『レジェンド:イチロー』に学ぶ、『複利運用』の魅力の素晴らしさ。

今日のテーマは、『レジェンド:イチローに学ぶ、複利運用の魅力の素晴らしさ』です。

 

 

冒頭、1つの質問から入らせて頂きます。

 

 

『複利運用』

 

 

皆さんは、この『利息計算』の方法をご存知でしょうか??

 

 

勿論、

 

 

『井上耕太事務所:公式ブログ』読者の皆さんには、

この辺りの『初歩中の初歩』は常識レベルですよね。

 

 

実際、

 

 

『どうした、今更??』という声も聞こえてきそうです(笑)

 

 

ただし、

 

 

海外では『義務教育レベル』で学ぶこのような常識も、

悲しい哉、『日本』での認知率は低水準に留まります。

 

 

度々報道も出ていますが、

 

 

個人が保有する大部分の資産を『預貯金』に入れており、

『実質0%運用』という選択をしてしまっている国民性。

 

 

世界的には驚異的な事ですが、

 

 

上記行動が、国民の『スタンダード』になってしまっているこの国で、

『単利・複利』の概念すら認識しない事は、自然なのかも知れません。

 

 

簡単に説明すると、

 

 

『単利運用』とは、運用期間中『投資元本』が変化せず、

当初の金額を基準として、運用利率を掛けて『利息』が支払われるものです。

 

 

対して、

 

 

『複利運用』は、運用されて発生した『利息』についても、

次年以降、『投資元本』に組み込まれて、運用継続されます。

 

 

言葉で聞いても、分かったような、分からないような話ですね(笑)

 

 

具体的に見れば、より分かりやすくなります。

 

 

例えば、『投資元本:100万円』という金額を、

『年率10%』運用する場合を考えていきましょう。

 

 

先ず、

 

 

大前提から確認しますが、『元本:100万円』について、

『年率10%運用』により生み出される利息は『10万円』ですよね。

 

 

『単利運用』を選択した場合、投資元本に変化はない為、

この利息金額『年10万円』は今後も変わらず、運用継続されていきます。

 

 

実は、

 

 

『複利運用』を選択した場合でも、1年目の『結果』は変わらず、

『投資元本・運用利率』が同じであれば、『10万円』の利息を受け取る事になる。

 

 

ただ、

 

 

2年目以降からは、若干『変化』の兆しが見えはじめ、

1年目に支払われた『10万円』は、『元本』に組み込まれて利息計算されます。

 

 

その結果、

 

 

2年目に生み出される利息は『11万円』となり、

以降、3年目『12.1万円』、4年目『13.31万円』と推移していきます。

 

 

『単利運用』と比較して、『年間数万円』ほど得していく計算ですね。

 

 

しかし、

 

 

『複利運用』の本領発揮は、時間を経る毎に顕著になっていき、

仮に、運用期間を『20年』取った場合、両者の運用結果は『372万円』の差が付きます。

 

 

具体的な数字で見ると、

 

 

『単利運用:300万円(元本込み)』に対して、『複利運用:672万円』。

 

 

実に、ダブルスコア以上の開きです。

 

 

この『数字(事実)』を一度目にしてしまうと、あなたの大切な『資産』は、

絶対に『複利運用』を選択しなければいけない事がご理解頂けると思います。

 

 

もう少し話を続けると、

 

 

『複利運用』を用いた『資産形成』を考える際、

『投資元本』を十分に確保する事も大切ですが、

最重要資産と考えられるのは『時間』です。

 

 

ご存知の通り、

 

 

私たちの人生は『有限資産』ですから、その一生を過ごす中で、

『運用期間(時間)』を確保できる事が、最重要になるのです。

 

 

ところで、

 

 

あなたは、『時間』『お金』という最重要資産2トップを、

日々『浪費』『消費』し続けながら生きていませんか??

 

 

ようやく、『本題』に入ります(笑)

 

 

ここまで、その素晴らしさをお伝えしてきた『複利運用』ですが、

皆さんの周りで、その『恩恵』を享受している人物が居ますか??

 

 

もし存在していれば、

 

 

その方は『資産形成』の心理を体得している方になるので、

素直に、謙虚に、その方法を学び、実践してみたら良いと思います。

 

 

ただ、

 

 

経済大国『日本』においても、大部分の国民は一般庶民であり、

『複利運用』を享受している人を、ご存知の方は少ないですよね。

 

 

残念ながら、それが『現実』だと思います。

 

 

しかし、

 

 

私たち『日本人』であれば、誰もがその存在を知っている人間で、

今日ご紹介した『複利運用』の多大なる『恩恵』を受ける人物が存在します。

 

 

それが、

 

 

先月、電撃的に『現役引退』を表明した、

大リーグプレーヤー、『レジェンド・イチロー選手』です。

 

 

どういう事か??

 

 

少し時間を遡りますが、マリナーズ最初の在籍時、イチロー選手は、

年俸の支払い方法について、ある『特殊な契約』を球団と交わしました。

 

 

『ディファード・ペイメント契約』

 

 

野球がお好きな方々でも、あまり聞いた事がないと思います。

 

 

主に、

 

 

『高額年俸選手』に対して提示される支払い方法で、

『経済的体力』がそこまで盤石ではない球団が、

『年俸分割支払い』を約束するという契約の事です。

 

 

イチロー選手の場合、

 

 

この期間『5年間』の年俸総額『8500万米ドル』のうち、

『2500万米ドル』分を、引退の翌年から推定『15回払い』で受取る契約を交わしました。

 

 

単純計算、

 

 

『2500万米ドル』を15年分割で受け取る事になりますから、

『年間約167万米ドル(日本円換算:約1.8億円)』の収入が見込めます。

 

 

『日本人的感覚』からすれば、この数字でも十分そうですよね??(笑)

 

 

しかし、

 

 

『世界スタンダード』においては、

上記条件で契約を合意するような、『お人好し』は絶対に存在しません。

 

 

具体的には、

 

 

支払いを『将来』に回している金額に関しては、

今日のテーマ、『複利運用』されて受け取ることが約束されているのです!!

 

 

果たして、どれほど(利息が)付くのでしょうか??

 

 

今回のケースでは、

 

 

『先送り資金』について『年率5.5%複利運用』の条件で契約しているようで、

それを考慮すると、年間支払額は『4万米ドル(約4.4億円)』まで増大します!!

 

 

実に、

 

 

『絶対値評価』として比較した場合、

当初予定されていたものの『2.4倍』もの金額が受け取れる計算になります!!

 

 

皆さんが、こう呟かれているのが想像出来ます。

 

 

『複利、、、、神。』

 

 

この事実をしっかりと認識し、『レジェンド』から学び、

ご自身の着実な『資産形成』に活かして頂けることを願っています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は大阪・梅田4月24日(水)、神戸・三ノ宮4月25日(木)の日程にて開催します。

 

 

■2019年4月24日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年4月25日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile