『基軸通貨:米ドル』の、ファイナンス観点から見た力強さ。

今日のテーマは、『基軸通貨:米ドルの、ファイナンス観点から見た力強さ』です。

 

 

最近、市場が『混沌』としています。

 

 

これまで、

 

 

成立してきた『セオリー』は、尽(ことご)く無視され、

短期的には、『予測不能』と言える動きを繰り返します。

 

 

私自身、

 

 

短期的な市場変動には、常日頃から興味がなく、

また、その影響を受けないよう『資産形成』を進めています。

 

 

しかし、

 

 

最近の市場動向に、『研究対象』としての興味は惹かれており、

日々、ワクワクした気持ちを持って、注視させてもらってます。

 

 

例えば、

 

 

『株式』と『債券』の両市場は、

歴史的に『逆相関』と考えられてきましたが、

現在では、同様の動きで高騰し続けています。

 

 

また、

 

 

『株式』と『(金に代表される)コモディティ』の両市場も、

これまでの歴史を振り返れば『逆相関』が成立したはずです。

 

 

しかし、

 

 

2月末から3月にかけて、突如襲来した『コロナ危機』を経て、

『株式市場』は急回復を見せているにも関わらず、『金』も高騰しています。

 

 

先日もご紹介させて頂いた通り、

 

 

取引単位『トロイオンス』あたりの取引価格は、

過去最高値更新はおろか、史上初の『2000ドル』も突破してしまいました。

 

 

物理空間(自然科学界)であれば、

 

 

私たちを支配する『法則』は、『有史以来』はおろか、

宇宙が誕生した『138億年前』から不変のはずです。

 

 

しかし、

 

 

冒頭からご紹介の通り、直近の市場動向はこれに当てはまらず、

近代、数百年間成立した『法則』が、変化しようとしています。

 

 

そして、

 

 

前述した現象のほか、私が、興味を惹かれて注視するのが、

『高揚感』が漂う市場にも関わらず進行する『円高』です。

 

 

例えば、

 

 

2000年代後半からのトレンドとして、

世界経済にインパクトを与える有事が起こった際、

日本円は『避難場所』としての役割を担いました。

 

 

実際、

 

 

2007年後半から顕在化した『サブプライム』の際などは、

先進諸国の中で、日本が唯一、金融を引締めていた事もあり、

『日本円』は過去最高にその価値を高めていました。

 

 

今からは想像し難いですが、

 

 

『1米ドル=80円〜90円台』を推移する時代が続き、

瞬間最大風速としては、『75円台』も記録しています。

 

 

流石に、

 

 

その時代(超円高の時代)が、再び到来するかは分かりませんが、

『避難所』としての役割も、最近まで正常に(?)機能しました。

 

 

しかし、

 

 

直近の『為替相場』を観察すると分かりますが、

少し、『イレギュラーな動き』を見せています。

 

 

前述の通り、

 

 

米国市場を中心に、『株式高』が進行しているにも関わらず、

市場参加者の間には『高揚感』と『不安感』が混在しており、

『円高』へと触れてしまう場面が多々あるのです。

 

 

これは、どういうことなのでしょうか??

 

 

例えば、

 

 

『株式市場』が堅調に推移する場面では、

投資家は『リスク』を積極的に引き受けるので、

『日本円』の需要は低く『円安』が進行します。

 

 

反対に、

 

 

『株式市場』に不穏な空気が漂いはじめると、

投資家は『リスク』を嫌って資金を引き上げ、

『日本円』の需要が高まる為『円高』が進行します。

 

 

ただ、

 

 

今、進行しつつあるのは『株高』と『円高』の相反する現象です。

 

 

これは、

 

 

明らかに『米ドル』が供給過剰にあり、

『株式市場』の流入では解消しない程、

資金がダブついているということです。

 

 

その為、

 

 

資金の供給バランスが『日本円』との間で相対的に崩れ、

結果論として、『円高』に進行してしまっているのです。

 

 

2020年度、

 

 

『日本国』も、様々な『経済支援策』を展開しており、

ほぼすべての原資を『国債発行』により賄っています。

 

 

しかし、

 

 

米国は、それをも凌駕する『国債発行』を断行しており、

日本以上に、市場に対して『資金供給』し続けています。

 

 

以前から、

 

 

世界の覇権国である『米国』は、それと同時に、

『世界一の債務国』とも言われ続けてきました。

 

 

にも関わらず、

 

 

『米国』は、この状況でも『国債増発』がバンバン行われ、

『国家債務』も、積極的に積み上げ続けることが出来ます。

 

 

一見すると、凄く『ダメ人間』ですよね(笑)

 

 

ただ、

 

 

なぜ、そのような『無茶苦茶な理論』が成立するかと言うと、

米国が『基軸通貨:米ドル』の覇権を握り、ルールを作ることが出来るから。

 

 

先日の記事中、

 

 

MMT(現代貨幣理論)なる暴論(?)をご紹介しましたが、

これは『基軸通貨:米ドル』を持つ米国のみは成立可能です。

 

 

数年前、

 

 

『人民元』がIMFのSDR通貨に加えられた際などは、

国家としてのポテンシャル(潜在能力)も考慮して、

『米ドルを凌ぐのでは??』と言われたことがあります。

 

 

しかし、

 

 

現時点、世界的な『流通量(決済量)』や、

通貨としての『ポテンシャル』を考えると、

『人民元』にそこまでの世界的影響力は有りません。

 

 

『時代の転換点』は、将来的には訪れるかも知れませんが、

それが『今直ぐ』とは、中々考えられないということです。

 

 

世界的な『株高』にも関わらず、進行する『円高』が、

間接的に『基軸通貨:米ドル』の力強さを実感します。

 

 

今後も、暫くの期間、『米国ドル』の時代は続きます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*ご希望の開催日時を選択の上、お申込みください。

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile