『ロシア危機』に学ぶ、『国家的有事』を乗り越える方法。

今日のテーマは、『ロシア危機に学ぶ、国家的有事を乗り越える方法』です。

 

 

『緊急事態宣言』の対象エリアも全国に拡大されて、

少しずつ、『事の重大さ』が共有され始めましたね。

 

 

前述の対象エリア拡大に伴い、

 

 

日本国として、初めての『経済支援策』も、

『国民一律:10万円給付』に決定されて、

ようやく、実行の『兆し』が見えて来ました。

 

 

これについて、

 

 

予想に反して、『現金10万円給付』への世間の反応は、

冷ややかで、批判的なものが多くなっているようですね。

 

 

この辺り、

 

 

海外諸国同様、『感染拡大』が叫ばれた当初、

直ぐに決定・発表していれば、全く違った評価になっていたと考えます。

 

 

僅か(?)、

 

 

『1ヶ月半(45日間)』という期間、対応が遅れただけで、

『国民一律:現金給付』という決定をしても、尚批判される。

 

 

『政治家』『官僚』という立場の先生方の商売も、大変なものです。

 

 

それでも、

 

 

安倍首相はじめ、麻生財務・金融担当大臣、菅官房長官等々、

『厚顔』な面子が並びますから、『メンタル・ヘルス』に関する心配は無さそうですが(笑)

 

 

以前、

 

 

『大都市圏』と『地方都市』間の意識格差はあるものの、

それも、後『1ヶ月』もすれば、無くなると予想します。

 

 

海外諸国の動向を見ても、

 

 

『ロック・ダウン』を掛けない場合の『感染拡大』は急速で、

現状、『日本国』が行っている対応の緩さ(放牧)を見ると、

全国一律の『感染拡大』は、1ヶ月で十分に『完了』します。

 

 

掛けた訳では無いですが、

 

 

本日、タイトルに採用した『ロシア』においても、

政府の『楽観論』は、今月に入り、消滅してしまったようですね。

 

 

先月(3月)初頭から、

 

 

震源地・中国以上(?)の『感染拡大』を見せた、欧州各国を尻目に、

広大な領土と人口を持つ同国は、感染者を劇的に抑制できていました。

 

 

しかし、

 

 

先月末(3月28日)時点、『約1200人』に留まった感染者は、

今月(4月5日)には『約5400人』になり、僅か1週間で激増。

 

 

その後も『勢い』は留まらず、

 

 

4月9日には『1万人』突破、14日には『2万人』突破と、倍々ゲームで増加し、

現時点(4月18日)は『4万人』に迫り、世界TOP10を射程圏に捉えています。

 

 

勿論、『日本国』も、決して『対岸の火事』では無いですね。

 

 

私自身、

 

 

4月に入り、『対人』の機会をほぼ100%解消していますが、

有り難いことに、『ZOOM』活用で、事業は順調に進んでおり、

現時点では、そこまで『大きな影響』は受けていません。

 

 

それは、

 

 

裏を返せば、このような『国家的有事』にも関わらず、

『新たな朝鮮』に踏み切る『面談希望者』の方々がいるという事で、

そういった『前向き』な方々に対して、本当に頭が下がる想いです。

 

 

しかし、

 

 

明らかに『長期化』することが目に見えている『コロナ危機』では、

私自身も、『労働収入』の部分に限定してみれば、必ず影響は出て来ます。

 

 

それぞれの『立場』は違えど、皆さんも同様と考えますが、

このような事態を、どのように乗り越えられるでしょうか??

 

 

その1つは、『歴史』に学ぶことが出来るように思います。

 

 

トリガー(引き金)は違えど、

 

 

世界的に『インパクト』を与えた、『国家的有事』の事例として、

1990年代に勃発した『ロシア危機』が挙げられると考えます。

 

 

論点がズレるので、

 

 

(ロシア危機の)説明は他に譲りますが、この『国家的有事』が発生した際、

『動乱の時代』を生き延びた国民には、いくつかの『共通点』が有りました。

 

 

『ダーチャ』

 

 

都市郊外に存在する、『家庭菜園付き別荘』を所有し、

『質素倹約』に、『自給自足』の生活を送ることが出来た人々が、そうです。

 

 

考えてみれば、『当たり前』ですよね。

 

 

『国家』全体が『デフォルト(破綻)』に陥っている状況で、

『個人(国民)』がどんなに頑張っても、状況打破には『時間』が掛かります。

 

 

『人間』一人の力で、『大河の流れ』を変えることは、出来ない。

 

 

『無駄な労力の消費』をするよりも、

『力を蓄える時期』というものが、戦局には、必ず存在しているという事です。

 

 

この歴史的事実から、『学ぶこと』は多い。

 

 

正直、

 

 

ここまで、世界全体で『経済活動』が抑制されてしまった現在、

『努力』という精神論では、挽回不能な『経済損失』が発生します。

 

 

確かに、

 

 

この時代の『転換点』に、既存の『生活スタイル』『思考回路』を一掃して、

『新しいこと』を、どんどん仕掛けていくという方法も、『一理』有ります。

 

 

しかし、

 

 

それが『唯一無二』の方法だとは、私自身、考えていなくて、

ここまで、『経済活動』がストップしてしまったのであれば、

息を潜めて、『充電期間』に入るという選択肢も有りです。

 

 

決して、

 

 

間違って伝わって欲しく無いのは、

後者は、『何も(新たな挑戦を)していない』という訳ではない事。

 

 

次のような事例で説明すると、分かりやすいですよね。

 

 

現在、大都市圏では『休業要請』が出ている飲食業界ですが、

政府・自治体提供の『経済支援』は、焼け石に水レベルの為、

苦肉の策で、『営業』を継続しているお店が有ります。

 

 

それでも、

 

 

『外出自粛』の波は大きなものですから、開店しているからと言って、

通常通り、『お客さん』が来るかと言えば、そんな訳は有りません。

 

 

大阪では、

 

 

本来であれば『高単価:接待』で使われるようなお店も、

『ランチ:テイクアウト』『お弁当販売』に踏み切る所もあり、

本当に、涙ぐましい『経営努力』を続けるお店も、存在します。

 

 

その一方で、

 

 

早々に『臨時休業』へと舵を切り、対外的には営業を打ち切りながら、

裏では『新メニュー開発』に移行しているお店も、確実に、存在する。

 

 

『危機収束』までは期間がかかるものの、

 

 

『経済活動』が、徐々に、徐々に、正常レベルへと戻った時、

果たして、どちらのお店に、本当の『実力』が付いているか??

 

 

冷静に考えれば、『明らか』ですよね。

 

 

『国家的有事』

 

 

ここまで『経済活動』が、全体としてストップした現在では、

『短期的視点』で、どれだけ足掻いても、上手くいかないかも知れません。

 

 

『ロシア危機』に学び、

 

 

必ず『中長期戦』になる、今回の『コロナ危機』を、

将来、『爆発的活躍』を見せる為、『充電期間』に昇華させる選択も有り。

 

 

地に足をつけて、粛々と、この危機を乗り越えていけたらと考えます。

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile