『日本財政は破綻しない』説は、果たして真実か??

今日のテーマは、『日本財政は破綻しない説は、果たして真実か??』です。

 

 

この説も、とても根強く残っているものです。

 

 

『巨額の財政赤字を積み上げても、日本は財政破綻しない』

 

 

果たして、真実なのでしょうか??

 

 

公式ブログのコア読者の方々はご存知頂いていますが、

 

 

現在、私たちが居住する日本国の国債累積発行額は『1000兆円』を超え、

地方債まで合わせると、その累積債務は『1300兆円』を超えると言われます。

 

 

これに対して、

 

 

GDP(国内総生産)は『500兆円超』ほどの金額ですから、

対GDP比で『200%』を軽く超える『借金』を積み上げている事になる。

 

 

『日本国』に限らず、

 

 

世界的に、また、歴史的に紐解いてみても、

この基準(累積債務対GDP比200%超え)を突破して、

財政的に『無事』にやり過ごした国家は存在し得ません。

 

 

『国土』『国民』等、

 

 

物質的に存在するものがあるので、その『消滅』は無いにせよ、

そのレベルまで財政状況が悪化した場合、一度『リセット』する方が自然です。

 

 

事実、

 

 

芸能人・著名人のゴシップネタの方が注目が集まる日本では、ほぼ報道されませんが、

『過去』に遡らなくても、『現在』でも、『経済的有事』を迎えている国は有ります。

 

 

該当国・該当地域では、

 

 

その事態に陥った際の、『財政健全化』の常套手段が用いられますが、

そのような方法が、国民の『痛み』を伴う事を、私たちは知りません。

 

 

いつも、

 

 

小さく報じられるニュースを『対岸の火事』として、上の空で見聞きし、

『自分たちには、関係のない事』として高を括ってしまっているのです。

 

 

しかし、

 

 

その感覚とは裏腹に、現在の『日本国』の財政状況はそれら該当国同等に悪く、

『経済的有事』は、いつ起こったとしても、『不思議』でも何でも有りません。

 

 

むしろ、

 

 

数年前、『ギリシャ』という国が実質的に経済破綻したのは記憶に新しいですが、

そのギリシャでさえ、その時点での累積債務は『対GDP比180%』程度です。

(*ゴールドマン主導の『飛ばし』を含めると、数字はもっと増大しますが。)

 

 

そう考えると、

 

 

累積債務『対GDP比200%超』という基準の深刻さも理解できて、

反対に、その状況で『何故、日本が平和ボケしているのか??』の方が不思議です。

 

 

ここまで、『情報』を整理して頂けたら幸いです。

 

 

しかし、

 

 

『現状』がそうであるにも関わらず、未だに根強く、

『日本は財政破綻しない』論というものが、世間には存在し続けています。

 

 

私自身、

 

 

そのような持論を展開する方々を『政府のまわし者』と捉えていますが(笑)、

彼らは、何を以ってして『財政破綻しない』と言っているのでしょうか??

 

 

少しだけ、調べてみる事にしました。

 

 

先ず、

 

 

その論を支持する方々(世間的には少数派)の中で『多数派』を占めるのが、

現在、国民保有の『家計金融資産:1800兆円』を没収すれば良いという意見。

 

 

徴収のスタイルとしては、

 

 

『1800兆円』に対して、『資産課税60%』を掛けて一括完了する説や、

税率を『年間数%』ずつ掛けて、数十年間で徴収完了するパターン等複数あります。

 

 

特に、

 

 

『前者』のパターンは、少し突飛な意見のようにも思えますが、

約70年前、日本国に『前科有り』の事実をご存知の方は、驚かれないと考えます。

 

 

個人的には、

 

 

『国民資産』を『資産課税』により没収する時点で、

立派な『財政破綻』状態だと思うのですが、どうやら、それは『善』とするようです。

 

 

確かに、

 

 

『国家』と『国民』は、完全に『別』の存在ですから、

『理屈的』に考えれば、国民資産を没収しても、国家的有事が乗り切れれば『善』です。

 

 

ただし、

 

 

これは、あくまで主眼を『国家』においている場合で、

対局の、私たち『国民』視点で物事を考えた場合、たまったものではありませんが。

 

 

他にも、

 

 

現在、『日本国債』を購入し続ける投資家が存在する以上、

暫くの間は、『資金調達可能』という論も存在していました。

 

 

中には、

 

 

数千年単位で見れば、国家による相続財産没収が完了し、

必然的に『国民資産没収』が完了するといった壮大な絵を描かれる方も(笑)

 

 

また、

 

 

もし前述の『日本国債』が暴落する事があっても、その超円安を契機に、

外貨準備を一気に解消して『日本円』調達し、市場から買い戻すことで、

一気に『債務解消』するという『それで良いのか??』と感じる意見も(笑)

 

 

小学生の頃、

 

 

夏休みに課された『絵画』の宿題で、『手付かず』で最終日に追い込まれ、

校舎にかかる『時計』の拡大画像を書いて、提出した強者の友人がいます。

 

 

が、『それでいいのか??』ですよね(笑)

 

 

上記展開している論は、本当に、彼と同等のレベルです。

 

 

私自身、

 

 

『日本国』がそのような状況に追い込まれていることを考慮しても、

『財政破綻』する可能性は、ヒフティ・ヒフティだと考えています。

 

 

と言うのも、

 

 

『累積債務』がある一方、『日本国』が多額の資産を保有しているのは事実で、

もしも、本気でそれらを解消して『健全化』に向かうなら、それは可能だから。

 

 

しかし、

 

 

『先生』と呼ばれる立場の方々が、その存在を表に出すかは『謎』で、

むしろ、『自己資産』と考えているそれらの存在は、明かさない公算の方が強い。

 

 

そう考えると、

 

 

『財政破綻』への舵切りをするも・しないも、

先生方の『さじ加減』により行われる事になり、

その可能性は『半分・半分』だと考えるのです。

 

 

何れにせよ、状況的に追い込まれている事に、変わりありません。

 

 

私たちが、自助努力で『資産形成』しなければならないのは必然であり、

その『準備』を進める・進めないで、今後は圧倒的な『経済格差』が生まれます。

 

 

あなたは、どちらサイドに所属されているでしょうか??

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮7月29日(月)、大阪・梅田7月30日(火)の日程で開催します。

 

 

■2019年7月29日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

■2019年7月30日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile