『地方銀行』から聞こえ始めた、『バブル崩壊』の警鐘。

今日のテーマは、『地方銀行から聞こえ始めた、バブル崩壊の警鐘』です。

 

 

ここ3ヶ月ほど、『公式ブログ』の連続更新が継続中です。

 

 

直接お会いする多くの方々から、

 

 

『毎日、情報発信されていて継続力が凄いですね!』と言われますが、

実際は、『1ヶ月』という期間の中では、1日、2日、飛んでしまう事が多かった。

 

 

それでも、

 

 

多くの方々は『毎日情報発信している』と認識して頂いているのですが、

個人的には、新期首の10月から『連日発信』に拘って継続してきました。

 

 

実際、

 

 

日常的に『文章』を書かれている方は、ご理解頂けると思いますが、

『文章を書く』という行動は、想像以上に『思考回路』と『労力』が掛かります。

 

 

そして、

 

 

それ以上に、確保するのが難しいと感じるのが『時間』であり、

個人事務所として、400組のクライアントさんを抱えながら、

『公式ブログ』を毎日発信していく事は、並大抵では有りません。

 

 

最近は、

 

 

記事の書き出しが『時間が無い』で始まる事が増えてきている感がありますが、

今日も、例に漏れず『時間』があまりない為(笑)、書き進めていきたいと思います。

 

 

早速、『本題』に入ります。

 

 

この内容も繰り返しになりますが、様々な『リスク』を孕み続けながら、

米国、日本に代表されるように、『株式市場』の動きが非常に『堅調』です。

 

 

事実、

 

 

米国市場は、昨日(12月18日)付けの『終値』として

『NYダウ平均株価』は、依然として『2万8000ドル台』の高水準を付けます。

 

 

本日12月19日、

 

 

『日本市場』は若干の下落が見られたものの、

『日経平均株価』は、こちらも高水準の『2万3000円台後半』をキープ。

 

 

トランプ大統領の『弾劾決議』もスタートしていますが、

このままいけば、何事もなく『平穏』のうちに『2019年』を追えそうですね。

 

 

しかし、

 

 

ちょうど2年前、2017年の高値圏から、翌年2018年、

年明けと同時に暴落した記憶もあるので、まだまだ予断を許さない状況ですよね。

 

 

昨日、

 

 

世界的投資家:ジム・ロジャーズの書籍を読み返していましたが、

その中でも『ベア(下落市場)の到来は、誰も正確に予測できない』と書かれていました。

 

 

稀に、

 

 

『短期市場が読める(予言できる)!』と豪語する輩に出会う事もありますが、

個人的には、そのような『フェイク』よりも、『世界的投資家』の言葉を信じようと思います。

 

 

過去には、

 

 

2008年の『サブプライム・ショック』等、歴史的大暴落がありましたが、

世界で最初に『暴落』を見抜いた中の一人とされるジョン・ポールソン氏が、

『米国・不動産市場』のイカサマを指摘したのは『2004年』の事です。

 

 

彼の理論では、

 

 

2004年時点で、米国・不動産市場は『破綻的状況』にありましたが、

その理論に逆行して、市場はその後『3〜4年間』ほど上昇し続けました。

 

 

少し考えれば当然の話ですが、

 

 

実際、米国不動産市場が『最高値』を付けたのは、暴落直前の2007年であり、

この時点では、市場は『お祭り騒ぎ』を続けて『乱痴気パーティー』の真っ只中。

 

 

ジョン・ポールソン氏始め、

 

 

世界でも極一握りの『賢者』たちが、市場の『イカサマ』を指摘していましたが、

当時は、その彼らの方が『気狂い(きちがい)』として扱われていたのです。

 

 

そして、、、、10年以上の歳月が過ぎて。

 

 

『歴史は繰り返す』とはよく言われたもので、2019年現在、

世界市場は、再び『実体』とは掛け離れた『熱狂』の最中にあると考えます。

 

 

自分自身も含めて、『人間』は、本当に愚かな生き物ですよね(笑)

 

 

『痛みを伴う経験』も、時間の経過と共に、見事なまでに『記憶』から消え去ります。

 

 

2020年以降、私たちは再び、『多大な痛み』を経験する時が来るのでしょうか??

 

 

前述、

 

 

非常に『堅調過ぎる』推移を続けている『経済市場』ですが、

日々、様々な分野に潜む『小さな綻び』の集積から『警鐘』は鳴り続けています。

 

 

先日も、個人的にはとても気になる報道を発見しました。

 

 

『日本の地方銀行が、ジャンク債寸前の債券市場に資金投入を始めている』

 

 

某メディアの報道によると、

 

 

『日本国債』を始めとして、『(超)低利回り』が長期化する債券市場において、

利益確保に苦しむ『国内地方銀行』が、『定格付債券』に資金投入している、と。

 

 

直近1ヶ月では、

 

 

今回の調査に回答した『29行』の地方銀行のうち『5行』が、

『BBB級格付け外国債券』を購入し、今尚、保有していると回答。

 

 

明るい方はご存知の通り、

 

 

信用格付けにおいて『BBB(トリプルB)級』というレベルは、

『投資適格』とされる債券の中でも最低水準、『ジャンク債』スレスレの基準です。

 

 

当然、

 

 

その分野が専門の『金融機関(地方銀行)サイド』も、百も承知ですが、

それでも、『日本国債』等の利回りが過去最低水準を記録する昨今では、

上記のような『ジャンク債』に手を出さざるを得ません。

 

 

現在の世界では、

 

 

冒頭ご紹介したような『株式市場』の高揚感は継続しているものの、

市場が孕む『リスク』は、参加者(投資家)も理解している為、

『債券市場』にも資金流入し、利回りが抑制される状況が続きます。

 

 

必然、

 

 

『利回りビジネス』を主戦場とする『金融機関』は苦戦を強いられますから、

その『歪』の集積が、地方銀行の『投資行動』として顕在化しているのです。

 

 

私見として、

 

 

『リセッション(景気後退)』と『市場の調整』は近い将来起こると考えますが、

その『サイン』は、様々な分野から『小さなもの』として常に発信されています。

 

 

読者の皆さんが、その『警鐘』をしっかりキャッチして、自助努力で、

『資産形成(ライフ・プランニング)』を進めていかれる事を願います。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮12月20日(金)、大阪・梅田12月23日(月)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年12月20日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年12月23日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile