『投資の神様』も、『市場』に飲み込まれてしまうのか??

今日のテーマは、『投資の神様も、市場に飲み込まれてしまうのか??』です。

 

 

お気付きの方もいますが、

 

 

『緊急事態宣言』解除に伴う喧騒に紛れて、『株式市場』が活況です。

 

 

現地時間5月25日付、

 

 

米国市場『NYダウ平均株価』終値は、前日比微減ながら、

『2万4000ドル超』台を維持して推移し続けています。

 

 

また、

 

 

日本市場における代表的指標『日経平均株価』についても、

『2万1000円』の値をつけるまでに回復してきました。

 

 

想像していたよりも、格段に『早い』ですね。

 

 

この辺り、

 

 

『緊急事態宣言』に伴う『外出自粛』を続けた結果、

想定以上に『感染拡大抑制』の流れが加速したことがあるかも知れません。

 

 

また、

 

 

当初、2〜3年間は開発が厳しいであろうと想定されていた、

治療薬、ワクチン開発も『希望』が見えるようになりました。

 

 

勿論、

 

 

現時点、『根本的な問題』は何も解決していないので、

経済活動が再開すれば、『第二波』以降の襲来も、免れ得ません。

 

 

ただ、

 

 

社会全体の見方は『楽観的』で、それを象徴するように、

世界全体で『株式市場』は、順調に回復を続けています。

 

 

私自身、

 

 

保有資産ポートフォリオの『株式部分』に限定すれば、

2月にスタートした『危機』直撃時、ピーク時点から、

『3割超』の大暴落を経験することになりました。

 

 

普段から、

 

 

『資産形成(投資)』を生業として事業を営む人間として、

当然、この程度の下落は『想定内』として受け止めますが、

それでも、中々、スリリングな日々を過ごしましたね(笑)

 

 

この時期、

 

 

一時的に、一般的な会社員の『年収分』以上の含み損を抱える訳ですが、

その状況で、『平生』を保てる人間は、世の中にも少ないと想像します。

 

 

それでも、

 

 

個人的には、不謹慎ながら、この投資環境(市場低迷)については、

『少なくとも半年から1年程度続いて欲しいな』と考えていました。

 

 

現時点、

 

 

『36歳』の若輩者ながら、相応の資産を市場投入していると自負しますが、

それでも、未だ『株式市場』に対しては、継続的に資金投入を続けています。

 

 

前述の通り、

 

 

暴落時に、『これまでの保有資産』は大きく下落していたものの、

それについても、中長期視点では『戻して来る』ことは自明です。

 

 

そうであれば、

 

 

『いずれ戻してくるもの』の回収を焦ってする必要もなく、

『新たに資金投入するもの』を安価で求めた方が得策です。

 

 

しかし、

 

 

現時点、市場は『想像(期待)していたもの』とは違った動きを示し、

早々にも、『プラス圏』までその値を戻してくることになったのです。

 

 

確かに、

 

 

『含み損』を解消したことは喜ばしいことかも知れませんが、

将来的な『期待値』を考えると、複雑な心境というのが本音。

 

 

それでも、

 

 

『2月』『3月』『4月』『5月』と新たな仕込みも完了したので、

この部分について『希望』を持ちながら市場を見守ろうと思います。

 

 

このように、

 

 

『投資家』という立場の人間であれば、高揚感が高まる季節ですが、

その中で、それとは『無縁の感覚』を抱いている人間も存在します。

 

 

これまで、

 

 

『世界ナンバーワン投資家』『投資の神様』として何度もご紹介した、

ウォーレン・バフェット:バークシャー・ハザウェイCEOもその一人です。

 

 

前述の通り、

 

 

『現在』という1点での観測になりますが、世界的回復期にも関わらず、

バークシャー・ハザウェイの『収益率』は、なかなか上昇してきません。

 

 

1ヶ月ほど前の公式ブログでは、

 

 

これまで、バフェット氏の『お気に入り銘柄』とされて来た、

『米国金融株』『航空株』が大量に解消された事例をご紹介しました。

 

 

本来、

 

 

『10年間市場が閉じても、保有したい銘柄を』が信条の同氏ですが、

ここまで、短期間で『保有銘柄』を大きく変更することは、珍しい出来事です。

 

 

しかし、

 

 

未曾有の『コロナ危機』の直撃は、それでも避けることが出来ず、

2020年:第一四半期の評価損は『640億ドル超』を記録し、

これまで、同氏が積み上げた累計収益の『約50%』を消失しています。

 

 

日本円換算『約7兆円』にも匹敵しますから、途轍もない数字ですね。

 

 

今年の『長者番付』には、少なからぬ『変化』がありそうです。

 

 

ただし、

 

 

『投資の神様』の手腕の陰りは、コロナ以前からあったとの説もあり、

『市場平均』と比較した場合、近年の勝負は五分だったと言われます。

 

 

実際、

 

 

米国市場、もう1つの代表指数に『S&P500インデックス』が有りますが、

直近20年間の『年率リターン』勝負においては、完全に10勝10敗です。

 

 

更に、

 

 

直近10年間に限定すると『3勝7敗』と大きく負け越しており、

市場参加者からの評価は、なかなか、厳しいものとなっています。

 

 

念の為、お伝えしておくと、

 

 

私自身、決して『アンチ・バフェット』思考では全くなく、

むしろ、投資を開始した当初から、相当な『バフェット信者』でした。

 

 

勿論、

 

 

バフェット氏が提唱する『理論株価』の算出方法も研究しましたし、

それ以上に、彼自身の『投資哲学』に心酔・影響を受けて来ました。

 

 

それは、今尚、変わりません。

 

 

しかし、

 

 

その上で、『アクティブ投資』の限界を感じているのも事実で、

現在では、有利な環境下での、システマチックな投資手法に切り替えています。

 

 

無論、

 

 

『投資の神様』の地位に上り詰めたバフェット氏は、

新たな資金投入を行う際も、特別なオファーを受け、

一般的な『投資家』とは、完全に一線を画します。

 

 

*正確な表現は、『優良企業を見抜く神様』です。

 

 

それでも、市場に翻弄されつつあるというのが実情であり、

御年90歳を目前にして、『試練のとき』が訪れています。

 

 

バフェットは、株式市場に飲み込まれてしまうのか??

 

 

個人的には、その動向に注目する期間が、暫く続きます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今月(5月)以降も暫くの期間、

大阪・神戸ともに、『完全個別:Zoom受講』へと切り替えて行います。

 

 

——————————————————————–

将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー(ZOOM受講ご案内ページ)■

****4月3日(金)ご紹介記事はこちら*****

——————————————————————–

 

 

通常は、

 

 

『1人(講師:井上耕太)対複数人(参加者の皆さん)』での開催ですが、

原則として、ZOOM対応は『1対1』の個別受講でご対応させて頂きます。

 

 

そうする事で、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、是非有効活用して頂けたら幸いです。

 

 

——————————————————————–

■ZOOM個別受講:お申込みフォーム■

****こちらの『予約フォーム』よりご登録ください****

*受講希望日程・時間帯を、3候補挙げて頂けたら幸いです。

(平日、土日祝日に関わらず、挙げて頂いて結構です。)

——————————————————————–

 

 

最後になりますが、

 

 

新型コロナ・ウイルス感染拡大に伴う、事態の早期収束・終息と、

ご覧頂いている皆様のご健康を、心より、お祈り申し上げます。

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile