『大冒険投資家語録』①:子供の増えない国は、衰退する。

今日のテーマは、『大冒険投資家語録①:子供の増えない国は、衰退する』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『大冒険投資家』の異名を持つ、世界トップクラスの大富豪、

『ジム・ロジャーズ氏』についてご紹介しました。

 

 

記事の中でもお伝えしましたが、

 

 

このクラスの方々になると、もはや『一投資家』という域を超えて、

人生に対する考え方自体に、明確な『軸』を持つ『偉人』です。

 

 

その証拠に、

 

 

彼の場合、その『投資手法』に関するものではなく、

彼の『考え方』そのものが書籍として、活字化されて発行されることが多い。

 

 

この辺り、

 

 

同じく『世界No. 1投資家』として賞賛されている、

オマハの賢人、『ウォーレン・バフェット氏』と同じですね。

 

 

折角、

 

 

昨日の公式ブログでジム・ロジャーズ氏を取り上げたので、

ここから数日間は少しだけ、彼の『語録』を紐解いてみようと思います。

 

 

その第一弾としてご紹介するのが、今日のタイトルの言葉。

 

 

『子供が増えない国は、ただ、衰退するだけ。』

 

 

いつも情報発信させて頂いていますが、

日本は、直近の『50年間』、歴史上最も急速に繁栄する時期を過ごしてきました。

 

 

少し考えてみると、

 

 

『ポツダム宣言』を受諾して、無条件降伏・完全敗戦したのが、

西暦1945年、今から『75年』程しか経過していない時のことです。

 

 

私の誕生が1984年。

 

 

未だ、

 

 

終戦から『40年』も経たないうちに日本に生まれた訳ですが、

その時既に、この国は『経済大国』へと上り詰めていました。

 

 

実際、

 

 

生まれてから来月で『35年』が経過しますが、

今まで、『物資不足』『貧困』で困った経験は有りません。

 

 

いつの間にか、

 

 

私たちの中には、そういったものに対する『不安感』さえ、

想像・想定すらしなくなっているという現実が有ります。

 

 

これは、世界的に見ても稀で、実はとても凄いことです。

 

 

『個』の力では劣っていても、『組織力』で世界と戦って来た、

その過程で築かれた日本の『定期昇給・終身雇用』等の制度は、

世界をリードする理想郷のように見られる時も有りました。

 

 

また、

 

 

健康保険・国民年金で成り立つ『国民皆保険制度』は、

2019年現在においても、世界でも稀に見る社会保障制度として存在し続けています。

 

 

が、それも、あと数年のことです。

 

 

ジム・ロジャーズ氏の『語録』に戻ると、

子供の増加が止まってしまったこの国で、

今後も、それらが維持される可能性は有りません。

 

 

こちらも、

 

 

小難しい方程式を解くまでも無く、単純な理屈で、

『社会保障制度』の受給者サイドは高齢者に偏っており、

保険料を納入している現役世代が継続的に減少する事で、

その収支バランスが『歳出過剰』の状態に陥るからです。

 

 

単純に、『加法・減法』の話です。

 

 

また、

 

 

『社会保障制度』という観点以外の面においても、

子供が減少し、継続的に現役世代が減少し続ける国においては、

GDP(国内総生産)も比例的に減少していく事が考えられます。

 

 

一概に、

 

 

それが『国家衰退』に繋がる訳では有りませんが、

やはり、国際的な『プレゼンス』低下は避けられないのが実際のところです。

 

 

また話を戻すと、

 

 

『子供の減少(長期視点では人口減少)』に対する対応策として、

考えられる解決方法は、シンプルに『2つ』だけです。

 

 

1つは、現状の反対で、『子供を増やす』こと。

 

 

そして、

 

 

もう1つは、上記の方法が叶わないのだとしたら、

日本から見て海外諸国から、『移民』を受け入れていくことです。

 

 

しかし、

 

 

一見、シンプルに見えるこの方法も、

現実世界で行おうとすると、それほど単純な問題では無くなります。

 

 

前者に関しては、『具体的にどうすれば??』という問いに、

明確な回答が出来る人は、世界中どこにも存在しないと思います。

 

 

また、

 

 

後者は、『島国』として数千年間、独自文明を築いてきた、

『日本』という国家に受け入れられるイメージが全く湧きません。

 

 

これに対して、

 

 

現在、日本政府は『1億総活躍時代』と銘打って、

『定年退職』という固定概念を根底から覆し(?)、

『生涯現役』を全国民に強いることで乗り切ろうとしています。

 

 

しかし、

 

 

これは、体調を崩した際の『対症療法』と同じことで、

根本的な解決は何もしておらず、『根治療法』では決して有りません。

 

 

これからの日本が困るのは、

 

 

『少子高齢化』により『労働力減少』が深刻化することでは無く、

『年代別人口ピラミッド』の構成が『歪』になることから始まる、

『社会保障制度』の長期的な収支バランスの悪化だからです。

 

 

もしも、

 

 

『1億総活躍時代』の真意が、『生涯現役』を貫かせる事で、

『社会保障制度』の給付を(大幅に)減少させていく狙いがあるなら納得です。

 

 

しかし、

 

 

そんな事を表立って打ち出せば、必ず選挙には負けますから、

『自分ファースト』を掲げる議員の方々が、それを積極的に押し進めるとは考えられない。

 

 

結果、

 

 

こちらも案の定『場渡り的な政策』な政策が繰り返されることになり、

最終的に、誰かが『ババ』を引かざるを得ない状況になるまで続きます。

 

 

『1億総活躍時代』の実現により、

現在、『日本』という国が抱える問題は、解決していくのか??

 

 

残念ながら、答えは『NO』です。

 

 

そういった事もしっかりと見抜きながら、

先ずは『自分』の身をしっかりと守る為、『資産形成』を進めて頂けたら幸いです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮3月25日(月)、大阪・梅田3月27日(水)の日程にて開催します。

 

 

■2019年3月25日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年3月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile