『日本人』が、『元本保証』という幻想から解き放たれる時《後編》

今日のテーマは、『日本人が、元本保証という幻想から解き放たれる時《後編》』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、

 

 

『日本人が、元本保証という幻想から解き放たれる時《前編》』と題して、

過度な『元本保証信仰』がもたらす事の『弊害』についてご紹介しました。

 

 

少しだけ振り返ると、

 

 

『資産形成(投資)』に対して、元々、『苦手意識』が強くあるのが、

古来より『島国』『農耕民族』という特性を持ってきた『日本人』です。

 

 

『それが故』と言えるかも知れませんが、

 

 

昨今のように、『資産形成(投資)』が必要不可欠な時代になると、

『元本保証』というミラクル・ワードを盲信し、『思考停止』してしまいます。

 

 

悲しい哉、

 

 

『お金を失いたく無い』という想いが強過ぎるが故に、

皮肉にも、『元本保証』という言葉に過度に依存して、

『投資スキーム』等、ロジックには目がいかなくなるのです。

 

 

その結果、

 

 

『金融詐欺』が世界一横行していると言われるのが『日本国』であり、

その内訳も、突出して多いのが『元本保証詐欺』となっているという事です。

 

 

あらゆる物事でそうですが、

 

 

1つの対象に対して、過度に『信仰心』を持ち過ぎたり、

自らの中で、『神格化』し過ぎたりするのは『危険』を伴います。

 

 

最たる事例が、

 

 

偏った思考法の『宗教』などがイメージ出来ると思いますが、

個人的には、『元本保証教』も、なかなか強烈な求心性があると考えています。

 

 

そもそも、

 

 

『資産形成(投資)』に明るい方々なら分かると思いますが、

『投資リターン』というものは、『リスク(不確実性)』の対価として支払われます。

 

 

もし仮に、

 

 

『1年後』に、投資元本の『2倍』になる対象があったとして、

それが『確実』なのであれば、世界中の資金がその対象に集中してしまいます。

 

 

上記事例で、

 

 

投資元本の『2倍』のリターン(見込み)を提示するのは、

そのリターンに相応の『リスク(不確実性)』が存在しているからです。

 

 

先ずは、その事を理解しておかないといけません。

 

 

また、

 

 

『元本保証』というミラクル・ワードについて、

世間一般の方々が、もう1つ、明確に理解しておかないといけない事もあります。

 

 

それは、

 

 

『元本保証』というルールを謳う以上、その投資対象は、

『債券』をベースとしたスキームでしか、その目標実現が出来ないという事です。

 

 

勿論、

 

 

一口に『債券』と言っても、ロジックや信用格付け等も千差万別の為、

一概に、『債券=元本保証』という等式は成立する訳ではありません。

 

 

いくら『信用格付け』が高い債券でも、

『償還リスク』が全くゼロというものは、世の中に存在しないからです。

 

 

しかし、

 

 

そんな屁理屈を捏ねても、話は何も進展しないので、

ここでは、『高格付け債券』を組み込むことが不可欠であるご理解下さい。

 

 

典型的事例は、

 

 

将来の『償還額面』に対して、ディスカウントされる『割引債』を購入し、

その差額部分で『リスク』を取り、投資運用していくというスキームです。

 

 

そうする事で、

 

 

『差額部分』の投資で、仮に失敗して資金を失ったとしても、

『償還金額』は確定しているので、『元本保証』は実現出来るというロジックです。

 

 

ただ、

 

 

当然の話、将来の『償還リスク』が低い債券というものは、

『リスク(不確実性)』というものも殆ど存在しないので、

必然、『投資リターン』も大きくない値になります。

 

 

よって、

 

 

『元本保証』を謳いながら『高利回り』を提示してくる対象は、

そもそも『詐欺』か、『元本保証』の部分が虚偽記載という事になります。

 

 

前述、

 

 

『虚偽記載』という言葉を使わせて頂きましたが、

明確にそうではないとしても、消費者にそう感じさせる広告は巷に溢れています。

 

 

例えば、先日、このようなものを見つけました。

 

 

投資家から『1口:100万円』で出資を募る不動産投資案件で、

想定利回り『年間6〜7%』、『(不動産)元本評価割れ無し』を謳う広告です。

 

 

いくつか事例が示されていましたが、

 

 

出資者には『隔月(2月に1回)』で分配金なるものが配当され、

その年間総額が、前述の『(対出資金)年間6〜7%』にも上るのだとか。

 

 

運用期間は、

 

 

対象ごとに『3年〜5年超』と幅があるようですが、

物件売却時に、『出資元本』が返却されるという仕組みのようです。

 

 

前半でご紹介した通り、

 

 

もしこれが、本当に『元本保証』の投資対象であれば、

そのそも、『隔月配当』のスキームの時点で、破綻している事が分かります。

 

 

また、

 

 

物件売却時には『出資元本』が償還されるシュミレーションがされていますが、

注釈には、小さい文字で『不動産評価額80%以上で運用された場合』と記載があります。

 

 

つまり、

 

 

一見、『元本保証』で『安定利回り』が確保できるように見えるこの対象も、

提供会社記載の通り、『元本を保証するものでは無い』ということなのです。

 

 

ここからは個人的見解ですが、

 

 

現在、『バブル』を極める日本国内:不動産市場において、

今後、数年間の内に、その『崩壊』が始まる可能性は高く、

『不動産評価額80%以上での運用』は並大抵の事では達成できません。

 

 

そうすると、

 

 

虎の子の『年金資金』を拠出して、市場参入をした方々も、

大半の方々が、想定外の『泣き』を見る事になると思います。

 

 

『元本保証』という事に固執し、盲目的にならないようにしましょう。

 

 

その『スコトーマ(盲点)』を手放す事で、視界もクリアになると考えます。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は、神戸・三ノ宮2月26日(水)、大阪・梅田2月27日(木)の日程で開催します。

 

 

——————————————————————–

■2020年2月26日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

■2020年2月27日(木)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

——————————————————————–

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

——————————————————————–

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

——————————————————————–

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile