『副業解禁』の時代、あなたは『変化』に適応できますか??

今日のテーマは、『副業解禁の時代、あなたは変化に適応できますか??』です。

 

 

久しぶりに、『ビジネス』をテーマに記事を書きますね。

 

 

直近数年間、『副業解禁』が叫ばれ続けて来ましたが、

今年ほど、その現実味が増している年はないでしょう。

 

 

某有名経済紙のデータでは、

 

 

今から10年後の『2030年』には、会社員ながら、

副業をする方の割合が『40%』に達すると言います。

 

 

『10年間』なんて、あっという間ですよね(笑)

 

 

いや、

 

 

上記の指針が示された半年ほど前であれば、

『40%副業時代』到来は先の話でしたが、

今では、『2030年』を待たずして到達しそうな雰囲気すら有ります。

 

 

『2030年、副業割合40%に到達する!』

 

 

この数字を試算した際に『無かった』事象というのは、

皆さんもご存知の通り、『新型ウイルス』の存在です。

 

 

直近6ヶ月間、

 

 

『未知のウイルス』の世界的流行拡大を受けて、

私たちの『生活様式』は、一瞬のうちに変化してしまいました。

 

 

私自身、

 

 

4月、5月中は『完全セルフ・ロックダウン』と称して、

生活必需品の購入以外、外出せず過ごす経験をしました。

 

 

その期間、

 

 

ファイナンシャル・プランナー活動も『完全オンライン化』し、

主催セミナー、個人面談とも、ZOOM開催に切り替えました。

 

 

緊急事態宣言解除後、

 

 

徐々に、『対面』での仕事も取り入れつつありますが、

『オンライン』は、今後も継続して開催する予定です。

 

 

基本的に、

 

 

『対面』の方が、『情報』は正確に、深く伝わると考えますが、

突如訪れた『ブラック・スワン』により、世界が一変したので、

社会全体が、急速に『オンライン化』に順応したと感じます。

 

 

実際、

 

 

セミナー受講から、個人面談、具体的アクションを進める過程、

全て『オンライン』で進み続け、数ヶ月後にお会いした方々も、いらっしゃいます。

 

 

お互い、

 

 

不思議なことに、もう何度も直接お会いしている感覚に陥り、

その状況でも『信頼関係』を構築できることを体感しました。

 

 

『会社員』という立場の方々も、大きく『変化』を迫られましたよね??

 

 

ここ数年、

 

 

日本政府は『働き方改革』なるものを声高に叫び続けましたが、

皮肉にも、それは『新型ウイルス』により実現させられました。

 

 

『緊急事態宣言』発令以降、

 

 

東京、大阪をはじめとした大都市圏を中心に、特定業種を除いて、

『リモートワーク』なる『会社出勤しない働き方』が一気に加速。

 

 

これにより、

 

 

今までの『出勤時間』『(業務内)移動時間』が大幅短縮されて、

その分、『付加価値』を生み出す仕事に充当する時間が増加する。

 

 

そして、

 

 

『リモートワーク』では、人事評価の曖昧バイアスは削ぎ落とされ、

純粋に、『結果を残す人間』が評価されるような時代になっていく。

 

 

このように、言われています。

 

 

流石に、

 

 

『現実世界』は、『理想世界』ほど論理的には進みませんが、

それでも、時間をかけて、これは実現されていくと考えます。

 

 

概論として、

 

 

『新型ウイルス』を契機に、『時間効率』は大きく見直されて、

優秀な人間にとって、以前と『同等の付加価値』を生み出す為、

消費される『時間』は格段に短縮されました。

 

 

その結果、

 

 

遂に、『副業』を具体的にスタートする方々が増えて、

本格的な『副業解禁時代』が到来したと感じています。

 

 

また、

 

 

今回の『コロナ禍』を経験したことで、『会社員』という立場に、

以前ほど『安定性』が無いと感じた方々が多いことも要因ですね。

 

 

私自身、このタイミングで、多くの方々から『事業相談依頼』の連絡を受けました。

 

 

企業サイドも積極的で、

 

 

以前から、『副業承認』を明言していたヤフーなどでは、

『副業人材』の募集を企業として受け入れ始めています。

 

 

先日、

 

 

社外公表した『募集枠:100人』に対しては、

実に、小学生(!?)から80代(!?)まで、

累計4500名もの応募が殺到したと言います。

 

 

世間の関心の高さを、象徴している数字ですね。

 

 

凡ゆる物事で共通するように、

 

 

今日取り上げる『副業』というテーマにおいても、

それぞれの視点で『メリット』『デメリット』は共存しています。

 

 

例えば、

 

 

企業視点から見た『メリット』としては、

終身雇用維持の必要性・義務もなくなり、

人材の流動性を、これまで以上に確保することが出来ます。

 

 

また、

 

 

『副業』ができる人間は、確実に仕事が出来ますから、

『本業』に対する成果向上も、きっと期待できますね。

 

 

反対に、

 

 

企業視点から見た『デメリット』としては、

自社に従事することで得られた『情報』を、

『副業』サイドに漏洩・転用されてしまうこと。

 

 

加えて、

 

 

よく言われていることですが、ダブルワークすることで、

『本業』に対する労力が疎かになる(?)といったことでしょうか。

 

 

今度は、

 

 

視点を変えて、会社員視点から見た『メリット』は、

単純に『収入アップ』や『能力向上』を望めること。

 

 

デメリットは、、、、

 

 

あまり思いつきませんが、強いて挙げるとするなら、

『自分が、価値創出できない人間だ』という事実を、

突きつけられる可能性があるということでしょうか。

 

 

『システム』から外れた時、『1円』稼ぐことのできる人材は、

残念ながら、私たちが想像する以上に『少数派』だと言えます。

 

 

この流れ(副業解禁)について、

 

 

社会全体の『民意』も、想像以上に『好意的』と感じており、

大半の国民が、『副業』を強く意識する時代が到来しました。

 

 

ところで、あなたは『副業』をやって(出来て)いますか??

 

 

自らの『人的資本』を意識的に高めていかなければ、

これから先の時代は、生き残れないかも知れません。

 

 

ドラスティックに『変化』を迫られる時代、

時流に乗って、『新たなスタート』を切ることをお勧めします。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■9/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■9/26(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile