『保険』と『資産形成』、切り離してますか??

今日のテーマは、『保険と資産形成、切り離してますか??』です(^_^)★

 

 

私は土日祝日をメインに、個人面談『お金のセッション』を開催しています。

 

 

公式サイトブログ等で情報発信させて頂いている事もあり、

私が拠点を置く大阪のみならず、全国から相談者の方々がお越し頂きます。

 

 

クライアントの方々の中には、

公式サイト記事を読み込んで来て頂く方も多く、

その時点で私の考え方に納得して来て頂く方も多いですね。

 

 

毎日ブログ記事を読み続けて頂く事で、

少しずつ金融リテラシーも向上していっていると思います。

 

 

ただ、

 

 

それでも普段から多くの方々の相談を受けていて、

未だに日本人の多くがハマっている洗脳に気付く時があります。

 

 

それは、

 

 

『保険』という金融商品に、過度に『安心感」を覚えるという洗脳。

 

 

日本人の場合、

 

 

『投資』『資産運用』という言葉には過敏に反応して『リスク』を恐れますが、

金融商品に『保険』という名前がついた途端、何の抵抗もなく契約してしまいます。

 

 

皆さんも、そんな経験はお持ちなのでは無いでしょうか??

 

 

例えば、

 

 

普段、クライアントからの相談を受けていて、

結婚しているご家庭で、月4〜5万円程度の保険料を支払っている方は多くいらっしゃいます。

 

 

この記事を読んで頂いている方の中にも、

『うちも、毎月それくらいは保険料支払ってるわ!』という方もいるのでは無いでしょうか。

 

 

確かに、

 

 

この程度の保険料を支払っている世帯は多く、

周りの方々と情報交換する事で、

『皆と一緒』と変に安心感を覚えてしまうケースもあるかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

これは本当に正しい選択なのでしょうか??

 

 

『月4〜5万円』の支出を単純に年合計に直すと、

『年間約50〜60万円』の支出になり、ある程度まとまった金額になります。

 

 

これだけのお金があれば、一般的なご家庭であれば、

海外旅行にも行けてしまうほどの金額ですよね(^_^)

 

 

日本の平均年収が400万円前後を推移する昨今、

純粋に正社員だけで考えてみると、平均年収は600万円程度に落ち着くでしょう。

 

 

ここから社会保険料・税金等を源泉徴収されて、

年収600万円の会社員の可処分所得は、年間450万円程度です。

 

 

配偶者の方が働かれているケースもあると思いますが、

上記程度の世帯主の収入だけで、切り盛りされているご家庭も多いと思います。

 

 

その場合、

 

 

年間の『可処分所得』に占める『保険料』の割合は、

『約10%程度』も占める値になってしまいます。

 

 

これは、果たして正しい選択なのでしょうか??

 

 

『月4〜5万円』の保険料を掛けている場合、

多くのご家庭で共通するのは、世帯主の方に『積立て』で『死亡保障』を掛けているケースです。

 

 

大手漢字生保会社が提供する『積立:死亡保障』の場合、

『世帯主の方の年齢:30歳』『死亡保障:3000万円』の条件で、

『月3万円』ほどの保険料になる場合が多いでしょうか。

 

 

これに加えて、

 

 

『医療保障』『がん保険』『3大・7大疾病特約』等をつけていくと、

あっという間に『月4〜5万円』、『年間約50〜60万円』の出費が確定します。

 

 

どうですか??

 

 

私が挙げた事例に、

そのまま当てはまる方も多いのでは無いでしょうか(^_^)??

 

 

ここでは詳しく述べませんが、

 

 

『医療保障』『がん保険』『各種特約』等は、

私の個人的見解からいうと、期待値が低過ぎるので掛ける必要はありません。

 

 

これらの『保険』にお金を掛けるという事は、

『期待値』『確率論』の観点から見て、『お金をドブに捨てる』のと同義なのです。

 

 

ただ、

 

 

確かに、保有資産があまり大きくないご家庭の場合、

世帯主の方に対する『死亡保障』は必要なケースが多いと思います。

 

 

『お子さん無し』『夫婦ダブルインカム』の場合は、

その世帯主に対する『死亡保障』すら、必要性は低くなりますが。

 

 

それで、

 

 

その『死亡保障』を買う場合においても、

日本人の多くが『掛け捨て』は返戻金が無いから損だと思い、

『積み立て』で資産形成も兼ねて契約するケースが多い。

 

 

ここが、『保険』に対する間違ったポイントです。

 

 

そもそも、

 

 

大前提から確認しておくと、

『保険』というのは、『リスク』に対して保障を買う金融商品です。

 

 

『生起確率』はそれほど大きくないが、

起こってしまった時に与えるインパクトが大きい『リスク』に対して、

そのイベントが起こった際に必要になってくる『保障』を買うもの。

 

 

この考え方を、まずは徹底して欲しいと思います。

 

 

この観点で言えば、

 

 

『保険』を買うのであれば、

あらゆる場面で選択されるべきは『掛け捨て』です。

 

 

日本の高度成長期・バブル期に存在していたような、

運用利率5〜6%の『お宝保険』は、現代の日本では存在していません。

 

 

保険で『積み立て』を選択する方々というのは、

要は、次のような方々がほとんどだと思います。

 

 

『お金は、あったらあった分だけ使ってしまう。』

 

『解約返戻金であっても、強制的に貯蓄できる仕組みが良い!』

 

 

しかし、

 

 

このように自分から『主導権』を放棄した資産形成は、

とても大きな『代償」を支払うことになります。

 

 

世界的に超低金利が続く昨今、

日本でも長期金利(新発国債10年もの)が『0.030%』の時代において、

保険会社が運用で『プラス』を出すというのはかなり至難の技です。

 

 

顧客からの預かり金の運用がほとんど増えませんから(若しくはマイナス)、

そこから事業経費(人件費、事業コスト、宣伝広告費等)を差し引いたリターンは、

普通の思考能力で考えて『マイナス』になるのが定石でしょう。

 

 

つまり、

 

 

『積み立て』で保険を加入している方々というのは、

ご丁寧にも、保険会社の人件費・宣伝広告費等のスポンサーになっているのと同じことなのです。

 

 

保険は、『必要最低額』を『掛け捨て』で。

『リスクに対する保障』と『資産運用」は切り離して考えて。

 

 

まずは、

 

 

この根本的な部分から、

しっかりと理解してくれる方々が増えたら良いと思います(^_^)

 

 

『具体的に、資産形成をスタートしてみたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください(^_^)★

 

 

*プライベートセッションご案内はこちらをクリック*

 

 

*『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック*

 

 

 

それでも、『いきなり個人セッションも勇気がない』という方もいらっしゃると思います。

 

 

その場合は、

 

 

『資産形成』のスタートアップに最適なセミナーを、

8月28日(月)19:30より大阪・梅田で開催しますので、

ぜひ、こちらを有効活用頂けたら幸いです(^_^)★

 

 

■8/28(月)開催!将来のお金の不安が消えるセミナーin大阪・梅田■

*セミナー詳細はこちらをクリック*

 

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

本当に人生は好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております(^_^)★

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile