『クジラ』は、再び動き出すのだろうか??

今日のテーマは、『クジラは、再び動き出すのだろうか??』です。

 

 

このタイトルを聞いて、皆さんは『ピン!』と来るものがありますか??

 

 

公式ブログのコア読者の方々はお分かり頂いていると思いますが、

私は『水棲哺乳類』を研究する学者ではないので、『鯨』の事を言いたい訳ではありません。

 

 

その点、断らずともご理解頂いてますよね(笑)

 

 

それでは、何の話がしたいと思っているのか??

 

 

『GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)』

 

 

金融関係者で『クジラ』という単語を用いる時は、

殆どの場合、世界最大規模の機関投資家である、上記対象を指します。

 

 

金融に明るい方はご存知でしょうが、

 

 

現在、長期的に『堅調』な動きを続ける日本市場において、

『アベノミクス成功』が成立し得たのは、『クジラ』の市場介入があったからです。

 

 

日本国民の『年金資産』を運用する同ファンドは、

2018年第二四半期時点で、運用総額『165兆円』を誇る超巨大ファンドです。

 

 

ここまで『体(運用資産総額)』が大きくなると、

自身の『動き』が、市場に対して直接的に『影響』を与えるのもご理解頂けますよね。

 

 

『体(運用資産総額)』の小さな個人投資家レベルであれば、

自身の『動き』は、市場の大きな流れに相殺されて、全く意味を成しません。

 

 

しかし、

 

 

『体(運用資産総額)』が大きくなるほど、一挙手一投足も力が増しますから、

『GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)』が動く時、市場の潮流にも変化を与えます。

 

 

事実、

 

 

それが最も顕著だったのが『2014年10月』からの一定期間で、

『クジラ』は自らの『保有資産シェア』を大きく変更し、

『債券』を解消して、その資金を『株式』へと流入させて来ました。

 

 

具体的には、

 

 

従来の『国内債券比率:60%』から『25%』まで減少させ、

反対に、『株式保有(国内):12%』を『25%』へと倍増させたのです。

 

 

この為、

 

 

『日経平均株価』は短期間のうちにぐんぐん上昇し、

民主党政権下の『株価低迷期』を、一気に『過去のもの』へと吹き飛ばしてしまいました。

 

 

併せて、

 

 

日銀と協力して『金融緩和』も継続していたのですが、

例え『上げ底』をして実体が伴わなかったとしても、

一瞬『好景気感』を演出できたのは成果があったと言えます。

 

 

それで、

 

 

2014年の『保有資産シェア大変動』の時期から時間が経ち、

私も含めて、暫くの間、『クジラ』に対してノーマークになっていたと思うのです。

 

 

その証拠に、

 

 

先日の私の公式ブログ記事では、『米国市場』と『日本市場』の動きのズレを、

マーケットに存在する『パラメータ(変数)』の増加により結論付けています。

 

 

本当であれば、この時点で気付いておくべきでした。

 

 

『投資』『資産形成』に興味をお持ちの方は実感されるでしょうが、

最近、『米国市場』と『日本市場』の動きが、従来と異なる場面が散見されました。

 

 

具体的には、

 

 

夜のマーケットで『米国市場』が下げても、翌朝の『日本市場』は上がり、

反対に、『米国市場』が堅調さを取り戻しても、『日本市場』が下落する日が続いたのです。

 

 

今から考えれば、確かに、この動きはおかしい。

 

 

『クジラ』の影がちらつき始めたのは、先月30日、31日の事で、この両日、

『日経平均株価』は前日比それぞれ『307円高』『463円高』で取引を終えています。

 

 

『個人投資家』はもちろん、他のファンド・機関投資家でも

ここまで市場に対して『インパクト』を与える事が出来る人間はいません。

 

 

ただし、

 

 

この『波』を起こした犯人が『クジラ』だとすると、『信憑性』は高まります。

これが真実だとすると、『米国市場とのズレ』にも、一気に合点がいきますね。

 

 

『クジラ』の影が噂されるようになったのは、

 

 

1つは、これまで国債・株式・ETFを買い入れていた、

『日本銀行』という弾(購入原資)が切れ始めたことが理由です。

 

 

そして、

 

 

2つ目の理由は、今年相次いで『厚生年金基金』の解散が起こり、

『クジラ(GPIF)』本体の『短期資産』が、『14.5兆円』も積み上がってしまった事です。

 

 

その他、

 

 

『外国債券』『国内債券』といった資産まで含めると、

『無リスク資産』は、未だ、クジラ(GPIF)全体の『約50%』を占める事になります。

 

 

世界スタンダードで考えた場合、

 

 

最適な『年齢別アセットミクス』は、60代(個人)であっても、

『リスク資産:55%』『無リスク資産:45%』ですから、株式介入の余地は有ります。

 

 

若干『5%』と思われるかも知れませんが、

『クジラ』の体の大きさを考えると、その割合でもかなりの『影響力』はあるのです。

 

 

当然の話ですが、『日本市場の変動』というものは、時の政治家の『通知表』となります。

 

 

現政権が、『クジラ』に動きを発動させて、市場を買い支えることも十分考えられる。

 

 

暫く『マーク』を外してしまっていましたが、

ここから一定期間、『クジラ』の動きに注視しても良いかも知れません。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮11月22日(木)、大阪・梅田11月27日(火)に開催します。

 

 

■2018年11月22日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年11月27日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile