【SMBC日興証券:相場操縦事件】から、個人投資家が学ぶべきこと。

今日のテーマは、『SMBC日興証券:相場操縦事件から、個人投資家が学ぶべきこと』です。

 

 

世界的な規模では、ウクライナ・ロシア間の紛争が、

直近のトップ・ニュースとして報道されていますね。

 

 

しかし、

 

 

先日、明るみに出たこの報道も、日本国内において、

それにも匹敵する注目を集めていると感じています。

 

 

タイトルの通り、

 

 

SMBC日興証券が、組織ぐるみでの相場操縦を行い、

経営幹部4名が逮捕されたという衝撃的な事件です。

 

 

簡単に、情報整理しましょう。

 

 

今回の捜査対象は『ブロックオファー』なる取引で、

先ず、大株主から証券会社が大量に株式を取得する。

 

 

その後、

 

 

立会時間外で、『該当銘柄』の取得を希望している、

複数の投資家に転売して、売買成立させるスキーム。

 

 

今回、

 

 

問題視されている取引は大きく2つあり、1つ目は、

対象銘柄を『自己勘定』により買い付けていること。

 

 

通常、

 

 

市場取引されている時間であれば、市場原理が働き、

オフィシャルに『取引価格』は決定している筈です。

 

 

しかし、

 

 

それでは、大量の株式を工面できない恐れがある為、

通常より『少し高い価格』を提示し株式を準備する。

 

 

2つ目の罪は、

 

 

市場取引終了間際、大量の買い注文を仕掛ける事で、

その後の取引価格を釣り上げた疑いがあることです。

 

 

実に、

 

 

ある対象銘柄では、該当日全体の取引出来高のうち、

『約3割』を占める買い注文が出されていたものも。

 

 

この辺り、

 

 

株式市場のランダムウォーク理論が浸透した現在も、

現実的には『終値』が取引に大きく影響を与えます。

 

 

だからこそ、

 

 

大量の買い注文で『株価』を吊り上げることにより、

その後の取引を成立させ易くなるよう動いたのです。

 

 

もしかしたら、

 

 

『リスクを負って、何故そんなことするの??』と、

疑問に思われている読者の方もいるかも知れません。

 

 

それは、

 

 

実はシンプルな理屈で、証券会社は株屋さんなので、

株式を売買することで『手数料収入』が得られます。

 

 

特に、

 

 

今回の『ブロックオファー』などは規模が大きな為、

一度の取引で、大量の手数料が稼げるチャンスです。

 

 

それ故、

 

 

担当者も『リスク』を理解しながら買い注文を出し、

対象銘柄を『売買取引成立』させるよう動きました。

 

 

相場操縦は、

 

 

10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、

またはその併罪と、金融商品取引法の中で最も重罪。

 

 

冒頭に記載した通り、

 

 

仮に『会社組織』全体としての犯行と認定されれば、

7億円以下の罰金が科せられる可能性すらあります。

 

 

最悪の場合、行政処分を受けることもあるでしょう。

 

 

しかし、

 

 

私がこの事件で注目したのは、逮捕者のうち数名が、

『通常業務の範囲内だった』と発言している事です。

 

 

恐らく、この発言は『正直な本音』を表しています。

 

 

実際、

 

 

私の周りの『元・トレーダー』の肩書を持つ方々も、

『証券会社としての通常業務』と口を揃えています。

 

 

ここで、

 

 

決して間違って伝わって欲しくないことは、私自身、

刑罰に問われる本案件を、擁護する訳ではないこと。

 

 

ただ、

 

 

『善・悪』の判断は、一旦、脇に置いておくとして、

現実社会では、それが実在しているということです。

 

 

決して『SMBC日興証券』だけではないと思います。

 

 

恐らく、

 

 

その程度のこと(?)で逮捕されてしまうのならば、

『自らも該当する』と恐れる業界関係者も多いはず。

 

 

それほど、業界内では日常的に起こる『業務』です。

 

 

FX(外国為替取引)等でも、同様の事は起こります。

 

 

日々変動する為替レートは、

 

 

『世界情勢』の変化に影響される場合もありますが、

特別な事象がない場面で、大きく変動するケースも。

 

 

その時、

 

 

表からは分かりませんが、オプション取引を巡って、

巨人(投資銀行)同士が殴り合っている場合がある。

 

 

正直、

 

 

『資金力』という観点では太刀打ちが出来ないため、

個人投資家の立場では、コントロールが出来ません。

 

 

本日のタイトル、

 

 

今回の事件を機に、個人投資家が学ぶべき事ですが、

それは、『ミエナイチカラ』の存在を認識すること。

 

 

投資の世界では、

 

 

個人投資家のレベル(資金力)を、遥かに凌駕した、

ミエナイチカラ(巨人)の存在が、確実にあります。

 

 

私自身、

 

 

その事実をきちんと理解して、分を弁えているため、

『個別銘柄取引』は、端(はな)からしていません。

 

 

FX(外国為替取引)などは、もってのほかですよね。

 

 

オーバーコンフィデンス(自信過剰)に陥らぬよう、

くれぐれも、注意して臨まれることをお勧めします。

 

 

暴れる巨人の前には、私たちは余りに無力ですから。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile