『富裕層』が住む街ランク、『世界第2位:東京』は真実か??

今日のテーマは、『富裕層が住む街ランク、世界第2位:東京は真実か??』です。

 

 

ご存知頂いている方々もいますが、

土日は、いつもにも増して本業が多忙を極めます。

 

 

なので、今日も『前置き』なく、早速『本題』に入ります。

 

 

先日、少し興味深い報道が出ていました。

 

 

『世界の富裕層は10年に集中』

『ロンドン、東京、シンガポールがトップ3に!』

 

 

某不動産仲介会社の調査、2019年ウェルス・リポートによると、

保有資産『3000万ドル(日本円換算:約33億円)』以上の富裕層について、上記事実が判明しました。

 

 

まず、富(富裕層)が集中するのは、

 

 

・ロンドン

 

・東京

 

・シンガポール

 

・ニューヨーク

 

・パリ

 

・ソウル

 

・チューリッヒ

 

・北京

 

・台北

 

・サンパウロ

 

 

以上の10都市。

 

 

意外にも、世界の富の半分以上を保有するとされている『米国』において、

『世界トップ10』に入って来るのは『ニューヨーク』しか有りません。

 

 

また、

 

 

『EU離脱問題』が佳境に差し掛かった英国においても、

未だ、『第2位:東京』の1.4倍もの富裕層が本邸を置いていることが分かります。

 

 

更に、

 

 

世界の富裕層が集まるイメージの強い『シンガポール』を抑えて、

堂々の『第2位』を獲得しているのが、前述している日本の『東京』。

 

 

他にも、

 

 

欧州有名都市と肩を並べて、『北京』は納得するにしても、

『ソウル』『台北』『サンパウロ』といった都市が入って来るのも意外ですよね。

 

 

勿論、

 

 

保有資産『33億円』を超える富裕層の方々ですから、

彼らは、求めさえすれば、世界のどこにでも居住することが可能です。

 

 

その中で、

 

 

上記都市に集中するということは、これらの10都市が、

ビジネスチャンス、ライフスタイル、病院、交通インフラ等、

彼らを惹きつける『魅力』を持っていることを示しています。

 

 

確かに、

 

 

私も仕事で、クライアントさん達を連れて海外渡航する事も有りますが、

帰国すると毎回感じるのは、『日本』という国のコストパフォーマンスの高さです。

 

 

私が事務所を置くのは大阪中心部ですが、

 

 

徒歩圏内には、あらゆる面で質の良いサービスの提供を受けることが出来、

また、特に食事等の面において、クオリティ・コストの相関性に驚かされます。

 

 

要は、『美味しいもの』が『リーズナブル』に提供されているんですね。

 

 

数年前、

 

 

ミシュランガイドが『東京』『大阪』『京都』等の街で発行されましたが、

『星』を獲得して掲載される店数の多さに、世界中が驚愕したのは有名な話です。

 

 

それは、未だに『肌感覚』としても感じる事が出来ます。

 

 

このようなことから考えても、富裕層が『東京』を選ぶのは納得です。

 

 

が、

 

 

『富裕層が居住する街』となった時、

『世界第2位:東京』というのは、果たして正しいのでしょうか??

 

 

今回発表された、

 

 

ウェルス・リポートが、『富裕層が本邸を置く街』としたのは、

なんとも絶妙で、上手い表現だと感じてしまいます。

 

 

要は、『居住している』とは一言も言っていません。

 

 

前述の通り、

 

 

『富裕層』は好きな時に、世界各都市に移り住む事が出来ますから、

一般の感覚でいう『(一地域への)定住』という観念がない方が普通です。

 

 

その中で、

 

 

『(強いて)本邸というなら』という表現で、

年間で最も過ごす日数が多いのが『日本:東京』という方が正しいと考えます。

 

 

少し考えてみてください。

 

 

公式ブログにおいて常々情報発信していますが、

『累計債務』が対GDP比200%以上積み上がったこの国に、

果たして、富裕層がわざわざ『定住』を選択するでしょうか??

 

 

例えば、

 

 

国家財政が良くないという事は、

今後、あらゆる分野での『増税』は誰の目から見ても明らかで、

『社会保障』の分野においてもデメリットしか想像出来ません。

 

 

そのような地域に、富裕層は、決して『居住』しない。

 

 

彼らは、

 

 

年間の中で最も多くの日数を『東京』で過ごすかも知れませんが、

そのことと、『日本に定住(居住)している事』は全く別義です。

 

 

この辺りの話、お分かりになる方々に向けて、今日は情報発信させて頂きました。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮3月25日(月)、大阪・梅田3月27日(水)の日程にて開催します。

 

 

■2019年3月25日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年3月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile