【挑戦者】であっても、【ギャンブラー】たること無かれ。

今日のテーマは、『挑戦者であっても、ギャンブラーたること無かれ』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『なぜ、お金持ちは暗号資産に手を出さない??』と題して、

彼ら・彼女らに『必要性がない』という事実を紹介しました。

 

 

1つの事例として、

 

 

自然界においても、群中の『序列』が低位置である個体ほど、

カースト(群中の秩序)を無視して、革命を起こしがちだと。

 

 

当然ですが、

 

 

反対に、郡中での『序列』が、上位に位置している個体では、

その傾向(秩序を無視して革命を起こす)はほぼ見られない。

 

 

何故なら、

 

 

彼らは、現時点、すでに『高い評価』を得ている訳ですから、

わざわざ秩序を乱して、リセットする必要性などありません。

 

 

つまり、

 

 

一旦、善・悪の評価は脇に置いておくとして、序列上位者は、

必然的に、『勝者の戦略』を選択することが可能となります。

 

 

この辺り、

 

 

ボクシングの事例が理解し易いですが、王者の立場の人間は、

ドロー(引き分け)狙いでも、自らの『王位』を維持できる。

 

 

しかし、

 

 

挑戦者(序列の低いもの)は、『勝利』が絶対条件になる為、

打ち込まれる『リスク』を負っても、懐に入らざるを得ない。

 

 

確率論として、どちらの『勝率』が高くなるかは歴然ですね。

 

 

結果、『富めるものは、益々富む』という状況が成立します。

 

 

前述、

 

 

自然界では『序列(群中での順位)』として紹介しましたが、

人間界においては、それは『経済力』へと置き換えられます。

 

 

つまり、

 

 

『ギャンブル』に興じる人間は、総じてお金を持っておらず、

反対に、お金持ちと言われる方々は『ギャンブル』をしない。

 

 

『鶏が先か、卵が先か』に通じる話ですが、それは真理です。

 

 

このように展開すると、

 

 

『序列』が低いことは『ネガティブ』に捉えられがちですが、

全てに100%の偏りが無いように、メリットも存在します。

 

 

その1つが、

 

 

『失うものがない』ということを、究極の強みとして発揮し、

『挑戦者』『冒険家』として、チャレンジできるということ。

 

 

例えば、

 

 

大西洋インド航路(正確には異なる)の発見者コロンブスは、

絶対的に、『貴族』等の位の高い出身ではないと分かります。

 

 

もし仮に、

 

 

彼自身、高貴な家柄の出身であれば、自らの『命』を晒して、

新たな航路(新大陸?)を求める行動は取らなかった筈です。

 

 

しかし、

 

 

新航路発見という『ギャンブル』を『挑戦』たらしめたのは、

地球が球体であるという事前の緻密な計算によるものでした。

 

 

それでも、新たな挑戦は、少なからず『リスク』が伴います。

 

 

本題に入ると、

 

 

私自身、決して、それに対して否定的な立場をとる訳でなく、

暗号資産(仮想通貨)は、歴史的イノベーションと捉えます。

 

 

何せ、

 

 

その誕生から10年程で『100兆円』もの市場規模を誇り、

世界全体における保有者も、『数億人』レベルに拡大します。

 

 

人類有史以来、

 

 

『貨幣』の主導権を、掌握してきた『権力者:国家権力』に、

初めて、対抗し得る『ポテンシャル』を有している対象です。

 

 

しかし、

 

 

反対に、その『影響力』の大きさそのものが弊害・仇となり、

その実用性・実現可能性も、一筋縄では進展しないでしょう。

 

 

現に、

 

 

先日もご紹介した『リブラ(現・ディエム)構想』の破綻が、

端的な(同様)事例として、その事実を証明しているのです。

 

 

勿論、

 

 

あらゆる物事に共通して、これからも『改革』は大切ですが、

そこに、確実に存在する『リスク』を理解することも不可欠。

 

 

間違っても、逆転狙いのフル・ベットだけは避けてください。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile