『平均年収441万円』、6年連続増加は喜べるのか??

今日のテーマは、『平均年収441万円、6年連続増加は喜べるのか??』です。

 

 

ここ数日間、

 

 

公式ブログではお伝えし続けている話題になりますが、

いよいよ、『消費増税10%』が決行されるまで、今日を含めて『3日』です。

 

 

増税前、

 

 

最後の週末となる今日、明日の土曜日・日曜日では、

全国的に、10万円を超える『高額商品』が売れ行きを伸ばす予想なのだとか。

 

 

確かに、

 

 

『10万円』の商品を購入すれば『2000円』の税負担の差、

『100万円』では『2万円』が違ってくるので、

本当に必需であれば、この機会に購入の前倒しが良さそうです。

 

 

今回の増税の場合、

 

 

全容把握・実質稼働する可能性は『未知』ながら、

『軽減税率』『ポイント還元』等が同時に始動し、

一時的ながら『負担軽減策』になると考えられています。

 

 

それでも、

 

 

中長期的に見て(短期で見ても)国民負担が増大する事は明らかで、

10月1日から、日本国全体としての『消費活動』は一旦減速する事が予想されます。

 

 

そして、

 

 

ここに来て、金融庁は『気休め』程度の統計データを発表しており、

民間企業:給与所得者の平均年収が『約441万円』と算出されて、

この数字は『6年連続増加』という快挙(?)を達成したと分かりました。

 

 

そもそも、

 

 

給与所得者(会社員)の平均年収が『400万円』を基準値として、

その前後を推移し始めてから、早くも『20年』ほどの期間が経過します。

 

 

世界の感覚とはズレますが、

 

 

緩やかな『インフレーション』を基準として進む資本主義経済では、

『数字上の並行推移』は、真実は『実質的な減少』を意味しており、

この期間、日本人の『実質的収入』が減少したことを示しています。

 

 

しかし、

 

 

ここ数年間の『デフレ経済(?)』という背景も相まってか、

数字上は変化していない(ように見える)この『真実』に、

気付いている日本人は、ほとんど存在しないように思えます。

 

 

事実、

 

 

これだけ『雇用環境』『社会保障システム』が悪化しているにも関わらず、

20年、30年以上も前から、『行動』を変化させられている人はほとんど居ません。

 

 

この状況において、

 

 

未だに、『私たちの世代(20代、30代、40代)』の大多数の方々が、

『親の世代』と同様の価値観・行動により、

彼ら・彼女らと、同じ人生を送れるという『幻想』を見続けているのです。

 

 

日本に限らず、

 

 

『経済的有事』を迎えた国家において、準備が整えている国民は『少数派』ですが、

このままいけば、数年後の『Xデー』においても、日本で全く同じ事が起こります。

 

 

こればかりは、しょうがないのかも知れません。

 

 

先ほどは『インフレーション』という観点を取り上げましたが、

それ以外のポイントでも、日本人の『平均的収入』は減少し続けています。

 

 

上記文章で、

 

 

『平均的収入』という独特な表現をしたのには理由があり、

一般的には、『可処分所得』というものが減少し続けていることを表しています。

 

 

違いとしては、

 

 

『インフレーション』が『貨幣価値』の内在的下落であるのに対して、

『可処分所得』は、言葉通り、皆さんが使うことの出来る『お金(数字)』自体の下落です。

 

 

事実、

 

 

直近20年間を見てみても、会社員の方々が無意識に『源泉徴収』される、

『健康保険料』『厚生年金保険料』は上昇し続けており、『手取り』金額は減っています。

 

 

更に、

 

 

こちらは所属自治体ごとに金額は変化しますが、

加速度増す『少子高齢化』に伴い、『介護保険料』の金額も、確実に上昇し続けている。

 

 

これらを考慮すると、

 

 

いくら数字上で『給与所得者:平均年収』がアップしたところで、

実質的な『国民生活負担』は、悪化し続けているという事は『明白』です。

 

 

にも関わらず、

 

 

『消費増税』が数日後に迫ったこの時期に、『気休め』程度の統計を発表するとは、

政府始め、官公庁の方々も、いよいよ日本国民を『舐めている』としか思えません。

 

 

このデータを以って、

 

 

『消費増税しても、国民の収入が増加しているので大丈夫!』と言うのでしょうが、

流石に、現実の『肌感覚』と乖離した統計に、耳を傾ける人間などは皆無でしょう。

 

 

4日後の『10月1日』、

 

 

このタイミングから、日本経済は、暫くの間、一段と減速します。

 

 

気候的観点で言えば、ひと足早く感じる『冷え込み』ですね。

 

 

そして、

 

 

今後も、中長期的には『低迷』を継続していくことになりますが、

まだ『平時』と感じている間に、『準備』を進められることをお勧めします。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮10月25日(金)、大阪・梅田10月29日(火)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2019年10月25日(金)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2019年10月29日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile