『断り文句』を教えてください★

今日のテーマは『断り文句を教えてください』です(^_^)★

 

普段、『お金のセッション』を受けていて、
受講者の方から言われることが多い言葉です。

 

『断り文句を教えてください。』

 

身近な方に保険・銀行・証券のセールスマンが居て、

定期的にコンタクトを取ってきて契約を勧めてくる。

 

特に、『保険』業界の場合が多いかな。

 

少し話が逸れますが言っておくと、

ここまで『セールスマン』を雇って保険販売している日本の状況は異常です。

 

海外の常識から言うと、

『保険』も『資産形成』の意味合いが強いので、

保険会社も『商品のリターンで見てくれ』という考えが強い。

 

わざわざ膨大な数の販売員を雇って、

莫大なコストをかけて運用利率を落とすようなことはしません。

 

日本はこれとは逆行していて、

『関係性』を最大の武器にして商品を売っています。

 

皆さんも、きっとご経験があるでしょうね(^_^)

 

近しい関係の人が保険会社に入社して、

『付き合い』として保険商品を買ってしまったこと。

 

自分では『要らない』と思っていながらも、

『断ることが出来ず』に渋々契約してしまった経験です。

 

実際、『お金のセッション』で来られる方でも、

不要な『保険』『投資信託』を持っている方が1番手こずる。

 

こちらとしては、

これから将来支払っていく『お金』を考えたら、

いち早くそれらを整理して欲しいと考えます。

 

しかし、

 

人間誰しもそうですが、

一度手に入れたものは、簡単には手放すことが出来ません。

 

例えば、

 

あなたが、加入して5年間の『保険』を持っていたとして、

今まで支払った総額が『200万円』とかの場合、

『返戻金』が『100万円』程度でも解約出来ますか??

 

きっと、差額の『100万円』に囚われてしまって、

なかなかスパッと手放すことが出来ませんよね??

 

でもそれで、

 

今後も何十年間に渡って払い続ける『お金』、

数百万円〜数千万円を放棄してしまっているとしたら??

 

そう考えると、

今の時点での『100万円』で手打ちという選択も十分『アリ』です。

 

そうは言っても、

理屈ではわかってるけどなかなか実行できない(笑)

 

だからこそ、

 

納得していないなら、契約時点できっぱり断る。

不要なものは、絶対に手にしてしまわないことが大切です。

 

そのための断り文句を皆さんに授けます(^_^)★

 

このブログでも何度か書かせて頂きましたが、

『金融資産運用』で大切になってくるポイントは次の2つです。

 

①資産運用にかかる手数料。

②期待出来る利回り。

 

この2点をセールスマンに確認してみてください。

 

①資産運用にかかる手数料。

 

一部の場合を除いて、

この数字は資料・パンフレットに書かれていないケースが多いです。

 

だから、

 

実際『前向き』に契約を検討する場合でも、

販売員の方に見いて見ないとわかりません。

 

これを自身でも把握すること無しに、

何か『運用商品』の契約を進めることは出来ません。

 

で、

 

販売員も把握してないと思うんですよね、たぶん(笑)

 

日本人の一般的な顧客で、

そんなこと聞いてくる人がいないから(笑)

 

そこで相手が即答出来ないようなら、

 

『理解していない商品を勧めてくる。

 そんな方からは契約出来ません』

 

この一言で終わりです(^_^)★

 

②期待出来る運用利回り。

 

これも、把握しておきたいポイントです。

 

『返戻金ゼロ』の『掛捨て保険』は違いますが、

『返戻金』がある保険ということは、必ず『運用』がされています。

 

そうであれば、

 

その『期待運用利回り』は理解しておかないと、

契約のしようがないことになります。

 

その運用が『単利』『複利』であるかも、

ぜひ相手に聞いてみたい質問ですね(^_^)

 

で、

 

これもやはり、答えられない販売員からは買う必要無し(笑)

 

また、

 

答えられた場合でも、その運用リターン実績が、

①のコスト差引後かも理解しておきたいです。

 

例えば、

 

運用でいくら『4%』のリターンを叩いていても、

手数料が『6%』取られてて、差引『▲2%』ならマイナスです。

 

自身の資産がマイナスになるのであれば、

わざわざ他人に預けて運用させる必要性がありません。

 

『タンス預金』に放り込んでおくか、

自身で運用に回した方がよっぽど得策です。

 

金融機関の『外貨預金』なんかがそうですが、

相手国通貨の定期預金金利のみ表示しておいて、

徴収手数料を非表示にしている事が非常に多い。

 

なぜか、こんな事が起こってしまっている業界です。

 

今日は、とりあえず2つ書きました。

 

実はもう1つとても重要な事がありますが、

それは、また明日書かせてもらおうと思います。

 

ぜひとも、

 

皆さんの生活に役立てて頂きたいと思います★

 

本気で『資産形成』を考える方は、

ぜひ『人生を変えるお金のセッション』をご受講ください(^_^)★

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile