訳でもない。

 

 

要は、

 

 

ある程度の『適切な距離』を保ちながら、人智を超える存在、

『信仰』にお付き合いしているスタンスが伝われば幸いです。

 

 

そして、『本題』に戻ります(笑)

 

 

新約聖書『マタイの福音書』の中には、名言が多数出てきます。

 

 

本日、

 

 

公式ブログで取り上げたいと考えているフレーズは、

資産形成(投資)にも非常に精通しているものです。

 

 

有名なフレーズなので、皆さん、聞いたことありますよね??

 

 

『富めるものは益々富み、貧しいものは益々取り上げられる』

 

 

恐らく、

 

 

原典は『資産形成(投資)』を言及したものではないですが、

人生の凡ゆる物事について、共通する『真理』だと考えます。

 

 

そして、今の時代をそのまま投影しています。

 

 

ちょうど1年前、

 

 

突如、中国・武漢発とされる『新型ウイルス』の出現によって、

日本だけでなく、世界中の人類の生活スタイルが一変しました。

 

 

また、

 

 

『人の流動性』と『経済循環』が密接に連動することから、

『株式市場』も、大きな影響を受けることになりましたね。

 

 

2008年、

 

 

米国・サブプライムが『未曾有の経済危機』と表現されましたが、

機序は異なるものの、それに匹敵する『経済危機』が発生します。

 

 

この時、

 

 

2008年の『痛み』を忘れてなかった世界各国は過剰反応し、

先進諸国を中心に連携して、『異次元金融緩和』を敢行します。

 

 

それにより、

 

 

『既存貨幣』の価値は、更に、薄まる速度が増したのですが、

幸いにも『金融メルトダウン』は阻止することが出来ました。

 

 

そして、

 

 

『1年』という時を経て到達した『2021年』は、

『マタイの福音書』通りの世界が展開されています。

 

 

果たして、あなたは『どちらサイド』に所属しているでしょう??

 

 

世界的に著名な投資家、レイ・ダリオ氏は、中国開催のフォーラムで、

2021年現在『株式こそが、より良い投資先だ』と発言しています。

 

 

コロナ前から、市場空前の『超低金利』が世界を席巻する中、

保有資産を増大させる為の選択肢は、『株式投資』だけだと。

 

 

この状況下では、『債権投資』の旨みもほとんど無いですし、

『現金保有』という手段は、凡ゆる状況下で『負けゲーム』。

 

 

その事実は、改めて『直近1年間』で証明されました。

 

 

また、

 

 

ブルームバーグの独自調査では、世界の金持ちトップ500人の、

合計保有資産は、昨年1年間だけで『1兆8000億ドル』増加。

 

 

総額でも『7兆6000億ドル』を突破したと言われており、

日本円換算『800兆円』を超える異次元領域に突入します。

 

 

その反面、

 

 

米国内には、今尚、1000万人規模の失業者が存在しており、

この現象は、文字通り『K字型の回復』と形容されていますね。

 

 

更に、

 

 

バンク・オブ・アメリカの富裕層顧客の口座残高は今年も好調で、

第一四半期(1月ー3月期)だけで『31%』上昇を記録します。

 

 

同時期、

 

 

『富裕層』の対象顧客は、僅か3ヶ月間で『7000』増加し、

保有資産総額も『3.5兆米ドル(約380兆円)』に達すると。

 

 

この傾向は、他の世界的金融機関でも同様です。

 

 

先日、

 

 

ご紹介した『アルケゴス問題』等の類似課題も孕み続けますが、

特殊取引でなければ、概論として資産形成(投資)は正解です。

 

 

それを象徴するように、『住宅市場』も活況を呈してきました。

 

 

海外諸国では、

 

 

次なる『ロックダウン』に備える形で、富裕層が積極的に、

『高級住宅』を新調するケースが、増加しているのだとか。

 

 

実際、

 

 

米国屈指の高級住宅街として知られるコネティカット州では、

プール付き住宅の購入割合が、全体の『35%』まで達して、

前年同時期と比較して『10%』近くの上昇を見せています。

 

 

また、

 

 

オーストラリアは、より規模感が大きく、テニスコート付き住宅が、

『無い』場合の住宅に比べて『22%』も購入されているのだとか。

 

 

更に、

 

 

前回『サブプライム』の震源地となった米国・不動産市場も活況で、

供給が細る中、売り出しから数日内の『即時完売』状態がつづくと。

 

 

完全に、世界経済が『二極化』してしまっていますね。

 

 

これは、『日本国内』においても同じことと考えます。

 

 

『新型ウイルス』の出現により顕在化されましたが、

本当は、それよりも『ずっと前の時代』からある話。

 

 

『資産形成(投資)』しない人間は、完全なる『負けゲーム』を展開する。

 

 

あなたは、どちらのスタンスで生きていくでしょうか??

 

 

気付かれた方から、『具体的行動』を起こすことをお勧めします。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■4/23(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

2 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・独立系FP事務所【井上耕太事務所】代表。
    ・1984年4月21日生まれ。岡山県津山市出身。
    ・2008年 国立大学法人【神戸大学】卒業。

    【保有資格】
    ・CFP®(国際ライセンス:認可番号 J-90244311)
    ・1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格:認可番号 第F11421005598号)

    【活動実績】
    ・個人面談【人生を変えるお金のセッション】受講者は400組を超えており(*2022年4月時点)、活動拠点・大阪のみならず、全国から面談依頼が舞い込む。

    【クライアント】
    ・経営者、医療従事者(医師、看護師、薬剤師 etc.)、会社員(上場企業勤務、若しくは、年収500万円以上)

    【活動理念】
    ・自らの情報提供・プラン提案により、クライアントさんの【経済的自由】実現を初志貫徹でサポートする。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    https://michiamokota0421.com/profile