『ベネズエラ』が直面している『泣きっ面に蜂』。

今日のテーマは、『ベネズエラが直面している泣きっ面に蜂』です。

 

 

今月(8月)も、やっと、後2日を切りましたね。

 

 

昨日の公式ブログでは、

『今月は、トピックスになる経済変動が多く起こった』という話をしました。

 

 

本当に、

 

 

日本では『お盆休み』もあり、長期の夏季休業を取られた方も多かったでしょうが、

海外諸国に目を向けると、『それどころではない!』という方々も沢山いました。

 

 

それら、

 

 

『内在的リスク』は現在でも根本的に解消されておらず、

毎日、報道を賑わせてくれるので、ネタには困らない状況が続いています。

 

 

『通貨価値の変動』というテーマだけでも、

かなりの期間、書き続けることが出来そうですね(笑)

 

 

それくらい、世界市場は騒がしさを増していっています。

 

 

例えば、

 

 

かなり大々的に取り上げられていたので、ご存知の方も多いでしょうが、

今月(8月)21日には、『ベネズエラ』という国で『デノミネーション』が実行されました。

 

 

本来、

 

 

『デノミネーション』という言葉は、

通貨価値の『切り上げ』『切り下げ』両方を表す為、言葉自体の善悪はありません。

 

 

ただし、

 

 

実際の社会で『通貨価値切り上げ』が行われることは、有史以来数回しかなく、

基本的には『切り下げ』が主流なので、ネガティブなイメージを持たれています。

 

 

例に漏れず、

 

 

今回、『ベネズエラ』という国で行われたのは『通貨価値切下げ』で、

『20日』を挟んだ『新通貨導入』により、『10万分の1』切り下げが実行されました。

 

 

理屈で言えば、

 

 

『通貨価値』自体がそのまま下落したら、国民の暴動ものなので、

『実質価値はある程度保たれた状態で』というのが表向きの発表です。

 

 

しかし、

 

 

何故、『デノミネーション』を実行するかというと、

『国家経済が良くないから』に他ならず、その前後を通して、

『保有資産価値』を維持して、保全できる訳がありません。

 

 

既存通貨『ボリバル』に対して、

 

 

新しく導入された通貨は『ボリバル・ソベラノ』というものらしく、

通貨単位は、既存通貨の『10万分の1』に5桁切り下げられました。

 

 

現政権、

 

 

マドゥロ大統領は『蔓延するインフレ対策に必要な措置だった』と述べていますが、

これは、『デノミネーション』を実行する際の常套句で、歴史的に見ても、

この対応策は、その実施国の経済を、長期的に深刻化させる事がわかっています。

 

 

『デノミネーション』の実施で、

 

 

先月は『250万ボリバル』程だった、首都カラカスのコーヒー1杯の値段は、

新通貨導入後、『25ボリバル』に変わっているようです。

 

 

しかし、

 

 

現在、『ベネズエラ』国内でATMを通して出金出来る紙幣は、

1日最大で『10ボリバル』の上限で制限されており、

これは、私としては『預金封鎖』との違いを見出せません。

 

 

このようにして、

 

 

『国家財政』が悪化して、極限まで深刻化した際、

『国家』という徴税システムは、『国民』から搾取していくんですね。

 

 

社会の教科書で『歴史上の出来事』として学ぶより、

『リアルタイム』で起こっている事を知る方が、断然に勉強になりますね。

 

 

ところで、

 

 

バラエティー番組を主な『情報源』とされている方々は置いておいて、

今日、公式ブログで取り上げた情報をご存知の方々の中にも、

もしかしたら、『自分』との『関連性』を見出せていない方も多いと思います。

 

 

『いや、まずベネズエラってどこにあるん??』

 

 

『何語が話されてて、宗教や文化圏は何なん??』

 

 

『日本との国交はあるの??』

 

 

『それって、遠い異国の地の出来事じゃないの??』

 

 

などなど。

 

 

『自分には関係ない』と思ってしまうと、

私たちは、その対象に対して、途端に興味を失ってしまいますよね。

 

 

確かに、

 

 

『ベネズエラ』という国家自体が、

私たちが居住する『日本』に与える影響は少ないのかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

『経済状況』としては、いくつか共通項が見出せるとしたら、

また話は違って聞こえてくるのではないでしょうか??

 

 

ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、

 

 

現在、日本は『対外債務』としては、プラスを積み上げる『債権者』であるものの、

『国内債務』は、地方債・国債含めて『1300兆円』を超える債務を積み上げる『債務者』です。

 

 

この状況は、

 

 

一朝一夕には解決することは不可能で、仮に時間をかけたとしても、

『延命措置』により『リスク』を先延ばしする愚策になるかも知れません。

 

 

実際、

 

 

(*ここでは詳しく述べませんが、)

日本が過去、同様のレベルで経済的に困窮状態に陥った際、

今回の『ベネズエラ』がとった方法と大差無い政策により、

『国家債務』を『国民資産』で帳消しにする出来事が起こりました。

 

 

詳しい情報は、

 

 

ある一定期間『国家機密』で扱われた為、ほとんどの人が知りませんが、

『お金』を持っている方々は、そのような事も理解して、対策を進めています。

 

 

『ベネズエラ』という国に話を戻すと、

 

 

今月21日には近海を震源とする『M7.3』の地震が発生し、

『新通貨』の船出を『マイナス』の形で祝う事態となりました。

 

 

また、

 

 

新たに導入された『ボリバル・ソベラノ』を、

現政権が『ペトロと連動させる』と発表したことから、

その『信用』も一気に疑わしいものに陥っています。

 

 

*『ペトロ』は、同国に埋蔵される『石油』に価値を裏付けされる仮想通貨ですが、

 国際社会において『信用』は低く、『詐欺』と評価するアナリストも存在します。

 

 

本当に、『泣きっ面に蜂』とはこの事ですね。

 

 

これ以上、『踏んだり蹴ったり』という言葉がぴったりの事態も無いと思います。

 

 

いつの時代も、『先人』や『他者』の行動は、

私たちに『学び』を与えてくれる恰好の『教材』です。

 

 

常に、世界マーケットの経済の変動をウォッチしながら、

自分の『人生戦略』にも活用・応用していきましょう!

 

 

『金融リテラシーを身に付け、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮9月19日(水)、大阪・梅田9月26日(水)に開催致します。

 

 

■2018年9月19日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年9月26日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile