『デフォルト(国家破綻)』後の世界を、多くの人が知らない。

今日のテーマは、『デフォルト(国家破綻)後の世界を、多くの人が知らない』です。

 

 

ある偉人は、次のように述べています。

 

 

人間が持つ能力の中で、最も優れているのは『忘却能力』。

 

 

確かに、

 

 

私たちは、この能力(忘却能力)を持っているお陰で、

日々、くよくよと悩むことなく、生きていけますよね。

 

 

例に漏れず、

 

 

私自身、客観評価でこの能力には長けていると感じており、

『嫌なこと』も、一晩眠れば、ほとんど忘れてしまいます。

 

 

例えば、

 

 

生きていれば、『生命危機』に関わる体験もあるでしょうが、

それを記憶し過ぎていては、『トラウマ』になり苦しみます。

 

 

そこで、

 

 

ある程度、『幸福感』を持って生きていくことが出来るよう、

神様(*)から与えられた能力が、『忘却力』なのでしょう。

 

 

*『神様』という言葉を使いましたが、私自身、無宗教です。

 

 

本当に、『偉大な能力』だと感謝しています。

 

 

しかし、

 

 

凡ゆる物事で『メリット・デメリット』が表裏一体であるように、

この能力の『有能さ』も、見方を変えれば『弱点』になり得ます。

 

 

少し考えれば分かりますが、

 

 

『忘却能力』が、あまりにも長け過ぎていると、

本人は、『幸福感』を感じる人生を送りますが、

社会生活や人間関係は、支障を来たすでしょう。

 

 

また、

 

 

もう1つの有効な能力である『学習能力』は欠如しますから、

忘却能力の優れた人物は、延々『同じ失敗』を繰り返します。

 

 

これが、

 

 

お笑い芸人でれば、『天丼』のやり取りとして楽しまれたり、

3歳程度の子供であれば、周囲から『可愛い』と言われます。

 

 

しかし、

 

 

20歳を超えた社会人に、連発されたら困ったもので、

その人物は、悪気なく『信用力』を失ってしまいます。

 

 

この辺り、『諸刃の剣』のような関係性ですね。

 

 

ただ、

 

 

『忘却能力』が、そこまで極端に優れていない場合でも、

私たちは、意識的にその存在を認識する必要があります。

 

 

何故なら、

 

 

私たちは、自らが想像する以上に『忘却能力』に長けており、

その結果、『学習能力』に欠如してしまう事が多いからです。

 

 

例えば、今回の『コロナ危機』。

 

 

これまで、

 

 

公式ブログでも、情報発信させていただいた通り、

この期間、多くの方々が減収・失職を経験されて、

そのリスクを『体験』として経験されました。

 

 

しかし、

 

 

少なくとも、12年前の『2008年』には、

米国不動産市場に起因する金融危機が起こり、

同レベルの『経済的落込み』を経験しているはずです。

 

 

今回同様、

 

 

2008年も減収・失職を経験された方々は大量発生しましたが、

果たして、その経験を有効活用して『学習』されたかは疑問です。

 

 

現時点、

 

 

『新型コロナ・ウイルス』を巡る騒動の結末は、

誰にも、イメージが出来ていないのが本音です。

 

 

ただ、

 

 

『第一波』が訪れた当初からは、緊張感は薄れつつあり、

どこかに、『過去の出来事』のような空気感があります。

 

 

恐らく、

 

 

今後、感染拡大の『第二波』が訪れた場合も『経済活動』は止めず、

ある程度、新規感染者・死者を抱えながら、社会は進むことになる。

 

 

そうなると、

 

 

『経済的ダメージ』は必要最低限に抑えられますが、

『忘却能力』も、順次、発動していく事になります。

 

 

そうなれば、『未来の危機』についても、

多くの人は『同じ失敗』を繰り返します。

 

 

私たちは、驚くほど『学習能力』を発揮できません。

 

 

先日もご紹介した通り、

 

 

今回の危機に対する『経済支援策』を積極展開した為に、

全国の自治体は『財政調整基金』を目減りさせています。

 

 

また、

 

 

『日本国』という母体自身も、今回の危機で債務を積み上げ、

今年度、来年度は、壊滅的な財政状況に陥ると予想されます。

 

 

元々、

 

 

日本は『対GDP比200%超』の借金を抱える債務大国ですから、

直近の流れを受けて『デフォルトリスク』はさらに高まりました。

 

 

しかし、

 

 

この状況にも関わらず、大半の日本国民は『準備』をしておらず、

『デフォルト(国家破綻)』後、どのようになるか理解していません。

 

 

繰り返しますが、完全に『学習能力』の欠如です。

 

 

確かに、私たちが生まれてから今まで、『日本国』は、

『デフォルト』を経験していないというのは事実です。

 

 

しかし、

 

 

同様の『危機』は何度か経験しており、

また、歴史を紐解けば、何が起こっていたかは分かります。

 

 

更に、

 

 

リアルタイムであっても、海外諸国に目を向ければ、

『デフォルト(国家破綻)』の惨状は、普通に理解できると考えます。

 

 

先日は、

 

 

南米・アルゼンチンが『テクニカル・デフォルト』に陥りました。

 

 

2010年代以降では、

 

 

『ジンバブエ』という国家のそれがインパクト最強ですが、

『ベネズエラ』『プエルトリコ(米国自治州)』も同様です。

 

 

1990年代には、

 

 

『アジア通貨危機』に端を発して、OECD加盟国入りし、

過去最高の経済成長を遂げていると思われていた韓国が、

外貨準備高不足により『デフォルト』しました。

 

 

その内情は、

 

 

昨年(2019年)末、細々と全国で上映展開されていた、

『国家が破綻する日』という映画で克明に描かれています。

 

 

金融・経済マニアの方々には、『垂涎もの』の作品です。

 

 

『デフォルト(国家破綻)』が起こった際、

その後の世界(該当国)は、どのような状況に陥るのか??

 

 

敢えて、この本文では書かないでおこうと思います。

 

 

ご自身の『学習能力』を発揮する為にも、

興味のある方は、是非、ご自身で調べてみてください。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile