『スルガの暴走』の事例から、私たちが学ぶべき事。

今日のテーマは、『スルガの暴走の事例から、私たちが学ぶべき事』です。

 

 

昨日は、地元民から絶大なる信頼を寄せる地銀2社から、

8月明るみに出る事となった『不祥事』の2事例をご紹介しました。

 

 

その中でも名前が挙がりましたが、

『スルガ銀行』は、もっと世間を賑わすニュースを連発していますよね。

 

 

世間的には、お盆の長期休暇が終わって一週間ほどですが、

『スルガ銀行』の名前を見ない日は、かなり遡らないと無いのではないでしょうか。

 

 

静岡の第二地銀でありながら、何故、全国的にここまで名前の知れる存在になったか??

 

 

今回の『スマートデイズ社』関連の『不適切融資』で注目される前から、

私個人的には、かなり身近な存在に思える金融機関でした。

 

 

と言うのも、

 

 

私が開催する『交流会』で、以前、20名ほどのキャパで開催していた当時、

『スルガ銀行』にお勤めの方も参加された事があったからかも知れません。

 

 

その当時は、

 

 

その方も『高利貸しで悪名高いスルガ銀行です』と自虐的に自己紹介されていましたが、

今となっては、このフレーズも全く笑えない『ギャグ』になってしまいました。

 

 

ある時から、

 

 

『スルガ銀行』の名前が良くない方向で世間に知れ渡るようになると、

その方もお忙しくなったのか、めっきり顔を出されなくなりましたが、

『会社員』としても『企業』としても、かなり厳しい状況にある事は想像に難くありません。

 

 

今回の事例、

 

 

詳細をあまり理解されていない方々に対して、

簡単に状況整理させていただくと、次のような流れになります。

 

 

杜撰なビジネスモデルで都内に『シェアハウス』開発を進めていた企業が、

投資家に説明していた話とは異次元の状況で、倒産してしまった事が発端です。

 

 

その時、

 

 

その『詐欺投資話』にタッグを組んで、投資家への積極融資を進めていたのが、

今日、公式ブログで話題に挙げさせていただいている『スルガ銀行』です。

 

 

同行は、

 

 

前述の通り、静岡の第二地銀の立場ではありますが、

静岡銀行、横浜銀行に挟まれて、自身の『ポジショニング』を模索していた。

 

 

そこで目をつけたのが、

 

 

他行では『リスクが高い』として融資を受けられなかった方々に、

『独自基準』で審査を行い、融資を実行するという『活路』です。

 

 

*勿論、『独自基準』で審査したとしても信用リスクに問題ある事は変わりなく、

 以前、スルガ銀行職員が言っていたように『高利貸し』になるのは当然です。

 

 

ただし、

 

 

この『独自基準』というのは、つまりは組織で常態化した『改竄』で、

具体的には、審査対象者の『保有資産額』等を水増しして『不適切融資』を実行していた、と。

 

 

何故、そのような事をしたかと言うと、

 

 

そもそも、『スルガ銀行』内での営業マンに対する『ノルマ』が厳しかった事に加え、

同行は『融資額』に応じて、金額が直結する『賞与制度』を採用しており(*)、

その偏差は、年間で月給換算『4ヶ月分』から『12ヶ月分』まで幅があったようです。

 

 

(*現在は、この賞与制度も廃止されたようです。)

 

 

確かに、

 

 

(表向きで)『月給換算8ヶ月分』のボラティリティー(変動幅)がある場合、

銀行内の営業マン間でも『過当競争』が起こる心情はわからんでもないです。

 

 

『組織的改竄』が明るみに出た当時、

 

 

『スルガ銀行』全体としての総融資額『約3兆円』に対して、

『投資用不動産』関連での融資額は、3分の2の『約2兆円」に上ります。

 

 

さらに、

 

 

この『投資用不動産』関連融資の総額『約2兆円』のうち、

ほぼ半分の『1兆円規模』が、今回話題になっている『不適切融資』の対象でした。

 

 

なかなか、笑えないほど悪どいですよね(苦笑)

 

 

子供の頃から見てきた『水戸黄門』の登場人物、

『お代官様』と『越後屋』の実写版を地で行く金融機関と言えるかも知れません。

 

 

当然の話ですが、

 

 

今回の事例を受けて、金融庁は、同行に対して『一部業務停止命令』を検討しています。

 

 

また、

 

 

株式市場も敏感に反応しており、週明けから同行の株価は連日下落。

 

 

今日は久しぶりに落ち着いて取引を終えたものの、

8月22日は『ストップ安』で取引終了、翌23日も前日比『約10%』の下落を見せました。

 

 

この事例はまだまだ解決したわけではなく、

『第三者委員会』を置いて、原因究明、今後の再発防止が講じられています。

 

 

それで、

 

 

長々と事の経緯を説明してきて、今日の本題、『この事例から学ぶべき事』は次の通りです。

 

 

『金融機関(関係者)を、信用し過ぎない。』

 

 

どうしても、一般市民の方々、特に、地方に行くほど『人が良く』なり、

『金融機関(地銀)』と『その関係者』を信用し過ぎる傾向があります。

 

 

それは、明らかに間違っています。

 

 

その点、自身で事業をされている方々に認識は真逆で、

『晴れの日に傘を貸し、雨の日に取り上げる』が金融機関のイメージです。

 

 

私のメンターは、

 

 

金融機関(銀行、保険、証券)をまとめて『悪の枢軸』と呼んでいますが、

少し極端な事例にせよ、今回の事件はそれを明確に示した事案ではないでしょうか。

 

 

繰り返しになりますが、

 

 

『金融機関』を、あまり、頭から信用し過ぎてはいけません。

 

 

私自身、彼らから『融資』を受けた事はありませんし、

そのスタンスは、これから先も変わる事はないと考えます。

 

 

日本一の実業家・斎藤一人さんが提唱する、

『無借金経営こそ、経営の真髄』と言う考え方があるからです。

 

 

昨日の公式ブログでもお伝えさせて頂きましたが、

考え方・視点を『フラット』に保ち、『金融機関』ともお付き合いしていきたいものです。

 

 

『金融リテラシーを向上させ、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田は本日8月24日(金)、神戸・三ノ宮は8月27日(月)に開催致します。

 

 

■2018年8月24日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2018年8月27日(月)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile