『ベネズエラ』の動乱に、何故『米国』が口を挟むのか??

今日のテーマは、『ベネズエラの動乱に、何故、米国が口を挟むのか??』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

南米の小国『ベネズエラ』がぜんざい直面している、

『デフォルト危機』についてご紹介させて頂きました。

 

 

いつも、

 

 

大阪・梅田にある蔦屋書店でブログ記事を書く事が多いのですが、

『ベネズエラ』とは全く違う世界で、平和で緩やかな雰囲気が流れていますね。

 

 

今、

 

 

この時間、全く同じ瞬間に、国家危機に瀕して、

多くの方々が『命』すら脅かされている事など、

正直、リアルに想像する方が難しいかも知れません。

 

 

ただ、

 

 

『南米の小国』で起こっているそれは事実ですので、

その事も、頭の片隅に入れて、日々過ごして頂けたらと思います。

 

 

当初、

 

 

『ベネズエラ』という国が経済危機に瀕するのは、『自国内の問題』でしたが、

ここに来て、米国・トランプ政権が『経済制裁』を開始するようになりました。

 

 

また、

 

 

現・マドュロ大統領政権は、大統領選挙時に不正があったとして、

グアイド国会議長を『暫定大統領』として就任宣言するよう主導したのも米国です。

 

 

更に、

 

 

このまま事態が収束しない場合は『軍事介入』も有り得るとし、

突如、『きな臭い』匂いが立ち込めるようになって来ました。

 

 

一見、何の関わりも無さそうな場面なのですが、

世界の動乱に、いつも、お節介に介入してくるのが『米国』です(笑)

 

 

しかし、

 

 

繰り返しますが『南米の小国』で起こっている動乱に、

何故、世界の大国である『米国』が、突然、口を出し始めたのでしょうか??

 

 

世界のあらゆる動乱に顔を出していく事で、

遠巻きに、『世界の覇者』をアピールしているのか??

 

 

それとも、

 

 

個人で言うところの『自己重要感』を満たす為、

お節介にも『他国干渉』を繰り返しているのでしょうか??

 

 

昨日の記事でもご紹介しましたが、

 

 

一説には、サウジアラビアを超えて、世界一の埋蔵量を誇る、

同国の『原油』獲得を目的に、今回、米国が手を出して来たとも囁かれています。

 

 

確かに、

 

 

ボルトン安全保障担当補佐官は、某インタビューに対して次のように発言し、

トランプ政権が、ベネズエラの原油生産支配に関心があることを匂わせています。

 

 

『もし、アメリカがベネズエラに埋蔵されている石油に投資し、

 生産できるようになれば、アメリカ経済にとって大きな違いを生み出す』

 

 

しかし、

 

 

(*私も原油に関しては詳細な知識を持ち合わせませんが、)

ベネズエラ埋蔵の原油は、殆どが『超重質原油』という品質の悪い原油であり、

輸出に有利な『軽質原油』に精製する際、『莫大なコスト』が掛かります。

 

 

現在のように、

 

 

原油価格が『1バレル=50米ドル超』を推移する水準では、

軽質原油生成の為の『ナフサ』のコスト等も含めて考えると、

利益が出せないのが実際のところのようです。

 

 

米国国内でさえ、

 

 

一時期、話題になった『シェールオイル』関連企業が採算取れず続々撤退する中、

他国の、増して『劣悪な原油』を得るために、大きな労力を懸けるとは思えません。

 

 

やはり、

 

 

『原油』とはまた違った観点から、米国には『介入』の必要性があるようなのです。

 

 

ここまで、

 

 

米国のスタンスとしては、現政権・マドュロ大統領を退散させ、

親米派の後継者を立てて、本格的に体制転換を画策していると見て間違い有りません。

 

 

そして、

 

 

何故、そのような『他国干渉』のような事(?)をしているかと言うと、

同国が領土として抱える、カリブ海の島『ラ・オルチラ島』に鍵があります。

 

 

どういう事か??

 

 

私も、この事実を知って驚いたのですが、

何と、この島には米国から見て敵対するロシアの『軍事基地建設計画』があると言います。

 

 

1962年10月、

 

 

私が誕生する『20年』以上も前の出来事ですが、

キューバにソ連軍事基地建設中である事実が判明し、

世界に『激震』が走ったことは誰もが知っています。

 

 

『約60年』の時を超えて、現在2019年ですが、

やはり、プーチン大統領も全く懲りていないようですね。

 

 

『地球儀』か『世界地図』で確認して欲しいのですが、

今回、話題に上がっている『ラ・オルチラ島』も、

カリブ海に位置し、米国から見て目と鼻の先です。

 

 

確かに、

 

 

ロシアとしては、ここに『軍事基地』を配置することが出来れば、

南北アメリカ大陸で覇権を握る上で、かなりのアドバンテージを獲得します。

 

 

もしも仮に、

 

 

この島に、本当に、『ロシア軍事基地』が建設されてしまったら、

米国としては劣勢に立たされ、世界的に『戦慄』が走る場面が確実に再来します。

 

 

完全に、『第二のキューバ危機』です。

 

 

その可能性を完全排除する為、

 

 

米国は『南米の小国』の動乱に、わざわざ労力を懸けて干渉し、

現政権を撤退させた上で、親米・新政権を誕生させようとしているのです。

 

 

ここまで説明したら、『軍事介入』を匂わせているのも納得ですね。

 

 

南米の小国『ベネズエラ』は、国家的な経済危機に加えて、

世界の大国間同士の『覇権争い』にも巻き込まれ、『正念場』を迎えています。

 

 

同国の国民たちにとって、本当に悲惨な状況が待ち受けるのは、

もしかしたら、『今まで』よりも、『これから』なのかも知れません。

 

 

当然の話、

 

 

『国家』レベルの動向というものは、

決して『思い付き』により、その『方向性』が決定している訳では有りません。

 

 

むしろ、

 

 

現実は、それとは全く反対で、

全ての『動き』には、必ず『明確な理由』が有ります。

 

 

その『本質』を見抜きながら、『世界』に目を向けて行くようにしましょう。

 

 

『政治的観点』を完全に無視して、『資産形成』を進めることは決して出来ません。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

大阪・梅田会場は、本日2月22日(金)19:00から21:00にて開催致します。

 

 

■2019年2月21日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年2月22日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile