『奴隷の人生』を選択しているのは、自分自身。

今日のテーマは、『奴隷の人生を選択しているのは、自分自身』です。

 

 

公式ブログでもマイ・ストーリーを書き続けてきましたが、

私は20代を『会社員』として過ごし、『30歳』を機に独立しました。

 

 

ただ、

 

 

一般的な『独立・起業する方々』と違って、

きちんと準備を重ね、『経済的基盤』も整えた上でのスタートです。

 

 

『鳥人間コンテスト』って、ありますよね??

 

 

あれを見ていると気付くと思うんですが、

全体の8割、9割の団体が、『飛ぶ』というより、ほぼ『垂直落下』で終わってしまいます。

 

 

この『鳥人間コンテスト』と『独立・起業』というのは、

個人的に、とても似ている部分があると感じているんです。

 

 

確かに、

 

 

『鳥人間コンテスト』においても、

スタート地点に立つのは全体の少数派で、それだけでも『勇気ある行動』だと思います。

 

 

ただ、

 

 

きちんと『準備』を整えてスタートするから『挑戦』になる訳で、

その『準備』を怠ったまま飛び出すのは『無謀な行動』に他なりません。

 

 

『清水の舞台から飛び降りる』という言葉がありますが、

これは、現実の世界でやってしまったら、普通に死んでしまいます。

 

 

著名人や成功者の方々を中心に、

『大好きなことをやって生きよう!』と提唱されている方々がいらっしゃいますよね??

 

 

私自身、かつてはこの意見に賛同で、周りの方々にも鼓舞していました。

 

 

しかし、

 

 

自分自身が実際に『独立・起業』を経験して感じたことは、

『これは、誰にでも出来る事ではない』という事です。

 

 

なので、

 

 

今は『大好きなことをやって生きよう!』と提唱するのは辞め、

本当に『熱意』『センス』ある人に限定して、独立・起業を勧めるようにしています。

 

 

話が逸れたので、元に戻します。

 

 

20代の7年半という期間『会社員』を経験して、

もちろん、自身の人生の『礎』になったことも多々ありますが、

『自由』『行動』の制限を感じる場面も多々ありました。

 

 

具体的に例を挙げると、

 

 

私が就職した製薬業界の営業職は、

大半の企業で『全国勤務可能』が働かせてもらう為の条件です。

 

 

北は北海道から南は沖縄まで、全国津々浦々ある医療機関の全てに、

各企業の営業担当者が、必ず紐付けされています。

 

 

つまり、秘境と呼べる地域の施設も、誰かが担当しなければいけない。

 

 

対して、

 

 

大手企業になる程、就職希望者は首都圏・関西圏が中心ですから、

その『秘境』の地域は、大半の社員にとって縁も所縁も、思い入れも全くない土地な訳です。

 

 

当然のごとく『異動・転勤』は会社が考えることですから、

被雇用者の『会社員』サイドで、コントロール出来る訳がありません。

 

 

この状況で『会社員』として働くことを選択する事で、

『居住地』『タイミング』『人脈』という選択権を放棄している事になるのです。

 

 

また、

 

 

普段の『行動』も、大きく『制限』を受ける事になります。

 

 

私が『会社員』時代に最も苦痛だったのは、

月1回の『研修』と、月2回の『会議』で終日拘束されてしまう事。

 

 

これは、

 

 

『会社員』として働く以上『踏み絵』のような位置付けで、

(*事実、この日の有給取得も困難な状況でした。)

『月3日』という時間を、無条件に捨ててしまわなければいけません。

 

 

私の同僚や先輩方(もはや違和感すら感じていない)は、

この事に対して、それほど『苦痛』を感じていなかったように思います。

 

 

しかし、

 

 

『月3日』と言えど、年間で『36日』という期間、

10年間累計で『360日:約1年間』の時間(人生)を放棄することは、

私にとっては耐え難い『苦痛』でした。

 

 

『40年間』続く会社員生活全体で考えると、

累計で『4年間』もの『時間:人生』を捨てなければいけない計算になります。

(*実際は、前後の制約も含めて、ほぼ40年間を捨てることになります。)

 

 

『自分』の人生にも関わらず、

『自分以外の誰か』に、自身の『行動』を制限・決定されてしまっている。

 

 

この公式ブログ読者の皆さんも、自身の生活を振り返ってみて、

『違和感』『苦痛』を感じてきてくれていますか??

 

 

まず、この『健全な感覚』を取り戻して頂くことが大切です。

 

 

『自分以外の誰か(他人)』に行動を制限されてしまう人生、

これは、紛れもなく『奴隷の人生』と言って良いと思います。

 

 

『奴隷』という言葉を聞いて、

『ポジティブ』な印象を持たれる方は、そういらっしゃらないですよね??

 

 

一般的には、

 

 

『奴隷の人生』というものを、

率先して選択する人などいないと、ほとんどの人が考えると思います。

 

 

でも、

 

 

実際は、その環境に慣れてしまうと、

人は簡単に『奴隷の人生』を強く望むようになるんです。

 

 

例えば、次のような言葉を聞いたことはありませんか??

 

 

親・親族が強く進言したから、その人と結婚した。

(あるいは、その人と結婚しなかった。)

 

 

配偶者・周囲の人から強く止められたので、独立・起業を諦めた。

(あるいは、他人に言われて独立・開業した。)

 

 

会社・上司から命じられたので、その仕事・役職を甘んじて受け入れた。

(あるいは、その仕事・役職に挑戦しなかった。)

 

 

友人・知人たちから批判を受けたので、自身の『夢』への挑戦を諦めた。

(あるいは、自身の意に沿わない道に進んだ。)

 

 

などなど。

 

 

おそらく、一般社会にはこれらの言葉が溢れていて、

こういった考え方をしている人は、全体の大半を占めるのかも知れません。

 

 

そして、

 

 

こういった方々は『大きな考え違い』をしていて、

『私は周囲の期待に応えてきた、良い子』と思っているのかも知れない。

 

 

しかし、

 

 

少しだけ厳しいけれど、率直な意見を言わせて頂くと、

彼ら・彼女らは、自分で『決断』して進むことの『責任』から逃げ、

他者にその『責任』を転嫁してきた『卑怯者』だと思うんです。

 

 

自ら『決断』して『行動』すると、

否が応でも、何かしらの『結果』が出てくるのは当然です。

 

 

『良い結果』が生まれることもあれば、

もちろん、『悪い結果』が生じてしまうことも、人生にはありますよね。

 

 

ただ、

 

 

その『行動』の理由を『他者の意思』に転嫁してしまうと、

どんな『結果』だ出てこようとも、自身は『責任』を取らなくて良くなる訳です。

 

 

『良い結果』が生まれた時は、喜び、自分の『権利』を主張し、

『悪い結果』が生まれた時は、他者を批判して、ぶうぶう言っていれば良い。

 

 

『奴隷の人生』を送ることは、慣れ切ってしまった人間からしたら、

『挑戦の人生』『自由な人生(自己責任の人生)』を生きるよりも、楽になるのです。

 

 

支配するサイドは『生かさず』『殺さず』与えるので、

その中で生活している分には、過度に『リスク』を取ることもありません。

 

 

ちょうど、『水槽の中の金魚』『檻の中のライオン』といった所でしょうか??

 

 

ここまで記事を読んできていただいて、

後は、読者の方々が、自身で何を感じてくださるかです。

 

 

『自分は、奴隷の人生のままでいいや。』と思うのか、

『ほんまや、やばい!奴隷の人生を脱出したい!』と考えるのかです。

 

 

前者は、『変化』を恐れて何も行動せず、今まで通りの生活を続け、

後者は、勇気を持って『変化』し、『自由』に向けて活動を始めます。

 

 

両者は、相入れない『異なる世界』で生活しています。

 

 

私自身は、後者の方々とこれからも『時間』『行動』を共有し、

『挑戦』を繰り返すことで『変化』し、人生をより豊かにしていきたいと思います。

 

 

『奴隷人生を脱出する為、資産形成をスタートしたい!』という方に最適なセミナーを、

神戸・三ノ宮は7月25日(水)、大阪・梅田は7月27日(金)にて開催致します。

 

 

■2018年7月25日(水)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年7月27日(金)開催!つみたてNISAポイントまるわかりセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile