あなたは、【日本円:一括投資】が抱えるリスクに気付いてますか??

今日のテーマは、『あなたは、日本円:一括投資が抱えるリスクに気付いてますか??』です。

 

 

直近、

 

 

『日本円』という資産の相対的実力が低下しています。

 

 

最も分かり易いのは、

 

 

今月に入り基軸通貨(米ドル)に対する為替レートが、

約5年ぶりに『1ドル=116円台』に突入したこと。

 

 

日常的に、

 

 

外貨取引をしていたり、外貨資産を保有している方は、

恐らく、この辺りには敏感に反応していると思います。

 

 

更に踏み込むと、

 

 

BIS(国際決済銀行)が公表の実質実効為替レートは、

1972年以来、過去最低水準の『67.55』を記録。

 

 

約10年前、

 

 

金融危機直後の2010年が『100』前後ですから、

当時と比較して、3割強の価値が引き飛んだ計算です。

 

 

言葉の説明を補足すると、

 

 

実質実効為替レートは、各国間の貿易量等に基づいて、

各国法定通貨の実質的な価値を計算して算出するもの。

 

 

より正確には、

 

 

その後、『物価変動』という要因も考慮に入れる事で、

調整された数値を導き出し、最終的に比較しています。

 

 

過去、

 

 

最も『日本円』の価値が高まっていたのは1995年、

『1米ドル=70円台』を記録していた、超円高時代。

 

 

余談ですが、

 

 

先日の公式ブログで、私が、日本国内に大戦後で唯一、

『デフレーション』が起こっていたと指摘した頃です。

 

 

この時(1995年当時)、

 

 

実質実行為替レートは『150』という数値を記録し、

『日本円』の購買能力は、2022年現在の2倍です。

 

 

仮に、

 

 

この期間、『日本円』として保有資産倍増を達成しても、

単純な数字は2倍でも、実質的な価値はトントンに帰結。

 

 

以前から、

 

 

投機目的の暗号資産(仮想通貨)保有には否定的ですが、

法定通貨でも、途上国通貨に出資しない理由に全く同じ。

 

 

それが、『日本円』において起こっている事になります。

 

 

因みに、

 

 

基軸通貨『米ドル』が、実質的な金本位制度を廃止した、

ニクソン・ショックが起こったのが『1971年』です。

 

 

ぞれ以前、

 

 

世界主要国の法定通貨が『固定レート』を維持した時代、

実質実行為替など、殆ど考える必要はありませんでした。

 

 

しかし、

 

 

歴史的転換点(ニクソン・ショック)の移行期間を経て、

1973年には、『日本円』も変動相場へと突入します。

 

 

今回、

 

 

2022年1月度の数値として現れた『67.55』とは、

前述の移行期間中、1972年以来の過去最低水準です。

 

 

奇しくも、半世紀(50年)ぶりの事象となっています。

 

 

それほど、歴史的に『日本円』の価値が弱まっている事。

 

 

別件、

 

 

先日、日本銀行は『指し値オペ』実施を公表しましたが、

日本の経済指標は、何かとマスキングされ易い環境です。

 

 

『公開市場操作』と呼ばれる手法で、金利上昇を抑制し、

10年債を対象とした『無制限に買い入れ』を指します。

 

 

確かに、

 

 

市場に大きなインパクトを与えることは避けられますが、

その分、『リスク』の実態を見誤る恐れも抱えています。

 

 

消炎鎮痛剤で、強制的に発熱を抑制することと同義です。

 

 

気付いた時には『致命傷』になる可能性とご理解下さい。

 

 

巷では、

 

 

石油価格の上昇に目を奪われて、本質が見失われますが、

歴史的な『日本円』の価値下落は、最重要イベントです。

 

 

以前からお伝えする通り、

 

 

『勝者の戦略』とは、リスク・ヘッジを前提としており、

一発逆転狙いではなく『負けないこと』を最優先します。

 

 

それぞれが、『負けない戦略』を考えることが大切です。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile