【経済的困窮】は、国家も、個人も【選択肢】を限定する。

今日のテーマは、『経済的困窮は、国家も、個人も選択肢を限定する』です。

 

 

皆さんもお気付きの通り、

 

 

先月(3月)後半から、『良くない円安』が続きます。

 

 

もちろん、

 

 

紛争地域に匹敵する『苦しみ』などは存在しませんが、

経済的観点で、日本も大きなダメージを受けています。

 

 

公式ブログでも、

 

 

これまで、繰り返してきた事ですが、少なくとも年内、

『日本円』という通貨にポジティブ要因は見えません。

 

 

事実、

 

 

直近1ヶ月に限定しても、基軸通貨・米ドルに対して、

日本円は、『約1.4兆円』も売り越されているのです。

 

 

市場では、

 

 

今夏、対米ドル『130円』突破の公算も強まります。

 

 

当然の事ながら、

 

 

『錬金術』などは存在しないとされている現実世界で、

勝率高い(そう見える)ギャンブルが、今、あります。

 

 

恐らく、次のような素朴な疑問を持つ方もいますよね。

 

 

『何故、日本円はここまで弱いのか??』というもの。

 

 

実際、

 

 

様々な要因が絡み合い、現在の状況が顕在化しますが、

1つの理由は、日米両国の『金利差拡大』があります。

 

 

基本的に、

 

 

『政策金利』の異なる通貨が、同時に存在している時、

短期的視点では、『高金利通貨』の需要が高まります。

 

 

もちろん、

 

 

長期的視点では、この『歪み』も調整されるのですが、

タイムラグの一定期間『低金利通貨』は負けるのです。

 

 

そこで、

 

 

もう1つだけ踏み込むと、次の疑問も生まれて来ます。

 

 

『何故、日本国は、政策金利をあげられないのか??』

 

 

先日の記事中、

 

 

覇権国・米国を筆頭に、欧州はじめ主要先進諸国では、

2022年以降の『利上げ』が規定路線と書きました。

 

 

不思議ですよね。

 

 

『新型コロナ・ウイルス』に関連した騒動発生の起点、

その後の経過や、物価が上昇する状況は同じはずです。

 

 

にも関わらず、

 

 

海外諸国が『利上げ』へと舵取りしはじめている現状、

我らが『日本』だけが、逆行する政策を撮り続けます。

 

 

ここで、

 

 

海外諸国と足並みを揃えて『利上げ』が出来ないのは、

日本国が慢性的に抱えている『借金体質』が理由です。

 

 

コロナ前から、

 

 

『国家債務』の積み上げを前提に運営された日本国は、

現状、僅かな金利上昇も耐えられない状態に陥ります。

 

 

程度を測る上で、

 

 

債務の対GDP(国内総生産)比が古くからありますが、

日本のそれは、現時点『250%』を超える水準です。

 

 

一般に、

 

 

数値が『200%』を超えると、危機的状況と言われ、

約10年前、ギリシャは180%で実質破綻しました。

 

 

因みに、

 

 

欧州の優等生『ドイツ』や『フランス』は50%程度で、

米国(133%)や英国(108%)と比較しても突出。

 

 

数字で示されると、日本の『ヤバさ』が分かりますよね。

 

 

仮に、

 

 

日本政府が、政策金利の『1%利上げ』を実行したとき、

国債費(この場合は利払い)は『3.7兆円』増額します。

 

 

しかし、

 

 

悲しき哉、それ(3.7兆円)を捻出する余力などはなく、

覇権国・米国が掲げる『3%』水準は、夢のまた夢です。

 

 

『日本円』が直面している構造的円安は、解決しません。

 

 

国家も、個人も、その『財政状態』が健全ではなければ、

行動の『選択肢』は限りなく制限され、追い込まれます。

 

 

果たして、あなたの『財政状態』は健全でしょうか??

 

 

それは、あなたの『精神状態』にも直結すると考えます。

 

 

決して、人生において『お金』は全てだと思いませんが、

『無視できない存在』であることも、事実だと考えます。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile