『ピーターパン』にならない為には★

今日のテーマは『ピーターパンにならない為には』です(^_^)★

 

『ピーターパン』

 

大人になるのを嫌がり、

『ネバーランド』に留まり続ける『永遠の少年』の物語。

 

 

僕は、この単語を、

『口だけで終わってしまう人』にも重ねて使っています。

 

残念ながら、結構多いですよね(^_^)

 

これまで、公式サイトや書籍を通しても、

このことについての多くの記事を発信してきました。

 

20代前半から『将来、独立する!』と言っていたこともあり、

僕の周りには同じような人達が集まってきていました。

 

この時、

 

僕は彼らについても、

僕同様に『発言に責任を持つ』のが常識かと思っていた。

 

でも、

 

 

30代にも突入して、

実際に独立・起業している人間はそう多くありません。

 

いつの間にか、消えてしまっているのです。

それが、僕から言わせたら『ピーターパン』(^_^)

 

それで、

 

『実際にやる人』と『ピーターパン』と。

 

何が違うのか?

 

最近も実感する事例に日々であっています。

 

何やと思います??(笑)

皆さんは、『ピーターパン』になってないでしょうか??

 

少しだけ、考えてみましょう(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、『答え』を言いますね(^_^)

 

『実際にやる人』は、

『理想』と『現実』のギャップを、『行動』で埋めようとする。

 

対して、

 

『ピーターパン』は、

『理想』と『現実』のギャップを、『発言』で埋めようとする。

 

この違いなんです。

 

個人的には、『ハッタリ』は大切だと考えます。

 

『等身大でいい』なんて言う人もいますが、

旅人・高橋歩氏も言う通り、

 

『等身大なんかじゃ、全く成長しない』です。

 

だから、

独立・起業をしようとする人なんかは、

 

絶対に『ハッタリ』くらい叩けないといけない。

 

しかし!!!!

 

問題は、『この後』なんですよね(^_^)

 

 

『実際にやる人間』は、

この時『ハッタリ』叩いて生じたギャップを、

その後の『行動』で必死に埋めようとします!

 

『ハッタリ』が見破られる前に、

本当に『実力』をつけてギャップを埋める。

 

だから、

 

発言した段階では『ハッタリ』ですが、

相手が気づいた頃には『真実』になっています。

 

こうやって、1つ1つ『有言実行』していくんやね(^_^)

 

反対に、

 

『ピーターパン』は、

『ハッタリ』で生じたギャップを埋めようとしません。

 

だから、

 

叩いた『ハッタリ』と『現実』の間には、

永遠に『ギャップ』が生じていて埋まることは無い。

 

結果、

 

自身が成長することもないし、

『ハッタリ』を叩き続けることに陥ります。

 

こう見たら、『実際にやる人間』と『ピーターパン』と。

両者の違いがわかりやすいでしょ(^_^)??

 

いつも言うてますが、

大切なのは、その人自身が起こす『行動』です。

それこそが、唯一無二の『判断基準』です。

 

皆さん、どうでしたか??

 

自分は、どちらだったでしょう??

 

もし、『ピーターパン』で終わるのが嫌なら、

しっかり『行動』をしていかれることをお勧めします。

 

具体的に『行動』したい方は、

『井上耕太塾:起業編』に入塾ください(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile