『イッセイミヤケ内定取消』に想う、『一生安泰』は無いということ。

今日のテーマは、『イッセイミヤケ内定取消に想う、一生安泰は無いということ』です。

 

 

先日、就活市場を賑わせたニュースがあります。

 

 

『イッセイミヤケ、2021年入社予定学生の内定取消し』

 

 

日本を代表するアパレル・ブランド『イッセイミヤケ』が、

来春入社予定だった学生の内定を、一斉打切りしたのです。

 

 

一部、例外的に、専門性の高い職種の採用は残すようですが、

『販売員』が大半を占める入社予定者の内定は取り消します。

 

 

想像出来る通り、

 

 

今春、突如世界を襲った『コロナ危機』により、

直営店、百貨店が休業・営業自粛に追い込まれ、

現在では、売り上げ予測すら立たない状況に追い込まれていました。

 

 

また、

 

 

今後、アパレル業界の回復がいつ訪れるか分からない事から、

再来年度(2022年度)の採用活動も、現状、行わないとします。

 

 

私自身、

 

 

大学新卒の就職活動を行ったのが15年前ですから、

その時の感覚は、年々、記憶から薄れつつあります。

 

 

ただ、

 

 

この時期の『内定取消し』は、当事者には切実なことのようで、

該当者から『もっと早く通知して欲しかった』との声も多いのだとか。

 

 

実際、

 

 

来春(2021年4月)入社募集については、

既に打ち切っている企業もあるでしょうから、

この時期からの就活再開は、選択肢が狭まります。

 

 

そう考えると、

 

 

不幸にも、今回『被災』された方々はとても気の毒で、

1つ、人生の『方向性』すら変えてしまうイベントになります。

 

 

もしも、

 

 

自身がこのタイミングで就職活動していて、

今回の騒動に巻き込まれてしまっていたら、

確実に、ショックを受けると思います。

 

 

しかし、

 

 

仮に、予定通り、来春入社することが出来ていても、

実は、何ら『リスク』は変わらなかったとも考えられるのです。

 

 

私自身、

 

 

学生時代、3年間を某アパレル・ブランドで働いた経験を持ちますが、

業界所属の方は分かる通り、アパレル界は完全なる『斜陽産業』です。

 

 

事実、

 

 

私が、大学時代に所属した大手アパレル・ブランドは、

在籍当時、年商2000億円超を誇る大企業でしたが、

先ほど調べたら、現在の売上高は『4分の1』程です。

 

 

確かに、

 

 

『流行り・廃り』という観点もあるでしょうが、

日本人の『平均年収』が減少の一途を辿る現状、

業界全体の『パイ』が縮小していると考える方が自然です。

 

 

また、

 

 

そのような動向は、同業他社にも、顕著に現れはじめていて、

三陽商会、東京・銀座の旗艦展ビル売却報道も出て来ました。

 

 

詳しい方はご存知ですが、

 

 

三陽商会は、長らく日本で『バーバリー』を販売していた会社で、

そのライセンス契約解消から、一気に、業績が低迷していました。

 

 

そこに、

 

 

今回の『コロナ危機』が直撃してしまったことから、

この『旗艦店ビル売却』の動きは、企業存続の為の、

手元資金確保を主目的としていると見られています。

 

 

30代後半以上の方々は、『時代の変遷』を感じられると思います。

 

 

しかし、

 

 

何も『アパレル業界』に限った話では決してなく、

過去の『繁栄産業』が、現代の『斜陽産業』に陥る事例は、多々あります。

 

 

その筆頭が、

 

 

直近数年間、報道各紙を賑わしている『金融機関』であり、

メガバンクを筆頭に、『(超)大量リストラ予備軍』を抱えています。

 

 

僅か15年程前には、

 

 

入社が決まれば、親族一堂から祝福されていた業界が、

今では一転、将来性を悲観される代表業種に成り果ててしまいました。

 

 

また、

 

 

私自身、20代を会社員として過ごした『製薬業界』も、

前述の『金融業界』に負けず・劣らずの『斜陽傾向』を見せます。

 

 

しかし、

 

 

『製薬業界』が、他業界と『斜陽傾向』として異なるポイントは、

『企業』自体の売上高は、今後も維持されると考えられるものの、

その独立事象して、『雇用環境』が斜陽傾向にあるという点です。

 

 

過去に在籍した経験がある為か、FPとして独立してからも、

『医療業界』に所属するクライアントさんは、多くいます。

 

 

その方々から、

 

 

常に、業界の動向は情報として入って来るのですが、

『新型ウイルス』の感染拡大リスクが高まった時期、

当然、営業職の医療機関訪問はストップしたのだとか。

 

 

しかし、

 

 

医薬品自体、多少の経済変動では打ち切られませんから、

各製薬企業ごとの売上は、そこまで大きく落ちなかった。

 

 

そこで、

 

 

元々、『高コスト体質』として疑問視されていた営業職が、

『アイツら、ほんまに要るんか??』と考えられるようになりました。

 

 

13年前、

 

 

私が入社した当時は、『絶頂期』の勢いこそ衰えていたものの、

未だ、日本国内としては『バブリー感』が溢れていた業界です。

 

 

その辺り、

 

 

世の女性陣も、目敏くリサーチはされているようで、

合コン等のお誘いは、本当に、溢れ返っていたと記憶します。

 

 

それが、今や、『斜陽産業』の筆頭に名を連ねるのが実情です。

 

 

少し振り話になりますが、

 

 

今の子供たちに、『将来、なりたい職業』を質問すると、

『YouTuber』との回答がトップを記録するようですね。

 

 

しかし、

 

 

皆さんも、容易に想像がつく通り、その『繁栄産業』は、

5年後には存在しているかどうかすら、相当怪しいです。

 

 

直近数十年間、

 

 

戦後の高度経済成長期から、バブル崩壊を迎える時期まで、

日本に存在した『常識』は、決して『常識』ではありません。

 

 

この世の何処にも、『一生安泰』は存在しない。

 

 

そのことをしっかりと認識して、人生を歩む必要がありそうです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■7/25(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

 

■7/29(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*この時期限定のご対応です。)

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■7/25(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

 

■7/29(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile