★ビジネスblog:『レスポンス』を間違っていないか??

ビジネスblogを更新します(^_^)★

昨日のビジネスblogでは、
『セールス=知らせること』という話をしました。

『セールス=売り込み』と勘違いされている方は、
『セールス』と聞くと『自分自身が』拒絶反応を示してしまいます。

この勘違いが解かれてないので、

『ビジネスにおいて、最も大切なのはセールスだ!』

と聞くと、『自分には無理だ』と思って諦めてしまう。

でも、『セールス=知らせること』と考え方を変えたら、
気持ちも『ふっ』と楽になってきませんか(^_^)??

・自分の肩書き。

・提供出来るサービス、商品。

・どこでやってるのか?

・値段はいくらか?

・どうやったらアプローチ出来るか?

・アフターフォローはどうか?

などなど。

そういった基本的なことをお伝えするだけで、
『セールス』としての第一段階はOKです(^_^)★

経験を積んでくると、
相手が欲しがっているタイミングなんかも、
敏感に察知できるようになります。

が、

それは『天性の才能』か『経験値』のどちらかが必要。

だから、今まで『セールス』をやったことない人は、
自分の周りの方々に、愚直に知らせることからスタートしてください。

まず、具体的な『行動』をスタートしないことには、
次のステップなんて行けるはずがありません。

千里の道も一歩から★

ぜひ、この機会にスタートしてみてください。

今日の本題はここからです(^_^)

それで、スタートしたはいいけど、
多くの方々は、すぐに『セールス』を辞めてしまいます。

それには様々な理由があるでしょうが、
最も大きい理由は、次のことが挙げられると思います。

『レスポンス:反応』に対して、間違った解釈をしている。

例えば、あなたが何かを発信した時、
また、身近な人をお誘いした時、
『断られて』しまったら、あなたはどんな反応をしますか??

きっと、『嫌な想いをされたんじゃないかな?』
なんて思ってるんじゃないかな(^_^)??

もっと過剰に反応してしまう人の場合、
『自分自身を否定されてしまった!』なんて考える人も(笑)

この反応が、解釈を間違ってるんです。

『断られること』

これに対するレスポンスを正しくすることが、
今後も『セールス』を続けていく上で最重要。

いいですか(^_^)??

相手が『断った』ということの、
正しい『レスポンス』をご紹介しますよ。

・『今は』それに興味がない。

・『伝え方』がまずくて、うまく伝わらなかった。

・『今は』それより優先事項がある。

・その日、本当に先約が入っている。

などなど。

実際、僕はセミナーのご案内をしていて、
全くレスポンスが無かった方々から、
突然ご連絡を頂くことが多々有ります。

全く反応が無かった方々なので、
一般的には『迷惑だったんじゃないかな?』なんて思いがち。

でも、その方々の共通した反応は、
『いつも気に掛けて頂いて有難うございます!』なのです。

ね、心配と全然違うでしょ(^_^)??笑

上記に挙げた事は、コントロールすることは出来ません。
どこまでいっても、相手方の都合だからです。

でも、自分たちが出来ることはありますよね。

・適切な距離を保ちながら、アプローチを続ける。

・相手に伝わる、プレゼン技術を磨く。

・相手の都合も考えて、取りやすいトスを投げる。

・敢えて、『スルー』しやすい発信をする。

これらは自分の努力でできる事。

『セールス』、ちょっと気が楽になりましたか??

コントロール可能な事に、
しっかり注意を向けて活動していきましょう(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile