『何の為に、それをやるのか』

今日のテーマは、『何の為に、それをやるのか』です。

 

 

日本プロ野球に大きな功績を残した人物の一人に、

『野村克也さん』という方がいらっしゃいます。

 

 

野球が好きな方々からしたら、言わずと知れた人物ですよね。

 

 

30代の私たちの世代や、それより下の世代では、

『監督』としてのイメージが強く残っています。

 

 

私が物心ついて野球に熱中し始めた頃、

野村克也さんはヤクルトスワローズの黄金時代を築き上げていました。

 

 

現在はスカウトとして活躍する岡林洋一さんがエースを務め、

飯田、池山、土橋、トーマス・オマリーなど、錚々たる面子が並ぶ打線も協力。

 

 

奇しくも、

 

 

私が『阪神タイガース』のファンとなる年、

ペナントレース最終三連戦は、首位ヤクルトとの天王山決戦。

 

 

*ここからは少しの間、『タイガース目線』での話です。

 

 

タイガースは、ここで3連勝したら同率プレーオフに臨めて、

逆に、3連敗したら一気に4位に転落するという状況です。

 

 

残念ながら、

 

 

この3連戦は『2勝1敗』で決着がつき、

優勝は逃したものの、タイガースはペナント2位という成績を残します。

 

 

その後の『暗黒時代』を知る由もなく、

当時5、6歳だった耕太少年はタイガースファンになる訳ですが、、、、。

 

 

話が逸れたので、元に戻します。

 

 

私たちの世代では『監督』としてのイメージが強い野村克也さんですが、

『選手』としても、ものすごい成績を残されています。

 

 

プロ野球に兼任監督時代も含めて『通算27年間』在籍し『3017試合』に出場。

『11970打席数』『10472打数』『119犠飛』は歴代最高成績です。

 

 

『2901安打』を記録し名球会にも在籍し、MVPも現役通算で5度獲得。

『657本塁打』を記録している選手など、現在の現役選手にはいないほどの数字です。

 

 

残された数々の名言の中には、次のようなものもあります。

 

 

『長嶋、王は太陽の下で咲く向日葵。僕はひっそりと咲く月見草。』

 

 

上記のような生涯成績を見ていると、

この言葉も、どことなく納得いかないものになってしまいますね。

 

 

そんな野村克也さんですが、監督をされていた時代、

新人選手に対する研修の中で、次の2つの質問をしていたという話を聞きました。

 

 

1つは、『女は、好きか??』という質問。

 

 

これに『YES』であればプロ野球選手として有望であり、

反対に、『NO』であれば、大成する可能性はあまり無い、と。

 

 

『女が好きなら、どうやって落とそうか、頭を使う。

 その頭の使い方が、野球に通じるものがある。』

 

 

このような理屈があるようですが、これには私も同感します。

 

 

『スポーツ』も『ビジネス』も通じることなのですが、

自分一人で出来るものでは決してなく、いつも『相手』が存在するものです。

 

 

そんな時、

 

 

要は、『機転が利く』人物というのは、

『相手の出し抜き方』『相手の喜ばせ方』も普段の行動から熟知しています。

 

 

反対に、

 

 

『良い人』と表現される方々は、決して悪い人では無いのですが、

こういった観点での『機転』がまったく利かない人が多い。

 

 

それをよく捉えたら『素直』と言えないこともないのですが、

やはり、『スポーツ』『ビジネス』の世界では通用しません。

 

 

また、

 

 

ここが現実社会の難しいところで、

『良い人』と表現されてしまう人ほど、周囲は魅力を感じませんから、

実際は、熱烈な『ファン』というものは存在しにくくなります。

 

 

結果、

 

 

大きな成果を挙げられず、人知れず一線を去っていく事が多いのです。

 

 

そして、

 

 

野村克也さんが新人プロ野球選手に対して、

投げ掛け、考えさせていた、もう1つの質問。

 

 

『何の為に、それをやるのか。』

 

 

数週間から数カ月に渡る、練習後の新人研修の中で、

ひたすら、毎日この質問に向き合わせたと聞きます。

 

 

私がこの話を聞いた時、最初は、1つ目の質問ほど腑に落ちませんでした。

 

 

『腑に落ちなかった』というよりは、

『何を言っているのか、その真意が理解出来なかった』という方が正確です。

 

 

自身が高校まで真剣に野球をしていたからこそわかりますが、

『プロ野球選手』になるような人は、

『センス』という観点ではアマチュア時代から飛び抜けています。

 

 

この感覚をどういう『言葉』で表現したら良いかわかりませんが、

『同じスポーツをしているのに、異次元の競技をしている』という感覚です。

 

 

そういった環境の中で、

 

 

常に飛び抜けた『才能』でプレーしてきているので、

特に、高校卒業したての選手など、何も考えずに『プロ野球選手』になれてしまっている事が多い。

 

 

要は、

 

 

『自分は野球が上手かったから、プロ野球選手で生きていく』

このような考え方でスタートしてしまう選手が、多い訳です。

 

 

しかし、

 

 

野村克也さん曰く、『それでは、大成しない』、と。

 

 

『自分は、何の為にプロ野球選手になったのか』と真剣に向き合い、

その『答え』を自分なりに見つけられた人物だけが、大成する、と。

 

 

この言葉は、最近になって、ようやく理解できるようになってきました。

 

 

アマチュアの時代は、自分が『野球』が好きなのであれば、

それをとことんやっていくだけで、良いのだと思います。

 

 

言うなれば、『アマチュア』は『自己満足』で生きられる世界です。

 

 

しかし、

 

 

私たちも『大人』になり、それぞれの分野で『プロ』になると、

社会に何かしら『価値』を提供し、『貢献』して生きていく必要があります。

 

 

自身の生活も、多くの人の価値提供の上に成り立っているので、

自分自身も、社会に対して『価値提供』していかなければいけない。

 

 

でないと、自分自身の『存在価値』がない訳です。

 

 

このことをしっかりと最初に認識させるあたり、

やはり、野村克也さんは偉大な人物だと思いました。

 

 

私自身、20代の前半から『資産形成』に取り組み、

30歳で独立・開業して、ファイナンシャルプランナーとして活動してきました。

 

 

独立当初は、正直、少しの不安もありましたが、

多くの方々に支えて頂き、お陰様で、とても順調にここまで来られています。

 

 

既存クライアントさんからのご紹介や、新規の方々の個人面談依頼も、

認知が進むごとに、よりスムーズに得られるようになりました。

 

 

その間にも、

 

 

自身の『資産形成』はより進捗を見せ、

『経済的基盤』は、年々強固に築けていっていると実感しています。

 

 

その中で、

 

 

最近は『心』にも相当余裕ができた分、

『何の為に、それをやるのか』を自問自答する機会も増えてきました。

 

 

最初は『セミリタイア』を目指してスタートした『資産形成』も、

現在では、『生涯現役』を自身の目標に活動しています。

 

 

経済的基盤が強固になり、収入が増えたとしても、

浮かれることなく、生活レベルはほとんど変化していません。

 

 

元々、当たり前の生活の中に、『幸せ』を見出せる方だと思うのです。

 

 

そうやって考えていくと、冒頭の質問に行き当たり、

『なぜ、資産形成し、活動を続けるのか??』という疑問が、自分自身に対して湧いてきました。

 

 

そこで、新たな境地として出てきた考え方が、

『より多くの方々の、経済的自由達成をサポートする!』という使命です。

 

 

活動をスタートした当初の、『初心に返った』とも言えます。

 

 

昨日開催したセミナーでも、多くの方々が参加してくださり、

具体的な『アクション』に向けて、行動を起こされることが決まりました。

 

 

そういった『前向きな想い』を持った方々に対して、

これからも、自身は『最良のきっかけ』になっていきたい。

 

 

この『想い』をこれからも忘れることなく、

日々、自分と向き合いながら活動を続けていこうと思います。

 

 

『資産形成し、人生を主体的に生きたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は3月21日(水・祝)13:30スタートにて大阪・梅田で開催します。

 

 

■2018年3月21日(水・祝)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

>>>>セミナーご案内ページはこちらをクリックください<<<<

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile