『優等生:東京都』の財政も、コロナ禍で危機に頻している。

今日のテーマは、『優等生:東京都の財政も、コロナ禍で危機に頻している』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『国家財政についても、脆弱性遺伝子は受け継がれるか?』と題して、

脈々と受け継がれる、日本国の『借金体質』についてご紹介しました。

 

 

新元号『令和』がスタートしてまだ1年ほどですが、

『平成』という響きも、遠い昔のように感じますね。

 

 

奇しくも、

 

 

日本経済の『ピーク地点』にあたる1989年にスタートし、

『失われた30年』を演じてしまったのが、平成の時代です。

 

 

実際、

 

 

戦後にリセットしてから、それまで『健康体』だった国家財政も、

この『30年間』に世界トップクラスまで悪化状況を極めました。

 

 

加えて、

 

 

誰も、想像すらしてなかった『新型ウイルス』が襲来し、

日本国の国家財政を、更なる『危機的状態』に陥れます。

 

 

直近3ヶ月間、

 

 

とても僅かな期間ですが、日本国は、対GDP比として、

実に『10%』も債務比率を上乗せしてしまいました。

 

 

例えば、

 

 

皆さんが『年収500万円』のサラリーマンだったとして、

これまでの累積債務も『1000万円』を超える金額保有しています。

 

 

更に、

 

 

通常でも、毎年『40万円』ペースで新規債務を積み上げますが、

今年に限っては、3ヶ月で『+50万円』もの追加債務を積み上げた。

 

 

果たして、

 

 

この『借金体質』が染み付いてしまった人物が、

『自己破産』というプロセスを経験する事なく、

『財政健全化』することは可能でしょうか??

 

 

2002年、

 

 

私が、まだ『高校生』だった時代、

経済学者ダニエル・カーネマンは、

ノーベル経済学賞を受賞しました。

 

 

そして、

 

 

彼の研究した『プロスペクト理論』の中の一部でも、

『損失』により感じる『痛み』の逓減性について示されています。

 

 

例えば、

 

 

これまで『借金』など一度もしたことがない人物が、

無人契約機で『50万円』の融資を受けることは、

大きな『痛み』が伴うと、容易にイメージ出来ます。

 

 

しかし、

 

 

その人物が、その後『負のスパイラル』に嵌ってしまい、

恒常的に『借金』する事に慣れてしまったとしましょう。

 

 

そして、

 

 

累積債務が『1000万円』を超えた時、

新たに『50万円』の融資を受ける場面では、

最初の『50万円』ほどの痛みは感じません。

 

 

完全に、『感覚』が麻痺してしまっています。

 

 

実際、

 

 

『日本国』に起こっていることも、上記事例と同じことで、

財政的に、長らく壊滅的な状況が続いているにも関わらず、

私たちは『痛み』を感じなくなってしまっています。

 

 

恐らく、

 

 

この状況から、『財政健全化』を達成することは不可能で、

『臨界点』に達した瞬間、一気にバーストして終焉します。

 

 

信じられないかも知れませんが、これが、紛れもない『真実』です。

 

 

それで、

 

 

これまで、財政的観点での優等生とされた『東京都』さえも、

今回『コロナ』の影響を受けて、急速に財政悪化しています。

 

 

大阪同様、

 

 

休業要請に伴う『経済支援』の拡充で歳出は増大し、

現時点、『1兆円超』の追加資金を計上しています。

 

 

また、

 

 

本来であれば、『プラス』に働くはずだった『東京五輪』も、

来年(2021年)への開催延期が決定したことにより、

国と分担ながら『3000億円』の追加負担も強いられます。

 

 

今回、

 

 

新型ウイルスの『累計感染者数』の数字を見ても分かる通り、

日本国内で、『東京都』の人間の流動性が群を抜いています。

 

 

定住人口という意味では、

 

 

大阪や、近隣の神奈川県とそこまで『大差』は有りませんが、

『感染者数』が突き抜けて多いことが『流動性』を示します。

 

 

これは、『お金』の流動性とも、相関関係を持っています。

 

 

『税金』とは、

 

 

『お金』の移動により徴収されるシステムですが、

東京都の歳入が年間『約7兆円』規模である一方、

大阪府のそれは、『2.6兆円』ほどに留まります。

 

 

要は、

 

 

それだけ潤沢に『収入(歳入)』が確保できており、

個人としての『貯金』に相当する、

『財政調整基金』をコツコツ積み上げて来ました。

 

 

コロナ危機当初、

 

 

未だ『休業要請支援金』を支払わない方針だった吉村大阪府知事が、

『東京都とは状況が違う』と繰り返し述べていたのが、印象的です。

 

 

しかし、

 

 

これまで『財政優等生』として鳴らしてきた東京都も、

直近3ヶ月間に、前述の『財政調整基金』について、

『9割』も取り崩してしまったと言われているのです。

 

 

更に、

 

 

秋以降訪れるであろう、本格的な『第二波』の襲来を前に、

『東京都』だけは、新規感染者数が着実に上昇しています。

 

 

もしも、

 

 

再び、『休業要請』するような事態に陥るとなれば、

次回はとてもじゃないですが『財源』が保ちません。

 

 

そして、

 

 

仮に、全国的な『第二波』の襲来が無かったとしても、

セルフ・ロックダウンの可能性を最も秘めるのが『東京都』なのです。

 

 

奇しくも、

 

 

現在、『東京都知事選』の真っ只中であり、

過去最多となる『22名』もの候補者が立候補しています。

 

 

これから、

 

 

更なる『急場』を迎えるであろう、日本の首都『東京』ですが、

今後の展開では、他府県同様『苦戦』を強いられることになる。

 

 

私たちが、想像すらしてなかった世界が、

2021年以降広がるのかも知れません。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『オンライン:Zoom受講』に切り替えて開催しております。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

通常、

 

 

リアル開催は『1人(講師)対複数人(参加者の皆さん)』の開催ですが、

原則として、Zoom開催は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*『個別質問お答え出来る』というメリットも有ります。)

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom開催■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile