『大都会0円生活』を満喫できる人間が、生き残ることが出来る。

今日のテーマは、『大都会0円生活を満喫できる人間が、生き残ることが出来る』です。

 

 

まだまだ、『コロナ危機』の終息が、見えて来ませんね。

 

 

先行した『7都市圏』に続いて、

 

 

全国47都道府県規模に拡大された『緊急事態宣言』ですが、

間違っても、5月7日から『日常』が戻ると、考える人はいないでしょう。

 

 

専門家・指揮者の中には、

 

 

2020年内どころか、2021年、2022年に跨がり、

人類全体での『集団免疫』獲得には、10年程の期間を要すると仰る方もいます。

 

 

そう考えると、

 

 

来月(5月)どうこうという話では決してなくて、

経済全体としての『活動自粛期間』も、長期戦になることは必至です。

 

 

個人的な考えでは、

 

 

このような状況で、バタバタと行動し続けるのは、

『何かが、違う』と、違和感を感じてしまいます。

 

 

スポーツ経験者なら理解出来ますが、

 

 

野球でも、サッカーでも、バスケットでも、マラソンでも、

積極的に何かを仕掛けても、尽く外れる、『流れが悪い』時間帯は存在します。

 

 

その時、

 

 

素人は、どんどん焦って『奇策』を仕掛けては、自滅するのですが、

それは、『必要な体力』を、足掻くことで『浪費』した結果に他なりません。

 

 

恐らく、

 

 

戦国時代、名だたる武将達の『戦』の仕方もそうだったと推測しますが、

『仕掛けるタイミング』に向けて、しっかり『蓄える』時間帯は、絶対に要ります。

 

 

そして、

 

 

その判断の『妙』こそが、名将・愚将を分けたと思いますが、

私たちも、自分自身の『人生』における、『名将』になる必要があります。

 

 

今(今後、暫くの期間)は、ぐっと、耐える時です。

 

 

先日の『公式ブログ』でも書きましたが、

 

 

これだけ、世界全体の『経済活動』が、一斉にストップしている時、

そもそも、『お金』の流れ自体が滞留しているので、焦って良いことは何もない。

 

 

私自身、

 

 

今月に入り、『外出自粛活動(?)』を本格化させていますが、

もう、めっきりと『お金』を使う機会は減少してしまいました。

 

 

当然、

 

 

事務所家賃等の『固定費』は、継続して発生していますが、

『対人』の場面がほぼない為、『接待交際費』の使い道が有りません。

 

 

時流に乗り、

 

 

『ZOOM』等を活用した面談・ミーティングも継続していますが、

『リアル』でお会いする場合と比較して、掛かるコストは激減している状況です。

 

 

『無人島0円生活』

 

 

私自身、ほとんどその企画を観ていないのですが、

昔、芸人さんが、『無人島0円生活』に挑戦する企画が有りましたよね。

 

 

(*今も、継続中ですか??)

 

 

実際、

 

 

メディアなので、どこまで『リアル(真実)』なのか真偽不明ですが、

サバイバル生活に挑戦し、『お金』を使わず、生活していく企画だったようです。

 

 

そもそも、『無人島』であるなら、『お金』など使えない訳ですが。

 

 

そこそこ、継続していたという事は、人気も高かったのでしょうね。

 

 

皆さん、

 

 

その時は、1つの『エンターテイメント』として楽しまれていたと思いますが、

今、私たちに求められている能力は、実は『0円生活』の能力かも知れません。

 

 

流石に、

 

 

これを機に、『無人島』に移住するのは現実味がないので、

目指すのは『大都会0円生活』といったところでしょうか。

 

 

勿論、

 

 

完全に『0円生活』を送ることは、ほぼ不可能と考えますが、

きちんと『戦略』を練れば、かなり、近付ける事が出来ます。

 

 

今回の『コロナ危機』とは関係なく、

 

 

世の中、特に、人口の絶対数が大きくなる『大都市圏』では、

21世紀を迎えた頃から、ある『1つの傾向』が顕著になって来ました。

 

 

それは、

 

 

あらゆるビジネス・業界において、一般的サービスの『無料開放』が起こり、

一部(極少数)の『優良(有料)ユーザー』の存在が、そのコストを支える。

 

 

ざっと周りを見渡してみても、枚挙に遑(いとま)が有りませんね。

 

 

例えば、

 

 

スマートフォン対応の『無料通信アプリ』がそうですが、

今では、老若男女問わず、ほぼ全ての国民が活用していますよね。

 

 

最近では、

 

 

国家のボーダーを超えて、『無料通話』まで出来てしまうので、

電話会社も『商売あがったり』の莫大なメリットを、利用者に提供しています。

 

 

当然、

 

 

私も、その『恩恵』に与っているのですが、

『スタンプ』すら購入したことのない私は、

サービス提供会社に、文字通り『1円』も支払っていません。

 

 

一般に、

 

 

この『通信アプリ』は、『無料ユーザー:95%』の存在を、

『有料ユーザー:5%』程が支えることで、成立していると言われています。

 

 

このような事例は、意識してみると、意外に多く存在します。

 

 

他にも、

 

 

『海外諸国』ほどの充実度では無いにせよ、最近では『日本』でも、

大都市圏では『FREE Wi-Fi スポット』が数多く存在するようになりました。

 

 

ある時、

 

 

『ニート』『ホーム・レス』の方々に対して、強く興味が湧き、

そこにフォーカスした、関連書籍を読み漁った時期があります。

 

 

そうすると、

 

 

実際、彼ら・彼女らはそれ(FREE Wi-Fi)を有効活用しながら、

大都市圏のメリットを享受して、『0円生活』を謳歌していました。

 

 

流石に、

 

 

『有料ユーザー:5%』が『無料ユーザー:95%』を支えるのは極端ですが、

『80:20』配分であれば、世の中に、無数に存在していると考えられます。

 

 

無論、

 

 

『大多数(80%)』が『コスト・ゼロ』で生活しているという訳ではなく、

その『事象』が、日常生活の中で、幾重にも重なり、同時並行で起きている。

 

 

当然、

 

 

それぞれは『独立事象』として存在していますから、

これが『10回』連続すれば、無料ユーザーは『10%程度』に減少します。

 

 

0.80 × 0.80 × 0.80 × 0.80 × 0.80 ×

0.80 × 0.80 × 0.80 × 0.80 × 0.80

 

 

上記計算式(0.80の10乗)の回答が、『0.107374….』です。

 

 

つまり、

 

 

『大都市圏』という1つの括りの中に生きている方々の中にも、

都市圏ならではの、『高コスト体質』に生きている方もいれば、

『0円生活(低コスト体質)』を謳歌している人も、少数派ながら存在する。

 

 

本日(4月20日)、顕在化した報道では、

 

 

『ANA(全日空)HD』の、2020年1月ー3月期速報値で、

『約600億円』にも上る『損失(赤字)』を計上してしまったようですね。

 

 

天下の『全日空』ですら、この惨状です。

 

 

クライアントさんの中には、関係者もいらっしゃる為、本当に心配です。

 

 

しかし、本当の『惨劇』は、未だ、これから始まるという説もあります。

 

 

もしかしたら、

 

 

『会社員』の方で、自覚・実感していない人もいるかもですが、

暫くの期間、ほぼ全ての方々の『収入』が、大きく減少します。

 

 

この状況で、『収入』の減少がない(殆どゼロ)のは、

我らが日本国の『政治家・官僚』の先生方くらいです。

 

 

『大都会0円生活』

 

 

今から、少しずつ慣れておくのも、得策かも知れません。

 

 

『サバイバル』が必要な時期は、人生には、確実に存在しています。

 

 

尚、

 

 

今月(4月)度(*今後の事態の進展によっては、来月5月度も)開催予定の、

『資産形成セミナー』は、大阪・神戸とも『ZOOM個別受講』に切り替えます。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile